HOME > 胡蝶をどり日記 > 2011年12月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2011年12月の日記

12月大晦日 感動に満ちた日々

2011年12月31日

今年も余す処、数時間となりました。今年も45舞台以上の板を踏ませて頂きました事は何よりの事で御座いました。

北の蛍 宗山流胡蝶

3月の東日本大震災を境に、我々日本人の価値観、死生観が大きく一変しました。この教訓を胸に刻んで、命の尊さを心から感謝しつつ生きて行かなければなりません。

そして新たな年を、これまで以上に、感謝と感動に満ちた日々に、舞台に致したいと存じます。

今年一年、本当に宗山流、そして胡蝶への御引き立ての数々を感謝いたします。

皆様にとりまして、来年が素晴らしい一年となります様に心よりお祈り申し上げます。

                                                                                                             宗山流胡蝶 

12月28日 熊本一晩泊まり

2011年12月28日

昨晩は16年振りに親友に合うために火の国、熊本に行って来たとです…

羽田から福岡空港に飛び、博多から新幹線で熊本まで30分足らずで到着。

 DSCF7956.JPG

この九州新幹線の車内が木製の椅子で、あまりの素晴らしさにビックリ!落ち着きと温もりのある車内が心地よく何時までも乗って居たい雰囲気だったとばい!

 DSCF7958.JPG

DSCF7961.JPG

合いに行った友人は胡蝶が二十歳の頃からの親しかオナゴですとたい!現在16歳になる可愛か娘がおっとですよ!

 DSCF7952.JPG

久しぶりの再会に、熊本名物[馬刺し]と[カワハギ]のお刺身で乾杯。

まだ胡蝶が若か娘時分、銀座の某高級クラブの時からの親しか女給友達だけんが、思い出話の尽きる事が無かとよ…。世の中バブルの絶頂期で、何時でもハワイ三味、温泉三味、寄ると触るとドンチャン騒ぎばしとったとよ!

ほんなこつ、昔からの友達は良かとね!

 DSCF7950.JPG

泊まりは熊本駅前の気楽なホテル。

福岡空港のガラスの柵のカッティングシートの柄が何気に[博多献上]の柄だったのには、一人で吹き出しちゃいました!

DSCF7963.JPG

さすが博多の心意気ばい! 

午後には浅草到着。杉並会の演目等の支度をして、これから御贔屓さんの忘年会にお呼ばれして参りますル! 

12月26日 [尾いらん]...

2011年12月27日

昨晩の[胡蝶夢舞台2011]クリスマスディナーショー、何とか皆様の温かい御声援で、超満員のうちに開催させて頂く事が出来ました!

東天紅 開演前.JPG

開演に先立って、御客様の御入場前に宗山流門弟会と出演者、そしてゲスト参加の竜ちゃん、コッシーも加わっての記念写真!

 細雪 宗山流.JPG

正面ロビーでの御迎えです。もう、この時とばかり振袖姿の出演者、[細雪]状態の振袖でしょ!

御客様も皆さん綺麗に着飾ってお越し下さいました!

越谷教室の皆さんと宗山流要.JPG

要がお稽古を付けさせて頂いている越谷教室の皆さんとの記念写真。一月の舞台に向けて緊張感が漂います。

乾杯 宗山流胡蝶.JPG いよいよ開宴! 今年一年の感謝と来年の健勝を祈念しての乾杯です。

蝶ノ介さんのカラオケショーが行われている楽屋裏は、開演に向けて着付けの真っ最中!

花魁支度 宗山流 胡蝶.JPG

幕開きの胡蝶は重たい伊達城傾[花魁の事です]の支度。胴抜きという衣裳は、遊女の裲襠[うちかけ]の下着で、胴の部分は緋縮緬に刺繍で、裾と襟、袖先が織物という特殊な仕立てです。

 白花魁 宗山流胡蝶.JPG

鬘は伊達兵庫という、最高格の遊女の髪型です。今回は白の裲襠と簪で飾ってクリスマスらしく演出してみました。ホワイト花魁です!昔、女は狐の様に男を騙した事から[女狐(めぎつね)]と呼ばれたのですが、花魁は御客を騙すのに狐の様に[尾っぽ]なんか使わない事から[尾いらん]…おいらん…と云われたとは落語の枕ですね!

実際こんな重たい物を着ていたかは…怪しいです。だって…衣裳、鬘で35キロ以上あるんですよ!信じられます?

持っても重たい物を着たりかぶったりして、挙句の果てに踊るんですよ!

 歌麿 宗山流胡蝶.JPG

さらにこの花魁姿での胡蝶名物[海老反り]…、幾つまで御披露できますやら…

 秋の色種.JPG

そして、綺麗処? の高島田姿はオープニングの[秋の色種(あきのいろくさ)]です。

ハードな振り付けを2回のお稽古で覚えてもらって、いざ本番です。皆さん内心ドキドキ…

宗山流胡蝶 梅川.JPG

胡蝶はその間に[梅川]に着替えています。この梅川の支度、江戸芸者と違い、返し襟に帯は前返しの枕付きの関西角出しに紅白の帯締め、鴇(とき=ピンク)のしごきといった凝った形(なり)で、着付けに時間が掛るんです。今回のチラシに使用した写真の役です! 以前に花魁の姿のチラシを出して、実際の舞台では花魁を御覧に入れなかったら、ある方から『看板に偽りアリ…誇大広告といっしょだ、』という御意見を頂戴してから、なるほどと思い、それ以来チラシ、ポスターに使用した役は極力上演していま~すっ!

大江戸喧嘩花 宗山流扇.JPG

扇、礼のコンビで[大江戸喧嘩花]は手拍子で盛り上がりました。

その間に胡蝶は又しても墨絵の衣裳の芸者に早拵え。ひばりさんの関東春雨傘から車屋さんで客席を踊り廻りましたよ!

着付けの楽屋 宗山流.JPG 関東春雨傘 宗山流胡蝶.JPG

トークも延々。云いたい放題の毒舌… 舞踊の主人公になるような女性像は『結婚を女性の人生の最終目的としていないような…』そこに魅力がありますね… なんて胡蝶の偏見的持論の独壇場。ゴメンナサイませ。陳謝。

女さすらい 宗山流胡蝶.JPG

ラストは例の白のアイヌ衣裳を着装。化粧も立ち役に直して準備完了。ダンスフロアーを敷きつめた舞台は素足が滑らず、踊り憎いったら… 

 宗山流胡蝶 北斗の星 白衣裳.JPG

浅草公会堂と違って狭い舞台でかえって踊りの間が難しかったです。

白あつし イヨマンテ.JPG

長丁場のショーも目まぐるしい早変わりと間髪入れぬ展開に、着付けさんも床山さんも命懸け。御蔭さまで何とか無事千秋楽。

送り出しも和やかに、別れがたいお見送り、撮影大会!

終演後の記念.JPG

親衛隊の皆さんとリラックス撮影。

宗山流胡蝶、藍、胡要さんと.JPG 藍先生と胡要さんとの一枚!来年一月の40周年の舞台の支度に追われていらっしゃいます。

英邑流家元 英邑秀.JPG

こちらは宗山流の母、宗山流秀[英邑流家元 英邑秀]と英邑流の皆さんとの一枚。今年もお世話になりました!

有難い事に、遠路はるばる青森、八丈島、高知からも本当に沢山の皆様が着て下さいました。今年も何とか踊り納めにこぎつけました。心より感謝いたします。 

12月24日 とんだイヴ...

2011年12月24日

3日程前、御主人の喪に服していらっした宗山流翔さんが久々に年末の御挨拶に顔を出されました。

 精進落としの意味を籠めて久々に夕食の後、観音裏のミカンにて再会の乾杯。

久々の翔さん.JPG

ヴィンテージ・ドンペリ、2002年物にストロベリーで香りを付けて!

2011122120280000.jpg

一日も早い復帰を心よりお待ちしております!

そしてクリスマスディナーショーの衣裳仕込みも佳境です。

白の花魁裲襠.JPG これは胡蝶が幕開きに着用する白地の花魁の裲襠[うちかけ]です。

クリスマス羽織.JPG

要が仕込んでいるのは、桃ちゃん着用の[クリスマスの羽織]なる珍なる衣裳!

こちらは、今回初御目見えの為に胡蝶が手造りしている[白地のアイヌ衣裳、あつし]です!

 白のアイヌ.JPG

前回、初演の時は黒地のあつしを着用しましたが、今回はクリスマスにちなんで、急遽白地で誂えています!どんな事になりますやらお楽しみに!

 深夜のリハ.JPG

そして木曜の晩は、舞台監督、照明の中央舞台さん、そして音響は明治座舞台から、宗山流ではお馴染の加羽沢さんが立ちあってのリハーサル。司会の安斉さんも加わっての綿密な打ち合わせを深夜迄…

宗山流には年末もへったくれもありませんので御座います。

そして今日、全世界的にクリスマスイヴ… 聖夜の宵…

ひたすら明日の抽選会のラッピング作業。そしてフィナーレの繰り返し稽古…

素敵なクリスマスイヴ… 聖夜の宵… 

これも全て御来場の皆様へのクリスマスの贈り物として…

明日、ステージから御目に掛りましょう… クリスマスイヴ… 聖夜の宵… 

イブのスカイツリー.JPG

胡蝶宅のベランダから撮影した、東京スカイツリーの小々おとなし気味の初のライトアップ。節電に気を使っての配慮したんでしょうね…

12月20日 粋の痩せ我慢!

2011年12月20日

昨日、浅草木馬館、橘小竜丸劇団さんの舞台に潜入させて頂きました!

昼の部は12時開演。胡蝶は化粧に時間が掛るため… 2時間前に楽屋入り。

 釣り忍 宗山流胡蝶.JPG

早速お芝居の化粧に取り掛かります!

舞踊の舞台より顔のお白粉は薄いんです。あんまりまっ白にすると、一人だけ[志村]状態!

お芝居の[釣り忍]の女房お艶という芸妓あがりの役。慣れない関西弁のお芝居に、何度舌を噛み切りそうになって死ぬ処だった事やら…! 

 釣り忍 舞台.JPG

大阪の香り漂う、夫婦の絆の物語です。胡蝶なりに、[夫婦善哉]のような温かみのある仕上がりになればと思いつつ演らせて頂きましたっ! 楽しかったです。

宗山流胡蝶の如源お太鼓.JPG

お芝居のお太鼓は浅葱縮緬に御所解時代友禅、如源のお太鼓です!

座長の流暢な立て板に水の関西弁は流石。

 正調博多節 芸者 宗山流胡蝶.JPG

舞踊は黒芸者で一昨日の講習課題曲[博多恋しぐれ]を踊ってみました!

劇団の皆さんが現代的なファンキーな曲で踊られる中、胡蝶ばかりが時代錯誤のコテコテ演歌舞踊。すみませ~ん!

 洗い髪 縞の着物 宗山流胡蝶 .JPG

子持ち縞の裾引きに黒地塩瀬に荒磯の染丸帯を結んで、洗い髪にして[越前情話]を!

出番前に慌てて足袋を脱いでね桃ちゃんに足のお白粉を塗ってもらいました! こういった洗い髪の役は白足袋は絶対に御法度。第一、粋じゃないですよ。いくら寒くても素足の演目は素足で勤めなきゃ!

寒い冬でも粋の痩せ我慢!

美空ひばり しのぶ 宗山流胡蝶.JPG

そして夜の部は美空ひばりの[しのぶ]を権田格子の引きに夜会巻きで!

 橘小竜丸 宗山流胡蝶.JPG

平日にも拘らず大入りの浅草木馬館、橘小竜丸劇団潜入でした。寒い一日、親衛隊はじめ、沢山の御贔屓の皆様、応援有難う御座いました!感謝いたします。

そして今日は浅草の稽古場前の伝法院通りの年末イベント。[伝法院小町]として扇さんが勤めました。

伝法院小町.JPG

寒空の中長蛇の列の記念写真に、笑顔も凍りつく寒さ…! 毎年末恒例で要さんと交代で勤めています!

今日はいよいよ稽古納め。そして夜はディナーショーの稽古です! 

12月18日 要、扇、桃を派遣!

2011年12月18日

14日、台湾より帰国早々に観音裏のおでん、[大多福]へ。

大多福 宗山流胡蝶.JPG

台湾の講習会のお土産話を肴にして熱燗で一息!

15日は今年もあと一日に迫った常稽古。そして深夜迄のディナーショーの稽古でした。蝶ノ介さんの[夢幻信長]もほぼ零時までの振り付けでした!

16日は某警察署主催の船上パーティーのゲストとして要、扇、桃を派遣!

 船での記念撮影.JPG

某警察署長を囲んで! 豪華客船での舞踊絵巻、大受けだったとか!

胡蝶はディナーショーの構想を練るために船上パーティーのゲストは御辞退!

最近の営業舞台はたのもしい2人プラス飛び道具[バズーカ砲桃]に任せています!

もはや置屋の女将状態の芸人派遣業胡蝶状態。

 船の営業.JPG

東京湾を背にしての船上写真!海外派遣の芸人衆の様ですね!

そして昨日は今年最後の舞踊講習会!課題曲は相原ひろ子さんの[博多恋しぐれ]でした。キリリとした博多芸者を題材とした振り付けです。

 博多恋しぐれ.JPG

年末だと云うのに20名を超える参加者の皆さんの熱心な事ったら…!真剣そのものでした!

クリスマスの着物 宗山流胡蝶.JPG 今日はクリスマス飾りを友禅した黒地の訪問着で!

帯は雪持ち笹のお太鼓です!

 雪持ち笹のお太鼓 宗山流胡蝶.JPG

季節感のある着物は時期をはずすと着られないので、暦と相談して選ぶようにしています。

背の縫い紋はクリスマス飾りのリース!

クリスマスリースの縫い紋.JPG 可愛いでしょ!

講習会終了後は、浅草のご近所で忘年会です!皆さんと舞踊談義に花が咲きました!

来年からは、講習会終了後に[舞踊の基礎知識講座]を開設します。舞踊に関するありとあらゆる決り事や、舞台の仕来たり、定式事。そして舞踊表現の様々なテクニックや奥伎をテーマ毎に深く掘り下げてゆく講座です。是非皆さんも御参加下さい。

[舞踊の基礎知識講座・(1時間~)受講料¥3000]

明日はいよいよ浅草木馬館、橘小竜丸劇団さんに演劇グラフの潜入取材です。お芝居は[釣り忍]という関西弁コテコテの人情劇。胡蝶も可愛い女房役です!舞踊ショーも昼夜演目を替えて御覧頂きますよ!先ほど、夜の部の終演後に座長とお稽古して来ました!

是非応援に来て下さいまし! 

12月12日 複雑な扇使いも何のその

2011年12月12日

台湾の食文化は幅広く、中華四大料理[北京、上海、四川、広東]の流れを汲むとともに、台湾独自の発展を遂げて来ました。特に、夜店の屋体から発祥して現在では台湾の人気有名料理店に成長したお店も少なくありません。昨晩は、その中の一つ、お正月の折にもブログで御紹介した[好記(ハウチィ)]は千鶴流のお稽古場から徒歩数分のお店。

台北好記店先

 台湾好妃の料理.JPG

通りに面した路上に海産物、新鮮な野菜、珍味が素材として並べられています。それを目で確認、注文してから料理してもらうのが台湾流!桜エビと野菜のから煎りなんて最高ですよ!

カラスミ

何と云ってもこの[カラスミ]は絶品!紹興酒との相性ったら…

好妃紹興酒 宗山流胡蝶.JPG 後ろに背後霊しているのが、明日の検査でお腹のベイビーの性別が判明する美扇さん…

 テレサテン

何とこれは、台湾の歌姫[テレサ・テン]の若き日のビールの宣伝のポスター!さりげなくお店に飾ってありました!

千鶴美扇の特製下駄.JPG

これは、浅草の履物の老舗、辻屋さんの特製名入れ下駄。正恵が焼印したものです。今回、美扇と御主人の簡さんの名入りを日本から持ってきましたよ!

今日は朝から小雨の台北。遅めの朝昼食はリーチンホテルで!

 台湾リーチンホテル 宗山流胡蝶.JPG

ロビーの美しいクリスマスツリーが見事!写真で見るより遥かに巨大何ですよ…

午前中の産科の診断で、美扇さんのお腹の赤ちゃんは [姫]  と判明!順調な発育に又しても安心安心!

そして、千鶴流の皆さんとの講習会!

千鶴流女さすらい講習会.JPG

課題曲は大月みやこの[女さすらい]です。複雑な扇使いも何のその…、皆さん余裕の出来栄え!

日本の心の表現を、本当によくとらえる事が出来るんですよ!

さすが、千鶴流の日頃の本的なお稽古か身に染みっていて立派。本当に難なく覚えて下さいました!

  

12月11日 舞踊家と申しますより...

2011年12月11日

一昨日、9日に、第2回目の㈳新舞踊協会東京家元大会が日本橋劇場で開催されました。関西を拠点とする舞踊協会の東京公演とあって、微力ながら宗山流もスタッフとしてお手伝いさせて頂きました。

12時の開場とともに、正面ロビーにて理事家元のお出迎えです!

007.JPG

真中が石田会長、向かって左隣が山門大扇家元、その隣が花村流二代目家元、舞踊関連者と申しますより…、先代組長の追善興行といった風情…怖いですよね~えっっ、!

宗山流桃

舞台の上手袖で音響担当の桃ちゃん!結構な緊張感で痩せる想いだった…との事!

 018.JPG

着付けをして[紅の舟唄]に望む要!襟あしが細長~いですね。

022.JPG 縞の衣装は[木曽路の女]の支度の扇。板についてます!

胡蝶は久々の[お梶]です。何だか、役に入りきれずに、とっても冷静なまま踊ってしまいました。何度演らせて頂いても難しいでね。

胡蝶お梶日本橋劇場.JPG

関西、関東の家元の熱の籠った競演で、平日の日本橋劇場も暖かい拍手に包まれての千秋楽になりました。

舞台よりも盛り上がったのが、打ち上げ。何と来年の南座での企画演目のお話が盛り上がり、夢の競演が実現しそうですよ!

東西家元集合

西の横綱、天羽翔瑞家元[胡蝶の向かって左隣]東の横綱、若泉徳栄家元[手前チャマの右隣]を囲んでの夢の[恐怖の]記念写真となりました!眉の無い胡蝶の右隣は瑞鳳流の二代目家元、瑞鳳澄依さんです。とってもチャーミングで素敵な方です。すっかり打ち解けてお話しさせて頂きました!

 山門大扇家元 宗山流胡蝶

スキンヘッドの山門大扇家元は、宗山會にも御出演して頂いている、胡蝶の兄と慕う先生です![和尚様ではありませんよ!コラコラ…]

二次会は水天宮付近の焼鳥屋さん[家元連中に相応しい…?!]で藝談が花咲きました!とても楽しい一日でした!チャマは少々風邪気味でしたが…

昨日の土曜日は常稽古に引き続きディナーショーのオープニングの振り付け開始。ハードな振りを付けちまいました!その後、10時より来週末の講習曲目[博多恋しぐれ]の講習ビデオの撮影、深夜まで!

そして何と、今日[11日、日曜日]台湾に来ています!

 久々に千鶴流さんの教室で講習会をさせて頂きます!

千鶴流宗家、千鶴美扇[宗山流光]が、何と御懐妊5ケ月!順調に母子とも育って…います!

千鶴流愛犬 ウン太

千鶴流の愛犬、ウン太! 久々の御対面にも関わらず、胡蝶とは親友です!

お昼には台湾に到着して、早速[フカヒレ]の昼食!

台湾フカヒレ

明日は[女さすらい]を講習します!台湾の千鶴流の皆さんは、本当に優秀で、細部までしっかりと表現して踊られますよ![続く] 

12月4日 明洞ナンタ劇場

2011年12月 4日

只今韓国から帰国致しました。

なんと2泊3日で韓国に行って来ました。沖縄や北海道の方が飛行時間が長いので海外旅行… と云うような仰々しい旅ではありません。ちよっと行って来ました…と云った処です!

 韓国 敦化門.JPG

韓国の冬の寒さは、北海道を想像して頂くといいです。以前、胡蝶が韓国に行ったのが15年程前のお正月でしたが…。台湾とゴッチャになっていて、軽装で行った処、零度を下回っていた為に凍えた思い出が鮮烈。今回は準備万端が過ぎてしまって… 

 韓国旅行の胡蝶.JPG

毛糸の帽子状態。さほど寒くも無く、重装備が野暮ったいったら…

今回の旅行は、舞台と舞台の狭間で一瞬の気分転換旅行の為、全て恵リン[蝶ノ介門弟]のコーディネイト!

韓国料理.JPG

韓国ならではの食事が何よりでした。[帽子を脱いで髪もボサボサ胡蝶]

韓国で人気のパフォーマンス、NANTA(ナンタを明洞ナンタ劇場にて観劇。

 ナンタ 蝶ノ介.JPG

アメ横のゴロツキ…さながらのチャマ[蝶ノ介]

韓国の伝統リズムである「サムルノリ」をベースに、ひとクセもふたクセもある4人のコックさんが時間内に結婚披露宴の料理を作りあげる…というコメディ。斬新なアクションで、食器やまな板、包丁など、厨房にあるすべてのものが楽器に変わってしまうんです!そして、一番の見どころは大量の野菜を舞台で切り刻むシーン!リズミカルで超スピードの包丁さばきは「見事!」のひと言でした。

今回宿泊したのは、韓国の中心部、明洞(ミョンドン)のロッテホテル。

 ロッテホテル ロビー.JPG

ロビーは素晴らしいクリスマスの飾り付け!

もっともっと楽しい写真をお見せしたかったのですが… 何と、胡蝶のカメラを昨晩夕食をしたお店に忘れて来てしまったのです。沢山の写真データーが… とりあえず旅行会社の方にお任せしたので、運が良ければ胡蝶の手元に戻ってくるはずです。今回の掲載写真はチャマ[蝶ノ介さん]のカメラのデーターを使用した次第。

まずまずの韓国一瞬旅でした! 

12月1日 西馬込万福寺

2011年12月 1日

今日の常稽古は夕方で切り上げて弔問でした。

宗山流門弟会の宗山流翔さんの御主人が、病気療養中でしたが御逝去されました。享年八十歳の天寿をまっとうされました。

今夜は西馬込の万福寺にてお通夜が営まれましたので、都合のついた門弟の皆さんと御焼香に伺ってまいりました。沢山のお花に囲まれた清楚な祭壇には生前の優しく穏やかな御写真が飾られていました。

 河原家葬儀.JPG

心より御冥福をお祈りいたします。 

12月1日 師匠も走る[師走]!

2011年12月 1日

今日から[師走] …語源は諸説ありますが、普段は落ち着きを持っている師匠の僧侶が、この月だけは忙しく走り回る…と云う事から師匠も走る[師走]となったとか… 平安朝からの言い伝えですからね…

 お誕生日の月見草.JPG

昨夜は46歳の誕生日を雷門のフレンチ[月見草]で[愉快な仲間たち]にお祝いして頂きました!

こちらのお店は宗山流でも度々お世話になっている、[お箸で頂ける仏蘭西料理]というコンセプトのお店。繊細なお料理の数々。

 四六歳の乾杯.JPG

まずは、46年間健康に[?]過ごさせてくれた心臓はじめ、親からもらった身体と、お集り頂いた皆さんに感謝の乾杯は、赤ワインで!

 鮑のステーキ.JPG

白身魚の梅肉ソース、鮑の肝ソースのステーキ、田島牛のフィレステーキとメインが続きます!

多忙なお仕事の為、一時間半遅れで到着のコッシーと乾杯!

コッシーと胡蝶.JPG

本来なら、一時間前から飲みながら待っている… そんなコッシーですが…

二次回は、国際通りの隠れ家にて、シャンパン大会!

そこへ大阪から[岡ピー]事、岡本っちゃん[夏の大阪での天神祭を案内してくれた…コッシーの良き後輩]が突如彼付けてくれました。

バースデー鮨.JPG

コッシーお馴染の大阪の鮨屋の親方が、蟹とアナゴの贅沢鮨の上に、さらに酢飯を被せ、宗山流の定紋の蝶の部分を海苔で細工して下さった特製の[宗山流家紋鮨]を、岡本っちゃんが飛行機で届けて下さったんです!

 突然の花形.JPG

と、そこへ一見劇団の花形、古都乃竜也さんも顔を出して下さいました!

来年も、一月の十条、篠原劇場から四月の浅草木馬館の一見劇団さんの公演では共演させて頂きますよ!

ワイワイ、ガヤガヤ… 御蔭さまで心温まる誕生日をお祝いして頂きました!

感謝致します。

余談ですが、胡蝶のホームペイジも開設して丸一年が経ちました。より一層充実した内容?と舞台の情報、和の世界を発信してまいります! 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集