HOME > 胡蝶をどり日記 > 2012年6月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2012年6月の日記

6月27日 若柳禄寿先生

2012年6月27日

来月7月19日木曜日に国立小劇場で開催される、正派若柳流、若柳禄寿先生主催の[若禄会]に友情出演として出演させて頂きます。

若柳禄寿先生は、NHKを始め、各局、商業演劇の[所作指導]では日本で一番過密ケジュールで御活躍です。胡蝶も以前、商業演劇の舞台で2度程御振り付けを頂戴しています。

今回は何と、幼少の頃より憧れておりました俚奏楽の本条秀太郎先生にオリジナル楽曲を作調して頂き、御本人の弾き唄いで[恋まとい]という吉原の廓芸者を浮世絵の演出で御覧頂きます。

本条秀太郎先生と云えば、宗山流でもお馴染の[雪の山中][廓の夢][寿吉原俄][阿波のうず潮]等々、数々の名曲で知られる現代邦楽界のトップの先生です。

御振り付けは若柳禄寿先生にして頂けるという事で、一昨日早速伺ってまいりました。

富岡八幡様の参道に若柳禄寿先生のお稽古場はあります。浅草同様、とっても風情のある街並みです!

 若柳禄寿稽古所 宗山流胡蝶.JPG

古風な檜のお稽古場は風格があって、懐かしい匂いがしました。

切れのある江戸の振り付けが素晴らしいです。

途中からしっとりと[露は尾花]になっての見せ場です。

 禄寿先生.宗山流胡蝶

禄寿先生です

衣裳、髪型は禄寿先生が『胡蝶さんのセンスでやってください、』と仰って頂けましたので…

只今…格闘中です! また御報告致します!

 

正派若柳流 若 禄 会

平成24年7月19日[木曜日]

国 立 小 劇 場

 

入場券は宗山流事務局にお申し付け下さい! [¥5000]

胡蝶の出演はラストの1曲前ですので夜の7時頃の上演となります 

6月25日 千川流家元襲名公演

2012年6月25日

一昨日の千川流二代目家元襲名公演を御報告致します。

まず開幕は[襲名口上]からです。

白塗りではなく紋付き姿です。

 宗山流胡蝶 楽屋紋付き.JPG

開幕前に花柳錦吾先生、中村芝光さんとの一枚。裃を付けています。

口上開幕前『東西、東西、東~西いっ~っ、』と、[東西声(とうざいごえ)]から始まる本格的な歌舞伎式の口上。 

開演直前.JPG

緊張の中に温かい船出を祝う祝辞が続きます。

宗山流蝶ノ介  山河 千川会.JPG 蝶ノ介は色紋付きの姿で[山河]を御披露させて頂きました。

可愛い二人の藤娘!

千川流 藤娘.JPG

千川貴楽さんの愛娘ちゃん… 本当にお人形さんの様です!

将来が楽しみですね!

その頃、楽屋で胡蝶は女大名の支度真っ最中!

発表されていた上演時間より30分近く早まると云うので… 大騒ぎ!

何とか滑り込んで間に合いました!

 女大名 宗山流胡蝶のサムネール画像

いかめしい紫繻子の素襖に、侍鳥帽子を付けています。

高島田の後ろに差している白い物体は奉書という和紙をつまんだ[力紙(ちからがみ)]です。

歌舞伎の女形が、立ち役になり変わって、強い役柄を演じる時に着けるものです。

古風な様式美… です!

棒しばり 千川流二代目家元 千川貴楽 宗山流 胡蝶.JPG

会主、千川流二代目家元 千川貴楽さんの次郎冠者、あざやかな棒捌きを見守ります。

女大名は、太郎冠者、次郎冠者の二人を棒しばりにして、屋敷の酒を呑めぬようにして出掛けます。

 棒しばり 女大名 宗山流胡蝶.JPG

ここでいったん退場。素襖と侍鳥帽子を外して娘姿にお色直し。

女大名 胡蝶.JPG

再度登場して、留守の間に縛られたまま酒盛りをした二人との幕切れになります。

本当にクタクタになる迄の熱演に大拍手。

棒しばり 終演直後.JPG 幕が閉まってからの安堵のこの表情… お二人様、お疲れさまでした! 

今秋10月には地元酒田でも大々的に千川流二代目家元襲名公演。この[棒しばり]も再演になりますよ!

 千川流会 御挨拶.JPG

最後は女形で[初桜道成寺]で締めくくった千川貴楽さん。

千川流の皆さんも気合の入った熱演でした。

 

そして昨日は、三月の三越劇場で共演させて頂いた佐藤正宏さんの出演しているWAHAHA本舗の公演を観にゆきました!

 天王州の銀河劇場での東京公演千秋楽。即完売の大人気公演です。

佐藤正宏さんの御蔭で9列目のド真ん中8枚! プラチナチケットでの観劇。

 胡蝶、チャマ、コッシー、扇、桃、正恵、恵リン、モリ愛といった顔合わせ!

何と、不幸な出来事を競うアンケートで桃チャンが…見事選出されてビックリ!

 028.JPG

出演者全員の手描きサイン入りのTシャツを頂戴して感激の桃チャン!

久本雅美、柴田理恵、梅チャン、佐藤正宏さんとスター揃いの楽しい? 舞台でした!

終演後、8人で浅草へ移動。胡蝶、一ケ月振りのお肉。焼き肉大会でした!

目出度し、目出度し!

今日は富岡八幡の若柳禄寿先生のお稽古場に、来月の国立小劇場での御振を頂戴しに行って来ます! 

6月22日 女形が大名を勤める...

2012年6月23日

明日の千川会さん、千川流二代目家元襲名披露公演の舞台稽古が浅草公会堂で行われました!

蝶ノ介さんは[山河]を袴姿の素踊りで御披露させて頂きます。[明日の本番は12時頃上演予定]

先日も御紹介のとおり、今回は長唄の歌舞伎舞踊[棒しばり]を競演させて頂きます。

千川貴楽さんの次郎冠者、そして歌舞伎俳優養成所の大先輩、故中村芝翫さんの弟子で英御流二代目家元の芝光さんの太郎冠者、そして胡蝶の女大名といった顔合わせです。

舞台稽古の姿で失礼いたします、

千川流 棒しばり 宗山流胡蝶

本来の[棒しばり]では男性の[大名]と云う役が話しの根回しを勤めますが、今回は胡蝶が勤める為、男性の役を女に置き換えて[女大名]として勤めます。

これは歌舞伎でも行われている演出です。

女大名 侍鳥帽子.JPG これは[侍鳥帽子(さむらいえぼし)]と云って、女形が立ち役に変わって大名を勤める際に、美しい高島田にこれを着用します。

独特の歌舞伎の様式をお楽しみください。あくまでも女形… でも役処は大名… 狂言物の歌舞伎らしい演出のバリエーションです。

そして何と言っても、明日の特別出演、長唄舞踊の[外記猿]を舞う花柳錦吾先生。

花柳錦吾 外記猿.JPG

我々の歌舞伎俳優養成所時代の講師で、花柳寿楽一族の要と云うべき超御大。

舞台稽古でも光り輝く[芸格]と言葉にならない… 安定感と[味] 国宝級です。本当に。

素晴らしい明日の舞台をお楽しみに! 

6月19日 衣裳部仕込み

2012年6月19日

宗山流は勿論、御存じのとおり舞踊の流派として活動していますが…

同時貸衣裳部として[龍巳衣裳]と舞台鬘の[龍巳かつら]という別部門の運営も活発に行っています。

藤娘子供衣裳.JPG

これは、今週末の千川会の貸し衣裳として仕込みをしている[藤娘]です。

子供用の特殊な衣裳で、写真で御覧になるより小振りなんですよ。千川貴楽家元のお嬢さんが着用します!

黒地に大きな花房の枝垂れ藤の引き着に、赤の肌脱ぎ襦袢はいかにも藤娘らしくて可愛いですね。お楽しみに!

日曜日から今日に掛けて衣裳部担当の要が仕込みましたよ。この季節になると強力なスチームアイロンがとっても熱いんです! つい生ビールが美味しくなってしまいます。

 下絵.JPG

これは、秋の国立劇場の推薦名流舞踊大会の[かしく道成寺]の衣裳の下絵です。

胡蝶のデザインです。昨日から友禅師さんとの打ち合わせが始まりました。

どの様な仕上がりになりますか… 何より楽しみな胡蝶であります。

昨晩はチャマが名古屋に出張。恵リンと久々の[ふぐ三角]で乾杯!

三角夏ふぐ.JPG

夏の毛蟹.JPG

初夏の毛蟹も美味しいです。

 台風到来の天気予報を聞きつつ、みのさんの声で5時半に目覚めました!

6月の台風の直撃は8年振りとか… 今日の午後から明日にかけてが大変だ゛そうで…

午前中に山門大扇家元の御母上と門弟の方を、胡蝶がいつも行っている近所の髪結いさん[下町の美容室]に御案内して来ました。今日、浅草公会堂の舞踊会に出演される為です!皆さん短パン、Tシャツ姿の胡蝶に皆さんビックリなさってました。ゴメンナサイ…

これから常稽古、着物に着変えていざお稽古場へ! 

6月18日 稽古場は傘の海

2012年6月18日

一昨日の胡蝶舞踊講習会の様子をお知らせいたしましょう!

午前中から、今にも降り出しそうな怪しい天気!

講習会開始時間にはとうとう降りだしました。着物でいらっしゃる方がほとんどなので心配~

 傘の踊り 宗山流胡蝶

今回の課題曲は[高瀬川]でした。持ち道具は傘です!

 講習会 高瀬川 傘.JPG

人目を忍んで息堰切って駈け出してくる風情の登場です。

皆さんに傘を持っていただくと稽古場は傘の海。梅雨の景色ですね!

 高瀬川 の講習風景.JPG

今回は、繰り返しの振りに小道具を変えたり、手踊りにしたりする事での[踊り分け]がポイントですね。

講習会に引き続き胡蝶の舞踊講座、本日のお題は[着物との一体化]でした!

一、着物の構造を知る

一、役柄で着分ける

一、帯直し、懐手の徹底

一、着物も含めて踊り

今回の技術テーマ [ 距離感を踊る]では、舞踊表現にとっての距離感=世界感を掘下げました。

 高瀬川講習会.JPG

胡蝶は単衣の黒無地縮緬に風神雷神の刺繍紋でした。

風神雷神紋.JPG

今回も大勢の皆様に御参加頂きました。有難う御座いました。 

6月15日 胡蝶舞踊講習会

2012年6月15日

明日は二ケ月振りの舞踊講習会です。

先月は宗山會があって多忙すぎたため、一月お休みだった為です。

今月の課題曲は[高瀬川]です。京都の木屋町を流れる風情ある川の情景と女心を歌い込んだ曲です。

小道具は傘と扇。どうなります事やら…

そして[胡蝶の舞踊基礎講座]の第四段は[着物との一体化]というテーマです。

日本舞踊は肉体表現ですが、着物の[着こなし]そのものが、舞踊の仕上がりの決定的なポイントに直結するのです。

そこを、奥深く解説させて頂きます。

 

昨日は、来週23日[土曜日]に浅草公会堂で行われる[千川会]の長唄のツボ合わせでした。

蛇篭.JPG

今回は、胡蝶とは国立劇場の歌舞伎俳優養成所時代の同期生である、千川貴楽さんの、千川流二代目家元襲名披露公演です。

長唄の歌舞伎舞踊[棒しばり]を競演させて頂きます。

千川貴楽さんの次郎冠者、そして歌舞伎俳優養成所の大先輩、故中村芝翫さんの弟子で英御流二代目家元の芝光さんの太郎冠者、そして胡蝶の女大名といった顔合わせになります。

棒しばり 下浚い.JPG 長唄は宗山會でもお馴染の東音河合夏奈子さん、三味線は杵屋五杏さん、そして鳴り物は梅屋巴さん率いる御連中でいつもながら素晴らしい演奏です。

控え.JPG

初の[棒しばり]に緊張します。台詞が多いんですよ!

是非来週23日[土曜日]に浅草公会堂で行われる[千川会]に応援に来て下さいませ!

[入場券は宗山流事務局☎03-3843-7607迄!]

 

茗荷スープ.JPG

今日の野菜スープです。

濃厚な野菜のスープを濾して、茗荷とオクラ、椎茸のシンプルな仕上げにしましたよ。 

6月12日 野深い田舎に高級鮨

2012年6月12日

昨日は、いつも舞台を観に来て下さっている、芸人の溜まり場的お店、[焼酎バートモ]さんの御贔屓の皆さんと御一緒して貸し切りバスにて千葉県の緑区の[ホキ美術館]へ!

こちらの美術館は世界的にも稀な[写実絵画専門美術館]です。

 写実画 猫

どうですか、この猫ちゃんの絵。写真じゃないんですよ!

 写実画 女性

精緻な技法で描かれたその画は、写真を越えた美の世界でした。

想像を超えた作品の数々に、本当に感動しました。

著作権の関係上なかなか撮影は難しく残念ですが、裸婦の絵画の美しさなんて筆舌に尽くしがたい、写実画の世界でした。

是非是非、一見の価値ありありですよ!

鮨勘 蝶ノ介

そして、[江戸勘]なる御鮨屋さんで日の高いうちから乾杯!

シャンパン 千葉江戸勘.JPG

もちろん、シャンパン、赤ワイン、日本酒[八海山]で!

カウンター 江戸勘.JPG 奥に座っているのが、昨年末のディナーショーで[信長]を歌って下さった友達の龍チャン!

チャマの親しいオヤジ友達の一人です!

江戸前ものの素晴らしい板前さんは、何と双子の兄弟親方なんです。

 美しい平目.JPG

失礼ながら… なんでこんな、こんな野深い田舎にぽっりと高級鮨?

 白海老.JPG

ネタが本当に凄いんですよ!

 握り 江戸勘.JPG

さすがに、食事摂生中の胡蝶と蝶ノ介はシャリは控えましたよ! ほんの一口。

そして夜闇が辺りの山々、田畑をすっかり包む頃… バスで20分程移動して蛍狩りです!

054.JPG

ここは千葉県山田にある、知る人ぞ知る[源氏蛍の里]なのだそうで…

 まさに降らず照らずの[蛍日和]でした。

長閑な農道を微かな電灯をたよりに歩いて行くと、

水路沿いにちらほらと美しい蛍の光が溢れていました!

 蛍?.JPG

ごめんなさい、胡蝶の素人カメラでは是が限界!

初夏の蛍を楽しんで浅草に帰還。

良い一日でした。

今日は宗山會終了後の初、常稽古です。

ほとんどの門弟さんが新曲のお稽古に入りますから… 

6月11日 宗山會の打ち上げ

2012年6月11日

昨晩は第13回宗山會の打ち上げでした。

会場は例年どおり観音裏の料亭、草津亭です。

 草津亭打ち上げ.JPG

今年は… テーブルのお席にしました。 

都合がつかず、欠席の門弟さんも多数いらっしゃいました… ざんねんです!

コッシーと正恵が今日のゲストです!二人も綺麗に着物を着て参加して下さいました!

御挨拶、乾杯の後は… 堰を切った様な盛り上がりです。

皆さん、会の余韻も醒めやらず、舞台の話し満載。

宗山流藍 宗山流 胡要 和楽の会.JPG

胡蝶の隣は、和楽の会会主の宗山流藍先生。扇さん。

そしてチャマの隣が桜花会会主の宗山流巽さん、宗山流 胡要さんです!

宗山流詩乃.JPG

そして手前から、瀬川由美子さん、宗山流皐月さん、

後列が扇さんから、水野温子さん、宗山流蘭さん、宗山流詩乃さん、宗山流もみじさんです。

宗山流蝶吉 宗山流翔.JPG

こちらは胡蝶の隣が宗山流蝶香さん、宗山流蝶吉ママ、宗山流翔さん

二列目が胡蝶横から宗山流綾さん、宗山流遊さん宗山流胡要さん、

そしてコッシー、三列目の背後霊、胡蝶の上が桜花流家元の桜花香升さんの霊、

恵リン、要、チャマの霊です。除霊が必要ですね。

宗山流要 宗山流蝶ノ介.JPG

チャマと要さん、単衣の着物で!

宗山流扇 水野温子.JPG

扇さんと水野さん。御機嫌さんです!

ガハハ.JPG

宴もたけなわ。もはやガハハ… ガハハで、日本舞踊の打ち上げどころではありゃしません!

こちらは除霊どころか、悪い物も逃げ出す勢いですね!

草津亭正面 宗山流胡蝶.JPG

ってなことで、今年の大打ち上げ大会も無事… 打ち上がりました!

胡蝶もすっかり宇宙人状態です!

今朝は… 驚くほどスッキリリと目覚めていつものスープ造り。

玉葱スープ.JPG

今日のスープは二日間煮込んだ野菜スープを、布で丁寧に濾して、改めて玉葱、オクラ、サヤエンドウを入れた、サッパリ野菜コンソメです!

これから、ちよっとお出かけです!

6月5日 沖縄教室開設

2012年6月 8日

梅雨明け間近の沖縄、那覇に行って参りました。

 那覇空港.JPG

今回は宗山流、沖縄教室開設の打ち合わせです。

宗山流の舞踊が沖縄で広まって下されば有難いですね。

中心になって教室運営をして下さるのは、舞踊経験も豊富な三人の会主が宗山流師範を名乗って下さる事になりました。

 シーサーロビー.JPG

まずは、沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザにて沖縄宗山流の基盤を造る打ち合わせ。

色々と東京家元教室との舞踊に対する理念を擦り合わせていきました。

 打ち合わせ那覇.JPG

初日は六時間以上に渡る話し合い、打ち合わせ。

すっかり打ち解けて、和やかに乾杯!

翌日は全日空のラグナガーデンホテルで午前中から会議!

 全日空ホテル.JPG

本格的に宗山流沖縄教室開設の具体的な本題に…

胡蝶も毎月沖縄に集中稽古に伺うという事になりました。

 沖縄の地にも宗山流が根付くよう頑張りますよ。

 

宗山流 沖縄花蝶会会主  

牧志洋美事 宗山流 花 (はな)

 

宗山流 沖縄蝶江会会主  

金城絹江事 宗山流 江 (こう)

 

宗山流 沖縄蝶清会会主  

山川洋子事 宗山流 蝶清 (ちょうせい)

 

御披露目は、来秋におきなわ国立劇場にて予定しています。

何卒宗山流沖縄会をお引き立てくださいますよう、お願い申し上げます。 

沖縄胡蝶.JPG

海辺で自分で撮りました。

6月5日 サラダ尽くし!

2012年6月 5日

昨日は鬼怒川へ。浅草から東武線に乗り込みました!

東武車内より.JPG

東京スカイツリー駅[元業平橋駅]で個室車内の廊下から見上げたこの迫力!

絶対[業平橋]という名前の方が風情がありましたよね…! 

嫌ですね、[讃岐うどん駅] とか… どういったセンスの方がお付けになるんでしょうね?

[高知龍馬空港] もご多分に漏れませんが… 話が横道に逸れましてスミマセン…

 車内サラダ.JPG

お昼のお食事は車内にて御覧のサラダ尽くし! 美味しいんですよ… これがっ!

46年分の不摂生を解毒中です…  チャマもお付き合いダイエット参戦中。ご苦労様です。

先月の、勝浦に引き続き、今回は鬼怒川のホテル三日月にて、美桜かな子さんプレゼンツの[ミュホジックコラボ・ディナーショー]に御声掛け頂き、出演させて頂いてまいりましたよ!

会場 三日月.JPG

巨大な会場で何と2回公演。ちなみにお食事会場は別だそうで…

 滝桜 鬼怒川 宗山流胡蝶. 美桜かな子

胡蝶は美桜かな子さんの[滝桜]を今回は芸者姿で御披露!

 夜桜お七 宗山流胡蝶.JPG

着替えて[夜桜お七]と[風の盆恋唄]を踊らせて頂きました!

一度目は一般のお客様で超満員。二度目のステージはご宿泊のお客様が多かったですね!

三日月 会場.JPG

胡蝶も御挨拶です。毒舌控えめです。

 宗山流胡蝶 美桜さんと、太鼓の御木裕樹、敦史さん

美桜さんと、太鼓の御木裕樹、敦史さんです。

津軽三味線の廣原武美さんも御一緒だったのですが、写真に写っていないのが残念です。

夜桜お七 胡蝶.JPG

白塗りを落として温泉にドボン! もちろん三日月名物[黄金風呂]にも入って来ましたよ!

お疲れ様宴会、二次会は朝方まで… 皆様、お疲れさまでした!

胡蝶は二日酔いのチャマを鬼怒川に捨て置いて、午前中に浅草に帰還。

 胡蝶の野菜スープ.JPG

これがほぼ毎日作り続けている[胡蝶特製痩せる野菜スープ] です! 食べずに痩せるんじゃないから良いですよ!

これから千川会の[棒しばり]の女大名の鬘あわせに東京演劇かつらに出掛けます。

夜は舞踊講習会のビデオ撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

6月4日 夕暮れ時のビール

2012年6月 4日

何ですか、やっと宗山會を終えて一息… といった感じです。

一昨日ようやく衣裳部の片付けも一段落。お稽古場の片付けも落ち着いたようで…

 炭焼き桜田夕暮れビール.JPG

この季節、夕暮れ時の表がまだ明るい時間から呑むビールは最高です。

今日は雷門通りの炭焼き[櫻田]です。

 桜田 江戸料理.JPG

野菜中心の江戸料理と、チョイスして焼く色々な魚介類、野菜が売り物です。

恵リンと乾杯していると…

炭焼き桜田 恵リン.JPG

と、そこへ一足遅れのチャマ登場。

炭焼き桜田 蝶ノ介登場.JPG

三人宴会の始まりです。 これでもダイエット中三人組なんですよ!

コッシーは今週末、浜松の自宅に!

炭焼き桜田 焼物.JPG

これが炭火焼のネタです!

そして梯子…。  これでもダイエット中三人組なんですよ 、本当に!

今日はこれから鬼怒川に向かいます。 

6月3日 京料理[井雪]銀座店

2012年6月 3日

昨日はチャマ事、蝶ノ介さんのお誕生日を親しくさせて頂いている友人二人がお祝いして下さいました。

 胡蝶も御相伴に与かりました!

銀座井雪 行燈.JPG

場所はと申しますと、知る人ぞ知る京料理の名店[井雪]の銀座店へお招きいただきましたよ。

現在建設中の歌舞伎座から程近い処にあります。

宗山流 蝶ノ介 乾杯.JPG まずはシャンパン! 檜ののカウンターにシャンパンが良く似合います!

シャンパン.JPG

ルイ・ロデレールクリスタル・ブリュット2004年にてお誕生日乾杯。

御機嫌のチャマ。

稚鮎 稚鮎の初物。

お料理はこっそり撮影。

錫お皿

錫のお皿に季節のお刺身、美人盛り!

その後も、シャンパン、シャンパン、赤ワイン、日本酒…

怖いですよ…本当に!

宗山流蝶ノ介 御機嫌 二軒目はホテル西洋銀座のバーラウンジへ。

又してもシャンパン…。 蝶ノ介と愉快な仲間達でありました!

素晴らしい[遅れ馳せ]のお誕生日、有難う御座いました。 

明日は営業で鬼怒川で踊らせて頂きますル…

6月1日 国立文楽劇場

2012年6月 1日

宗山會の三日後、[5/30]大阪の国立文楽劇場です。

全国新舞踊家元公演です。去年は、宗山會のリハーサルの日と重なってしまったため、蝶ノ介さんが胡蝶の代わりに出演させて頂きました。

これまた、全指定席完売の超大入り満員!

 大阪文楽劇場楽屋 宗山流胡蝶.JPG

今回の胡蝶の演目は[十日の菊]です。

尾上菊之助に献身的に仕えた女中のお徳です。

身分違いの仲を許され、菊之助の出世を見届けつつ死んでゆきます。特殊な役ですから、今回はこの演目一曲だけなので、化粧も病人らしく…

 綺麗に白塗りしてしまうと、[女中のお徳]の雰囲気が出ないんですよ。

 良き事菊半纏.JPG

この曲で着ている半纏は、菊之助の楽屋半纏という設定で、音羽屋の[良き事聞く]の判じ柄。

良きは[斧(おの)]、事は[お琴の崩し書き] 聞くは勿論菊之助(尾上菊五郎)にちなんで饅頭菊という洒落た役者柄です。恋人の半纏を病床のお徳が羽織るという設定で誂えてみましたよ。

 菊五郎格子.JPG

そして、着物に重ねている浴衣も菊五郎格子を紬に染めて[下馬と云います]仕立ててみました。

楽屋のお稲荷様に御挨拶して舞台へ…

大阪文楽劇場 家元公演  全国から御出演の家元の皆様の素晴らしい演目の中に御一緒させて頂いて緊張!

 大阪文楽劇場 残菊物語 宗山流胡蝶.JPG

関西のお客様に新派の香りの強い地味な演目はどのように見えたのか… 心配です。

大阪文楽劇場 十日の菊 宗山流胡蝶.JPG

本来胡蝶は賑やかで、騒がしい性分なので、正反対の役柄です!

大阪文楽劇場 家元公演 (21).JPG 上の写真の振りは、菊之助の紋付きの[仕付け糸]を丁寧に抜いて、指先でクルクルと丸めて舞台の成功を神仏に拝む気持ちで一礼して、大切に胸元に納める… という難解な表現の振り付けです。[仕付け糸]を大切に針箱の引き出しに仕舞っておく… これは昔のおまじないなんですよ。古風です。

上手の袖で胡蝶の舞台を見つめる人影… 浮幽霊じゃありませんよ…! 舞踊協会の最長老にして相談役の都流双輔宗家です。

大阪文楽劇場 家元公演 (42).JPG

幕切れはドッと倒れ伏してお徳の臨終となります。

千秋楽は、家元出演者による手拭い撒きです。

 大阪文楽劇場 家元公演 (51).JPG

今しがた死んだばかりのお徳が手拭い撒くんですから… お客様もさぞびっくりでしょうね!

 大阪文楽劇場 家元公演客席.JPG

この沸騰ぶりです。

緞帳が閉まってからの記念写真です。

 大阪文楽劇場 家元公演集合写真.JPG

向かって胡蝶の左手前が瑞鳳澄依さん、桐彩猿さん、石田会長、胡蝶の左中列は若泉宗家、山門大扇家元、都流こうじさん、台湾のマダム桃さん、後列右から岩村宗月家元、和楽家元、桐彩華家元、花村流二代目家元、桐魁佑二代目です。今回も高知から御出演の慶祥芳之家元が写っていないのが残念!

終演後打ち上げの後、京都の祇園に移動。

山門大扇家元、蝶ノ介さんと花見小路の[いちえ]にて御機嫌さん。

翌日は祇園の料亭[丸山]で昼懐席。[いちえ]の光も一緒で昼から宴会。

これは祇園の[一力茶屋]さんです。暖簾に染め抜いてある、[一]と[力]が[万]の字に読める事から別名を[万亭(まんてい)]とも呼びます。

祇園一力.JPG

[一力茶屋]を[万亭]と呼ぶ人は相当の通ですよ!

夕方には浅草に帰って来ました。

山川静夫 宗山流 胡蝶  何と、近所の某鮨屋で山川静夫さんと意気投合。芝居談義で盛り上がりました。

長時間に渡って、本当に良いお話しをさせて頂きました。

御歳80歳の山川静夫さん、お酒もいける口で本当に素敵な方でした! 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集