HOME > 胡蝶をどり日記 > 2013年1月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2013年1月の日記

1月29日 第10回和楽の会

2013年1月29日

先週末に開催いたしました、第10回和楽の会の様子をお知らせいたしましょう。

当日は、寒いながらも素晴らしい冬の晴天に恵まれた舞台日和でした。

宗山流胡蝶 和楽の会.JPG

胡蝶は二部の幕開きから[かしく道成寺]で御目見得させて頂きました。

昨年に誂えていただいた桜の裾引きは、大のお気に入りの衣裳です。

和楽の会10周年 着付け.JPG

こっ、これは鬘を乗せる前の着付け風景です。

興ざめの風景。怖いです。

和楽の会10周年 かしく.JPG

和楽の会のお客様は…[観るぞ…!]といった気合いの漲る空気。

結構、緊張しますよ。

和楽の会10周年 細井千絵 井原冴.JPG

可愛い千絵ちゃん[右側]の[御国恋姿]と、小学校2年の冴ちゃんの[雪国恋人形]の出番前です。

二人は会主、宗山流藍の愛弟子!

若さ溢れる二人の舞姿は和楽の会の顔です。

 

そして今年は[南越谷阿波踊り振興会]さんのゲスト出演で、総勢50人以上の阿波踊りで花を添えて頂きました。

まずは、秋元総合学院も長年取り組んできた、阿波踊りの着付けを御披露。

それに引き続き南越谷阿波踊り振興会の歴史を映像でご覧いただき、いよいよ実演。

和楽の会10周年阿波踊り.JPG

生のお囃子演奏に迫力の大群舞は圧巻。

感動の一幕に会場も大盛り上がりでした。

 

そしていよいよ宗山流胡要さんの[唐人お吉物語]です!

和楽の会10周年 下田.JPG

お吉を取り囲む、下田芸者に扮した要、扇、桃、胡蝶…そして黒子のチャマです。

前半の芸者姿のお吉から、後半の酒浸りの日々を送るうらぶれたお吉の支度の間を、我々の芝居でつなぐ…

と云う事なのですが、東北弁の胡蝶の変な芸者と、変な大工の桃造でぶち壊し…

和楽の会10周年芝居.JPG

せっかくの胡要の熱演の足を引っ張ったのでは…

そこは胡要の迫真のお吉で感動の拍手。すごかったです!

 

そして今回、本番前日に右手首を骨折してしまわれた石塚アサ子さん。

着付け舞いのスペシャリストが… まさかの本番前日のアクシデントに一同…氷りつきました

和楽の会10周年 石塚アサ子.JPG

何と、骨折にもめげず[滝の白糸]を熱演。

満員の皆様に見守られて、見事に踊りぬきました。

恐るべし… 執念にも似た責任感で成し遂げられました。

 

会主、藍さんも立派に[兜]を熱演。

和楽の会10周年  兜後見.JPG

格調高い、[十能]と云う武家の髪型が本当に良く似合っていました。

後見を務めさせて頂いたチャマも緊張の表情。

皆さんの熱演が続きました。

そして特別演目[胡蝶初春に舞う]は、黒の芸者の正装で[宗山三番叟]から開幕です。

和楽の会10周年  宗山三番叟.JPG

宗山流の三番叟は芸者姿で上演するのが特徴です。

和楽の会10周年  お太鼓.JPG

帯びは[柳結び]ではなく、お太鼓。これも胡蝶のこだわりのスタイル。

和楽の会10周年 金屏風.JPG

チャマは要、扇、胡蝶の芸者に囲まれて、黒一点、黒紋付姿。

引き続きの[産婆葬]は巫女の桃。怖すぎます。

和楽の会10周年 お祓い.JPG

客席全体に漲る[邪気]を桃巫女が祓い清めます。扇がそれを祈り上げます。

訳が分からぬ[オヨメ三番]でした。

そして胡蝶はとっとと衣装を着換えて[二人静]を初演。

和楽の会10周年  二人静.JPG

白の紗掛けを着ています。

髪には銀の[両天]と云う古風な、和紙に銀箔製の簪を差しています。

和紙製ですから見た目より軽く仕上がっているんです。

和楽の会10周年  白達磨.JPG

トークの折に頂戴した金の達磨チャン。

胡蝶の名前が入れられています。いつ片目を書き入れるか…悩むところです。

和楽の会10周年  雪舞い.JPG

そして引き続き[雪舞い]を初演。実はこの二曲…胡蝶舞踊講習会の課題曲なんです。

舞台で衣装を着けて踊るとこうなります…と云う感じで踊らせていただきました。

後半もあれこれと御披露させて頂き、ラストは[大川流し]を立ち役で踊らせて頂きました。

和楽の会10周年  大川ながし.JPG

黒地に[荒磯]と云う浪に鯉の意匠は、江戸好みの粋な衣装です。

楽屋の廊下では、美魔女の皆さんが出番を待ってたむろしておられます。

和楽の会10周年 廊下.JPG

そしてフィナーレは[すみだ川ぞめき]で賑やかに!

和楽の会10周年  花撒き.JPG

手ぬぐい捲きです!

和楽の会10周年集合.JPG

終演後に主演者一同で記念の一枚。

日の短い冬の日にもかかわらず、千穐樂まで暖かい拍手に包まれての和楽の会でした。

ロビーでのお見送りも盛り上がっています。

和楽の会10周年 ロビーの賑わい.JPG

お疲れ様でした。

 

 

胡蝶は今日から気温18度の沖縄の稽古に来ていますよ。

富士.JPG

行きの飛行機から、雪の少なめの富士山。

秋の沖縄公演に向けて熱の入った那覇の初稽古。

DSCF9939.JPG

夕食は鮨井上にて。

DSCF9941.JPG

沖縄にありながら、江戸の味わいの素晴らしい鮨でした。

宗山流 花さんのお嬢さん[お酒の強い女医さんです]もご一緒して盛り上がりました。

現在…沖縄国際通りのホテルにてパソコン作業…

1月26日 ケロケロ...ケロヨン

2013年1月26日

寒んむ~い日々が続いていますね。

胡蝶の身辺は風邪、怪我人が蔓延、続出!

みっ、皆さん、お気を付け下さいましよ…

何故か胡蝶は元気ですが…

やはり連日連夜のアルコール消毒の賜物でしょうね!

 

昨日金曜日は、テレビ東京で二時間特番の収録でした。

何と、久々に梅沢富美男さんと御一緒致しました。

テレ東京 控室.JPG

金茶地の小振袖は20年振りに着てみました…

人は似合わない色目を着ると[若く見える…]と云います。どこかテレがあるので初々しく見えるんだそうです。好みの色の物を着ているときは、自信たっぷりの表情になるので[貫禄]があるように落ち着くんでしょうね。

ケロヨン.JPG

それにしても… ケロヨン胡蝶です。

目と目が、年々、遠距離に… ケロケロ…ケロヨンバケラッタです。

爬虫類系胡蝶です、完全に…

DSCF9791.JPG

白地唐織の宝づくしの袋帯を合わせました。

昨日は本当に少々派手目ケロヨンです。

 

そして今日は草加アコスホールで明日の和楽の会のリハーサルです。

今年で10年目を迎える新春恒例の[和楽の会]は着付けと日本舞踊をコラボレーションした独特の舞台です。

DSCF9831.JPG

艶やかな振袖の帯結びを舞台上で鮮やかに着付けてゆく姿は圧巻。

 

舞踊も皆さんも本番では衣装付きで技を競います!

DSCF9789.JPG

こちらは会主、宗山流藍の着用する[黒地綸子、枝垂れ橘に波]の手描き友禅と刺繍の裲襠です。

宗山流藍 兜.JPG

[兜]と云う演目です。格調高く舞いますよ。

DSCF9868.JPG

フィナーレ[すみだ川ぞめき]の総踊りの稽古です。

そしてラストの特別公演演目[胡蝶初春に舞う]は90分の演歌舞踊絵巻をご覧いただきますよ!

明日天気になーれ!

ケロケロ…ケロヨン 草加アコスホールに爬虫類大集合!

1月21日 御無沙汰致しました

2013年1月21日

この処、あまりにも過密な日々を過ごしておりまして、御無沙汰致しました。

先週末の舞踊講習会の様子から御報告致します。

今年初の胡蝶舞踊講習会は[雪舞い]でした。

 講習会 雪舞い.JPG

寒さにもめげず、お稽古場いっぱいの皆さんが参加して下さいました。

傘を使用する演目ですから、なおさら狭い稽古場がラッシュアワーの車内状態ですが…

おかげで、外の寒さを忘れる程良い温度になった稽古場です。

胡蝶の舞踊講習会の特徴は、会員制度や予約制、御紹介制等の規約は一切ないんです。

参加者の方も、家元として舞踊をなさっている方から、愛好者の方、初心者の方から見物がてらの方まで、本当に幅広い皆さんが、マイペースで受講して楽しんでいらっしゃるのが特徴ですよ。

 

今日の課題曲にちなんで、着物は…年甲斐も無く、白縮緬の無地です。

講習会 雪舞い 白.JPG

帯は時代友禅の塩瀬地に紅梅白梅の丸帯です。

これも相当古~い帯です。

ぽってりとふくよかな梅の構図が何とも古風な味わいです。

宗山流胡蝶 梅の時代帯 お太鼓.JPG

講習会の締めくくりには、胡蝶が僭越ながら…それも毎回…踊らせて頂きます。

しょうこりも無く…

 講習会 雪舞い 宗山流胡蝶.JPG

そして引き続き1時間半に渡る[胡蝶舞踊講座第八段]でした。

今回の講座内容は、

一、邦楽と演歌の踊り分け 

一、見得[決め]の意味と重要性

※振り付けの基本

一、登場、物語[くどき]、踊り、幕切れ

今回の技術テーマ [体重移動] でした!

皆様、たくさんの御参加、ありがとう御座いました。

 

そして昨日の日曜日は、来週の[和楽の会]の上げ浚いでした。

 和楽の会 おさらい.JPG

小学校2年生の冴ちゃんのお稽古に見入る越谷教室の皆さん!

本番を一週間後に控えて、皆さんも追い込みの仕上げに集中力を高めています。

宗山流胡要さん演じる[唐人お吉物語]では、要、扇、桃に胡蝶も加わって下田の芸者の幕間芝居に出演させて頂き盛り上げますよ! 泣けて、笑えて… やっぱり泣ける胡要さんの[唐人お吉物語]…お楽しみに!

 

そして上げ浚い終了後、衣裳部の衣裳出し等すませてから、さいたまの行田へ。

茂作座の終演後に深夜のお芝居稽古。

そして今日、21日、月曜日[風美劇団]さん、昼の部に突撃取材!

おしま 宗山流胡蝶.JPG 胡蝶の役は老け役の越後屋女房…おしまです。としま…じゃありませんよ!

江戸小紋の比翼仕立ての着付けに親子縞の丸帯。地味です…

老け役ですから眉も極力薄く引きます。本来眉は描かなくてもいい役柄ですが…

別の意味で[不気味]になっしまうと、お芝居の本筋より胡蝶の化粧の方が悪目立ちしてしまうといけないので、そこそこにしておきました。

051.JPG

幼い頃に生き別れ、やくざになって対面した息子役の座長・風美涼太郎さんです。

 

舞踊はお正月らしく黒の出の衣裳で芸者姿。

すみだ川 宗山流胡蝶.JPG

[すみだ川]を踊らせて頂きました。

やっぱり[眉]って大切でしょ!

 雪幻花 宗山流胡蝶.JPG

そしてもう一曲、[湖畔の宿]を踊らせて頂きましたよ!

こちらは桂希流さんの地元とあって、桂希流の皆さん、久喜から葵教室さんが本当に大勢応援に来て下さり、感謝の大入りで盛り上げて頂きました!

ありがとう御座いました。

何とか年末年始不摂生… 強化減量も間に合い一安心で御座いました。

 

明日は午前中から衣裳部で和楽の会の衣裳の仕込。

午後から常稽古です。 

1月15日 雪の成人式

2013年1月15日

いよいよ今年の稽古も始まり、皆さんそれぞれの舞台に向けてのお稽古、新振り付けなどがスタートしています。

胡蝶も、年末年始の不摂生を取り戻すべく、いつもの[胡蝶野菜スープ]食事制限が始まってます。

椎茸スープ.JPG

昨日は椎茸スープでした。

 

今日は雪の成人式。

胡蝶の小学校からの親友の愛娘の成人式の振り袖を宗山衣裳でコーディネイトさせて頂きました。

何と170センチ近くの長身となれば胡蝶コレクション衣裳の出番です。

早朝に胡蝶が日頃通っている美容室で髪を上げて頂きました!

桜の成人式.JPG 一面に染井吉野満開の大振袖。朱の唐織の袋帯を合わせました。

久々に胡蝶が、ふくら雀を締めさせて頂きました。同級生のお嬢さん… そう思うと感動の涙、

可愛らしく仕上がりましたよ!

成人式の会場は、宗山流稽古所の正面、現在新春歌舞伎が行われている浅草公会堂です。

 雪の浅草公会堂.JPG

稽古から見下ろした雪の浅草公会堂です。

歌舞伎は成人式の日に限り、昼の部を休演にして開催されます。下町の浅草ならではの華やかな成人式会場ですね!胡蝶も27年前を思い出します…

予報通りの大雪でしたが、着付けをさせて頂いたのが稽古場ですから、徒歩10秒!

 

そして昼からは日本橋の三越劇場に、9月の胡蝶舞台活動30周年記念リサイタルの打ち合わせに恵リンを同行して行って来ました。9カ月先の舞台の企画も始まっていますよ。

遅めの昼食は、三越となりの三井タワーの懐石[櫻川]にて…

櫻川暖簾.JPG 本当に本格的な懐石料理をお昼から提供して下さる、落ち着いたお店です。

 櫻川.JPG

秋の30周年記念リサイタルをイメージしつつ…

雪の降りしきる日本橋の街を眺めながら昼熱燗…

 

そして初場所二日目の両国、国技館へ…

道は、雪の為大渋滞。雪の両国橋も凄かったです…

雪の国技館.JPG 雪の国技館です

 二日目観戦.JPG

18年来の御贔屓、タイガー夫妻と辻パパと升席現地集合!

雪の街中とは対照的な、熱気に満ちた場内。

ペーパー.JPG

林家ペー、パー夫妻も観戦!

 白鷗横綱.JPG

いつもながら美しい横綱白鵬に惚れ惚れ…

 

今日は蝶吉さんもお正月からの風邪気味のため残念ながら欠席…

実はチャマも食中毒で寝込んでいます!

※恵リンがチャマに同行して雪の降りしきる中、病院に同行してくれています。

皆さん、風邪にはくれぐれも注意して、体調管理して下さいね。

 

来週末1月19日[土曜日]の胡蝶舞踊講習会は[雪舞い]です。

傘を差して雪の中に佇む姿をイメージして振り付けしました。

小道具は傘、扇です。

そして[胡蝶舞踊基礎講座8段]を開講致します。

皆様、講習会も基礎講座も敷居が高いと思われて二の足を踏んでいらっしゃる方もいらっしゃるようですが、ご心配なく! 本当に気楽に開催していますので、今年は是非体験してみて下さ~い!

 

そして、演劇グラフの突撃取材、[胡蝶乱入日記]が1月21日[月曜日]茂作座です。

今回取材にお邪魔する劇団は[風美劇団]さんです。

お芝居…[セリフ多すぎ…]と舞踊ショーにも出演させて頂きます。

胡蝶の出演取材は昼の部のみとなります。

行田・湯本天然温泉 茂作座 

宗山流胡蝶 縞引き着 銀杏返し.JPG

1月9日 入浴する事... 50秒あまり

2013年1月 9日

そして… 越前の橋立漁港から水揚げされた蟹君は食前へと再登場したのでありました。

平成25かよう亭の焼き蟹.JPG

地元の方は、特に[橋立漁港]から水揚げされた蟹のみを、本物の[越前蟹]として区別し、大変に誇りにしていらっしゃいます…

『良いズワイ蟹ですね…』 なんて言ったら殴られそうですよ…

今宵はまず、越前に敬意を表して…蟹しゃぶにて

 平成25かよう亭の越前.JPG

メタリックに輝く足の殻はこの世の物とも思われません。

今年一年の芸道精進を願ってシャブシャブ…

越前君もたまったものではありません!

日高昆布の湯船に入浴する事… 50秒あまり

 平成25かよう亭の越前シャブ.JPG

祈りを籠めて頂戴した次第。

焼き蟹の後は…

平成25かよう亭の旅 (52).JPG

甲羅に清酒を注いで…

山中の夜は更けて参りました…

 

 

今朝は、かよう亭の御主人に金沢までお送り頂いて、かよう亭を後に致しました。

 平成25かよう亭正面玄関 上口社長.JPG

 

東の茶屋街を散策して、のんびり玉露タイム!

久々に金沢の生んだ文豪[泉鏡花]記念館へ!

平成25泉鏡花記念館.JPG

ここは鏡花の生家の跡地に建てられています。

新派の名作の数々を生み出した鬼才の記念館は、独特の雰囲気を醸し出していますよ。

 平成25浅野川.JPG

白い息も、鏡花の生きた昔に想いを馳せると、目の前は、[滝の白糸]の舞台となった浅野川、

卯辰山が見渡せる景色の良い処です。

 …人の心の奥深く、清き流れの浅野川…

 

遅めの昼食は[早めの夕食とも云います…]

弥助鮨にて… 熱燗で越前せいこ蟹…

平成25かよう亭の旅 (90).JPG

せいこ蟹はあと数日で今冬の禁漁にはいります…

北陸の二日間、遅めの冬休みを満喫させて頂きました。感謝。

鏡花文学の世界を回想しつつ… 羽田空港から一路浅草に只今舞い戻って参りました!

明日からのお稽古着の支度をします! 

いよいよ今年のお稽古、開始です…

 

1月8日 [香る][板]...と云う事で

2013年1月 8日

昨日は一日かけて、三月末の杉並清流会の香盤表作りをしていました。

香盤[こうばん]とは現在では芝居や舞踊会の演目表、進行表

を指して言いますが、本来は歌舞伎の興行の際に、楽屋口に置かれている厚い檜の板にその月に出演している役者の名前が書かれてあり、その下に穴が開いていて、楽や入りをした際に自分の名前の下の穴に印の鋲[びょう]を差して、『楽屋入りしてますよ…』と云う事を一目瞭然に確認できるシステムだったんです。

歌舞伎は毎月、演目も出演者も変わりますから、毎月檜の板の表面を削って新たに書き直すので、いつでも檜のいい香りがしている事から、[香る][板]…と云う事で香盤と呼んだんです!

胡蝶もその昔…歌舞伎の大部屋を経験させていただいた時には、毎日香盤に鋲を差して楽屋入りした檜の香りを覚えています。

香盤表の語源でした! 杉並清流会の演目、60段揃いました。お楽しみに!

 

何と、明後日からの御稽古始めの前に、山中温泉に今朝から来ています!

毎年新年早々に来ているんですが、今年は一週間遅れでやってまいりました!

やはり、山中温泉に入らないと… 一年が始まりませんね!

毎年御一緒の翔さん、チャマとやってまいりました!

翔さんと蝶ノ介.JPG

昼から山中の蕎麦屋さんに上り込み、炉辺で熱燗…

ふろふき大根山中 - コピー.JPG

風炉ふき大根でお昼から一杯は呑気で良いですよ。

 

秋は忙しかったので、半年ぶりのかよう亭に…深呼吸。

早速、御馴染のかよう亭さんの露天風呂へ直行!

露天かよう亭.JPG

今日は例年のお正月にくらべ、雪は少なかったです。

谷間を見下ろす大好きな露天からの眺めです。

一人撮影です。失礼いたしました!

かよう亭露天.JPG

湯殿にカメラを持ち込むと… 変質者に間違われますから、そっと独り入浴の隙にパシャリ!

山中温泉の泉質は、きめ細かな肌触りでややぬるめの温度が、長湯向きで良いんです。

 

かよう亭越前蟹.JPG

夕食前に、お部屋に今宵のメインの見事な[越前蟹]を持ってきてご披露してくださいました!

古九谷の大皿からこぼれ出そうな見事な面構えの越前君… 

御免なさい、やっつけちゃいます。

続く…

1月7日 新年屠蘇式

2013年1月 7日

今年のお正月は数十年振りに何処へも行かずに、のんびり浅草で呑んでました。

三日の日に、某大先生の熱海の別荘にチャマとお伺いして、日帰り温泉。

さすが、舞踊大家の別荘… 想像を超えた素晴らしい数寄屋造りに温泉… ビックリ。

熱海の海岸近くの活魚料理のお店で乾杯!

010.JPG

のんびりと芸談に花が咲き、楽しい一日でした。

 

昨日、6日は宗山流の新年屠蘇式でした。

宗山流新年会25年 配り扇.JPG

こ今年の扇は、荒磯に宗山流の籠文字[橘右之吉書]をあしらった構図です。籠字と申しますのは…文字の形態の名称ではなく、堤灯などの凸凹のあるデコボコ面に文字を書くなど、一筆で書きにくい場合に、文字の輪郭を書き上げ、その中を塗込む書法、「籠写し」で書かれた文字を指しているんです! ちらは、今年のお稽古扇です。毎年新年屠蘇式で門弟会の皆さん一人一人に手渡すのが習わしです。

 

宗山流新年会25年 波に角文字.JPG

橘右之吉さんは江戸文字では日本一の職人さんで、宗山流の籠文字は宗山流の宝物です。

 胡蝶は扇の骨は白骨[(しろぼね)漆で塗らない白竹のもの]が粋で好きなんです。

幼い頃、お正月に師匠からその年のお稽古扇を頂戴するのがとても嬉しかったな~っ!

 

宗山流新年会25年 鏡餅.JPG

宗山流の鏡餅です。

あまりの乾燥に、伊勢海老の髭がポロリ… 急いでアロンアルファー!

 宗山流新年会25年 屠蘇器.JPG

こちらは宗山流の定紋、上り藤輪に揚羽蝶を蒔絵した三つ重ねの屠蘇器です。

 宗山流新年会25年 鈴.JPG

こちらは、[修羅扇(しゅらおうぎ)]と云う仕舞い仕立ての扇に三番叟の鈴を飾ります。

各御流儀によって、お正月の稽古場のしつらい[飾り付け]は様々です…

宗山流新年会25胡蝶.JPG 胡蝶は黒綸子の小振袖です!

お太鼓は、打ち出の木槌に宝づくしの刺繍の丸帯です。

 刺繍丸帯お太鼓 宗山流胡蝶.JPG

とっても古~うい帯です。

 

師範会、名取会、門弟会の入門順に盃を御受け頂きます!

新年会宴会 25年屠蘇式.JPG

お酒の強い方、弱い方色々いらっしゃって楽しいんです!

未成年のお嬢方はオレンジジュースでお盃です。

 屠蘇式に引き続き、御舞初めです。

参加者全員で[隅田川ぞめき]を踊って新年の幕開けです!

宗山流新年会25年 集合.JPG

今年は風邪や諸事情で参加できなかった方が大変多かったんです。

皆さん、体を大切にして下さいね。

 

宗山流新年会25年 宴会.JPG

そして観音裏の金太楼鮨で新年大宴会!

相変わらずの大盛り上がりに芸者の浅草聖子姐さんもたじたじ…

先日のお正月のNHKの番組で踊っていた聖子姐さんと、太鼓を打っていた半玉の千花、19歳です。

毎度宗山宴会を盛り上げてくれます!

新年会宴会 25年 ドンチャン.JPG

 

新年会宴会 25年 金太楼.JPG

 皆さんの笑顔から、胡蝶も沢山のパワーを頂きました。 

今年も、健康に留意して楽しくお稽古をしましょうね!

 

  

平成25年 元旦

2013年1月 1日

年改まりまして、初春の御喜びを申し上げます。

皆様におかれましては、穏やかな年明けを迎えられましたでしょうか…

宗山流胡蝶 道成寺 新舞踊.JPG

…ちよっと胡蝶としてはつまらない御機嫌伺いのセリフとなりましたね。

[年明け]が穏やかで炬燵で蜜柑を食べていないと… 日本人らしくない… 

そんな事を前提に御挨拶するようなら胡蝶も[焼き]が回ったと思われますね!

わたくしは除夜の鐘と共に良い機嫌で宇宙人踊り…踊ってますよ!

芸人[特に胡蝶家には…] 喪中も何もあたものでは御座いません。

震災や、大切な方との別れ、病、失恋、借金苦、肥満、不満、傲慢等で心が傷付いていらつゃる方の…

ほんの少しでも心の癒しになればと…[踊る]事しかできないんです。

何故踊るのか…?と自分に問いかけますが、『それが解らないから踊る』しかないのです…

踊る事の他に興味が無いのですから、大変な変人なんでしょうね。

少し踊りに疲れたら[お酒]がありますし! お酒を飲めば踊りの話題で宇宙人に変身です!

[胡蝶の酔っぱらいに多大なる迷惑をこうむっている方々続出]

  

毎年、年の初めには一年の計を心に掲げ、新たな目標に向かってスタートするのですが…

幼少期、十代、二十代の頃の目指す処とは随分と視線が低く、目指す山が現実的になって来ている事に我ながら気付き…『これではいけない!』と痛感している次第。]

 

今年は胡蝶の生まれ年の巳年の年回りです!

胡蝶は小学校の卒業式後の謝恩会で[鷺娘]を踊ったのが思い出にあります。

初めて自身の本公演として昭和57年〔1982年〕8月22日女形二人会として青山草月ホールで[現花柳妙右衛門]と開催いたしました。

まだ胡蝶が本名の[小松一]で出ているのが何とも…

二人會 宗山流胡蝶 

当時17歳でしたから、あっという間に…30年の月日が流れました。

怖いですね、印刷物は過去の[証拠物件]ですから…  嘘つけませんね!

img028 (563x800).jpg

これは平成元年のリサイタルのちらし… 懐かしいです!

金魚時代.jpg

金魚②.jpg

これは六本木のショーパブ[金魚]のママ時代の姿です。

気恥ずかしさと共に、認めざるを得ない真実の過去がそこにあります。

今年は胡蝶が[自立した舞台活動]を始めてから30周年の記念の年でもあります。

色々な意味で、これまでの作品を改めて練り上げて、30周年の節目として上演させて頂く一年にしたいと思っているんです。

宗山流胡蝶 舞台袖.JPG

今年も、皆様と一緒に日本の美しさ、楽しさを求め、創造してゆきましょうね!

 

大晦日のスカイツと月.JPG

昨晩、大晦日にベランダから、チャマが撮影した、スカイツリーと月です。

久々に、自宅でチャマ、辻屋のお父さん、下駄娘と4人で部屋宴会で年越しです!

行く年来る年とともに、観音様の除夜の鐘が聞こえてきます…

 

  

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集