HOME > 胡蝶をどり日記 > 2013年12月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2013年12月の日記

1月 1日 元旦 謹賀新年

2013年12月30日

年改まりまして、初春の御挨拶を申し上げます

皆様 新年明けましておめでとう御座います

125.JPG

今年も皆様にとりまして素晴らしい一年になります様

心よりお祈り申し上げます

056 (2).JPG

                 宗山流 胡蝶

12月30日 今年もありがとう御座いました

2013年12月30日

皆様、いよいよあと1日で今年も終わりですね。

私は久しぶりにゆっくりと、衣裳の整理やお稽古場の整理整頓などしながら年末を過ごしています。

今年も本当に沢山の舞台を踏ませて頂きました。

特に胡蝶の白塗り生活30周年記念の節目の年でもありました。

宗山流胡蝶 紫天神 遊女日本髪.jpg

とかく舞台の芸人というものは、自分の思い込みのみで一方的な芸を追求しがちです。そういう意味では客観的に自分を振り返り、この三十年間の私自身を冷静に見つめ直すことが出来たような気がします。

こだわりを捨てて、新しい表現方法で踊ってみたいと毎回思うのですが…

結局、調和を考えた安定した型に吸い寄せられていく自分を歯がゆく思いつつ、踊り三味の日々を過ごした一年でもありました。

宗山流胡蝶 風の盆恋唄 ラスト

この先、どこを目指して踊っていったらいいのか…

たまには、立ちどまってもいいんじゃないかな…

なんて… 思うこともあった1年でした

宗山流胡蝶 飢餓海峡 海老反り

一年一年、確実に低下していく身体能力との戦い。

その中からでも、見つけ出したい表現力と可能性を追い求めています。

門弟の皆さんにも、伝えたい[踊り]は沢山あるのですが…

手順と段取りをお教えする事だけでいっぱいいっぱいの自分に…本当にがっかりする事があります。

踊りの順番だけを教えるのであれば、胡蝶でなくとも充分なのではないか…

私にしか教えて差し上げられない事がもっともっとあるのに…

そこまでたどり着けないもどかしさに苦しんでいます。

 

来年は、振りの根本に潜むもの、心を表現する肉体訓練を重点的にお稽古進めたいと思っています。

101.JPG

中南米の海外公演で経験した色々な事は、とてもいい勉強になりました。

音楽や踊りというものは、言語を介す事なく、ストレートに国境を越えて初対面の皆様の心に飛び込んでいくことが出来る…

と云うことを確信出来ました

ゑり萬白無垢 宗山流胡蝶.jpg

来年も新たな出会いを求めつつ、もう一つそぎ落とした胡蝶の舞台をご覧頂ける様に勤めて参りたいと思います。

 

胡蝶… もはや、毎晩呑んだくれていますよ…

大好きなオーパースワンです…

目が据わって…います…

のんだくれ胡蝶.JPG

こちらは先日高知のふじ和流の家元から届いた伊勢海老です。

千川流二代目家元 千川貴楽さんたちとの忘年会でやっつけました!

ふじ和先生からの伊勢海老.JPG

今年も御馳走様でした。

そしてもう一つのドラマが…

しぶしぶチャマ.JPG

チャマ、何と愛娘の双子の妹のユイちゃんの、婚約承諾書に渋々署名捺印しています…

男親って… 本当に弱虫ですよねっ!

鮑釜めし.JPG

そして鮑の釜飯を浅草麻鳥さんにて…

 

お稽古場の新年の鏡餅もお飾りを済ませましたよ!

宗山流お飾り.JPG

今年一年本当にありがとう御座いました。

今年も沢山の貴重な舞台写真、楽屋写真を撮影してくれた下駄娘正恵、恵リンに感謝致します。

皆様にとりましても、来年がより一層素晴らしい一年になりますことを心から祈念いたしております。

12月25日 今年の胡蝶夢舞台

2013年12月25日

皆様、クリスマスは如何お過ごしでしょうか!

年末恒例の胡蝶夢舞台スペシャルクリスマスディナーショーも、今年で16年目を迎えました。

椿山荘と東天紅を一年おきで開催させていただいています。

今年は、池之端の東天紅での開催でした。

当日の様子をご案内いたしましょう,ね。

ディナーショーお出迎え.JPG

ディナーショーは毎回、名物のお出迎えから始まります。

出演者は今年は、黒地の振袖で揃えてみました。

あまり年齢に関係なく着用できるのも黒地の振袖ならではの利点ですね。

龍の丸帯.JPG

胡蝶のお太鼓は昭和初期の龍の刺繍の丸帯です。

東天紅2003宗山流門弟会.JPG

そして、宗山流門弟会の皆さんも、宗山流の会服、黒地に花薬玉の訪問着でお出迎えです。

東天紅2003宗山流胡蝶 (766).JPG

[今回ご都合で欠席された門弟会の方が多かったので残念です。]

クリスマス桃.JPG

生きるクリスマスツリーも登場です
怖いです
 

東天紅2003宗山流 親衛隊.JPG

ご来場の皆様も、思い思いにお洒落をしてご来場下さいました。

東天紅2003宗山流胡蝶 雪椿.JPG

日頃の舞台とはひと味違った華やかな雰囲気がディナーショーではお楽しみいただけますね!

PC230905.JPG

まずは、ご来場の皆様への今年一年の感謝と、来年のご多幸を祈って乾杯です。

東天紅2003宗山流胡蝶 乾杯.JPG

抽選会に引き続き、チャマのカラオケ…

ところが、今年に限って音響さんにキーチェンジャーの用意をお願いしていなかったため、チャマの自慢の歌声は、メタメタになってしまいました。

東天紅2003 蝶ノ介カラオケ.JPG

と、そこできらびやかなオネエ様、桃嬢が助け船を…

二人の強烈桃に助けられたチャマでありました…

東天紅2003桃対決.JPG

ここで二人の桃に大きな借りを作ってしまったチャマには…

今後どのような試練が待ち構えているのでしょうか。

と、ここで前段のアトラクションも無事終了。
お客様のお食事中に楽屋では舞台の支度に取り掛かっています。

036.JPG今回、胡蝶のオープニングは花魁姿で[妖艶恋桜花]を躍らせて頂きます。

宗山流胡蝶 妖艶恋桜花.JPG
衣裳は黒地に夜桜、篝火の裲襠の上に紗の桜の花びらを金銀の擦り箔で仕上げたものを重ね着しています。

いざ出陣.JPG

オープニングの衣裳の支度が整った出演者で開演前の一枚です。

東天紅2003宗山流胡蝶 見返り.JPG

東天紅のステージは奥行き、間口ともに手狭なため、とても大変です。
床も特設ステージにダンスフローアーを敷き詰めているので怖いほど滑るんです。
もはやアイススケート状態です。

東天紅2003宗山流胡蝶 妖艶恋桜花.JPG

今回の花魁姿は、伊達城傾と云う正式な衣裳ではなく略式の花魁のため、まだ滑りやすい舞台でも何とか踊ることが出来ましたが… ツルツルで怖かったです。

東天紅2003宗山流胡蝶 (165).JPG

華やかなオープニングは、扇づくし~艶姿恋絵巻で盛り上げます

東天紅2003宗山流胡蝶 南部蝉しぐれ.JPG

着替えを済ませた胡蝶は、黒地の井桁の小紋の裾引きで
今年のヒット曲、南部蝉しぐれをご披露いたしました。
東天紅2003宗山流胡蝶 井桁.JPGショーステージには、少々地味な印象ですが…
小紋好きの胡蝶に免じて、お許し下さいませ!

東天紅2003宗山流胡蝶 通訳.JPG

何と胡蝶のトークの通訳に…
あの、世間を騒がせた怪しい黒人手話通訳が登場!

そして、この衣裳でもう1曲…
十一月に惜しまれてこの世を去った演歌界の大御所…
島倉千代子さんの最後の1曲…
それも亡くなる三日前にご自宅のベッドルームで収録したという
[からたちの小径]を踊らせて頂きました。
東天紅2003宗山流胡蝶 からたちの小径.JPG
踊っている私も、その命がけの歌声に胸が詰まって涙が込み上げてきました
島倉千代子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そして、島倉さんの数々の名曲は、今後も大切に踊り続けて参ります。

東天紅2003 船頭 礼.JPG

そして、オープニングから一変して立ち役姿で登場したのは…
礼チャンの[船頭小唄]

女役を踊っている時よりも生き生きとして見えるのは何故でしょうか…

東天紅2003宗山流蝶ノ介 はぐれ.JPG

次に登場したのはチャマ、要コンビの[はぐれコキリコ]です。
宗山流では定番の演目ですが…
人気曲だけあって、お客様の見る目も厳しいので緊張しますよ…

東天紅2003宗山流扇.JPG

そして、宗山流扇さんの一曲は[噂の女~べらんめえ女傘]です。
客席から登場した扇さんは、貫禄十分に客席を圧倒します。
女座長の風格ですね…

 

胡蝶も芸者姿に着替えて客席に降ります。
東天紅2003宗山流胡蝶 さわぎ.JPG

お酒を召し上がったお客様が大変な盛り上がりです。

皆様の楽しんで下さっている同じ空気を吸って踊らせて頂くことの幸せを噛みしめつつ…


東天紅2003宗山流胡蝶 客席.JPG
皆様からの温かい拍手と楽しい笑顔の中を踊らせて頂き
今年も無事にディナーショーに辿りた事を感謝いたします。

東天紅2003宗山流胡蝶 江戸.JPG

 

東天紅2003宗山流胡蝶 江戸恋絵巻.JPG

そしてここで…
サプライズゲスト、舞踊歌謡の女王…
相原ひろ子さんの登場です。
東天紅2003宗山流胡蝶 (457).JPG
これにはお客様もビックリ!
新曲発表を兼ねてわざわざ駆けつけて下さいました。

東天紅2003宗山流要.JPG

引き続き、要も相原ひろ子さんの名曲[大川くずし]お踊らせて頂きました。

そして、礼、扇のコンビで[二人の大漁節]

東天紅2003宗山流 大漁節.JPG

今年も沢山のもの相舞踊を手がけた二人の息のあった踊り納めです。

東天紅2003宗山流胡蝶 長良川艶歌.JPG

胡蝶は、白地に鯉の衣裳で[長良川艶歌]を立ち役で…

東天紅2003宗山流胡蝶 胡蝶賞.JPG

そして、ここで改めて相原ひろ子さんに登場して頂き
抽選会の胡蝶賞を引いて頂きました。

ここからは、いよいよ大詰め…
相原ひろ子さんの新曲発表に引き続き
チャマの[助六模様]

東天紅2003宗山流胡蝶 決り.JPG

黒紋付姿のチャマの舞台に引き続き
ラストは出演者全員黒紋付、黒芸者姿で[壇ノ浦]をご披露

東天紅2003宗山流胡蝶 壇ノ浦.JPG

今年の踊り納めです。

東天紅2003宗山流胡蝶 御挨拶.JPG

今年も皆様の温かいご声援と拍手に支えられて楽しいディナーショーの舞台となりました。

東天紅2003宗山流蝶ノ介.JPG

そして、出演者一同によるお客様のお見送り…
東天紅2003宗山流 送り.JPG
ロビーのあちらこちらで楽しい会話がこぼれています。
角度凄い.JPG皆さん、風邪をひかないように年末年始をお過ごし下さいね…
相原ひろ子さん、サプライズゲスト有難う御座いました。
そして、ご来場の皆様も、風邪をひかないようにお帰り下さいませ…

来年もいろいろな企画で、新しい舞台をお目にかけたいと存じます。

今日はクリスマス…
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

世の中は12月に入ると、やたらとクリスマスムードを盛り上げてただでさえ慌ただしい師走を、とんでもなく煽り立てますね。
なんだか、プレゼントを用意して恋人や親しい友人とクリスマスを過ごさなければ世の中から取り残されてしまうような…
そんな企業の造り出した風潮に振り回されている方も多いと思います…
でも大丈夫… 
胡蝶は、そんな形式的なクリスマスの寂しさを払拭するために毎年ディナーショー企画して参りました。
お一人様大集合です!

今、1人でクリスマスを過ごされる方が多いと云うこと…
それを[クリぼっち]というそうです。
クリスマスを一人ぼっちで過ごす…
そういった意味だそうです…
大丈夫、私たちには楽しい踊りの夢、そして夢が沢山あります。
来年も皆さんとともに素的な一年になるように精進致します。

イヴのフグ.JPG

下町浅草の冬は、やはりフグが良いですよ!
 

イヴの蟹.JPG

胡蝶は、稽古場の大掃除と衣裳部の整理をしつつ
ゆっくりと年末年始を…

ワインを飲みつつ…
毛ガニを食べつつ…

過ごそうと思っています。
 

 





 

12月20日 博多座 [当代名流会]

2013年12月20日

日本橋公会堂での全国家元公演終了後、最終便で福岡に到着。

12月11日博多座で開催される[当代名流会]に出演のためです!

現地へは、恵リンと後見を勤めてくださる千川みつやさんが同行しました。

 

博多到着が深夜だったため、まずは福岡の夜に乾杯…

名物の博多明太子は4種類を盛り合わせたものです…

博多明太子.JPG

鮮度が命の透明の烏賊も美しいですね。

博多烏賊.JPG

翌日は朝一番での楽屋入りですから…

ハメを外すと大変な事に…

早々に解散してホテルで熟睡。

 

写真 胡蝶.JPG

今回、初めての開催となる当代名流会、胡蝶は2日目からの参加です。

序幕は長唄の[風流船揃え]です。

慶祥芳之 宗山流胡蝶.JPG

高知の慶祥芳之家元とは初の共演となります。

[風流船揃え]は山門大扇家元とは4回目の共演となります。

風流船揃 山門流家元山門大扇.JPG

午前中から大勢のお客様が博多座の舞台を見守ります。

慶祥芳之.JPG

初共演の慶祥芳之さんとも何とか無事にめることが出来ました。

胡蝶の定番は朝一番と、最後から二曲目…
これを、後先 [あとさき] と言います…
一度白塗りを落として、夕方から改めてお化粧をしました。
珍獣図鑑.JPG
名古屋からは、瑞鳳澄依二代目家元も参加していらっしゃいます。

珍獣図鑑です…

雪ぼたん 宗山流胡蝶.JPG

胡蝶は、相原ひろ子さんの生歌で[雪ぼたん]と、[白鷺有情]を引き抜きで踊らせて頂きました。

435.JPG

今回はこの引き抜きのためだけに、千川みつやさんに九州まで来て頂きましたよっ!
それだけに、お客様も本当に喜んで下さいました。

007.JPG山門流家元山門大扇 胡蝶.JPG

フィナーレには相原ひろ子さんの[風流水景色]を出演家元が華やかにメドレーで踊らせて頂きました。

東京からは、御歳86歳になられる深山流宗家も出演されて本当に華やかな舞台でした。

 

終演後は、劇場隣のホテルオークラ博多で打ち上げです。

以前からお名前だけは存じ上げていた九州在住の胡蝶流家元、胡蝶蘭恵先生と初のご対面…

胡蝶蘭恵.JPGお互いに初めてとは思えない感じが不思議でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
全国からご出演の家元、御社中の皆さんと夜中まで二次会…
そして三次会は、恵リン、みつやさんと博多の夜を満喫でした…
 

翌日は恵りんと、博多から車で湯布院へ…
久々に温泉でゆっくり…
という事で、湯布院でも指折りの名旅館
[亀の井別荘]へ直行!

17番.JPG

かの中村勘三郎さんも定宿として愛された旅館です。
その勘三郎さんが一番大好きだったと云う十七番のお部屋に泊まることが出来ました。
こちらの亀の井別荘は各お部屋が離れの造りになっています。

湯布院亀の井.JPG

夕食は、離れで頂戴いたしました。
亀屋野菜.JPG
胡蝶が一番気に入ったのは、この山菜鍋…
地元で採れた山菜やキノコのお鍋は、あっさりしていて最高でした。
写真.JPG久々の温泉に、部屋でぐっすりと朝まで熟睡しました。

翌日は車で別府温泉へ…
海地獄.JPG
別府は昔から豊富な温泉が湧き出る日本有数の土地です。
その昔、岩の間からわき出る温泉の煙を地獄の風景にたとえた事から、
この地方では、噴出す湯けむりの景色を[地獄]と呼んだそうです。
別府.JPG
もちろん、名物の硫黄のドロ風呂に入って来ましたよ!
久しぶりに二日間の温泉でリフレッシュして参りました…

 

この三日間程前から、本当に厳しい冬の寒さになってきましたね。
胡蝶も1年の締めくくり、ディナーショーに向けて体調管理しています。
夕べは、舞台スタッフ、音響さん、照明さんも参加してのリハーサル…
扇さんの音源制作、桃ちゃんの事務作業、要さんの衣裳の仕込みも最高潮の忙しさです。
何とか出演者も、そしてご来場のお客様も風邪をひかずにディナーショー当日を迎えられます様に…
今夜は、珍しくお酒を抜いて休肝日です。
衣裳の仕込み等しつつ… 肝臓を休ませます。

14970.jpg

こちらはディナーショーのオープニングで着用させていただく、夜桜に篝火…の裲襠です…



 

12月16日 全国家元大会

2013年12月16日

10日火曜日に行われました、社団法人新日本舞踊協会主催の全国家元大会、第4回東京大会の様子をご紹介いたしましょうね…

朝から、冷たい冬の雨が降るあいにくのお天気でしたが…

 

今回の序開きは…

長唄の吉原雀を、山門流家元の山門大扇と踊らせて頂きました。

全国家元公演東京 若泉.JPG

開幕前に関西の大御所、桐彩華家元と関東の横綱、若泉徳栄家元とご一緒に撮った一枚です。写真からも並々ならぬ後光を放っていらっしゃいますね…

胡蝶は、午前中の舞台が苦手なので…顔がむくんでいます…

全国家元公演東京 吉原.JPG

前日、たった一回半の確認稽古しかしていない、ぶっつけ吉原雀の開幕です…

稽古不足も幕は待たない~

全国家元公演東京 花道.JPG

何しろ、動作の早い振り付けの吉原雀を裾引きで踊りまくるのですから…

さすが、大先輩の山門大扇先生の振り付けとあって、すっかりリードして頂き、何とか勤めさせて頂きました。

日本橋 吉原雀.JPG

恐怖の吉原雀でありました…

 

全国家元公演東京 (315).JPG

沖縄公演でも、大変お世話になった陸奥の家喜美栄家元です。
今回は、沖縄の演目をご披露されていらっしゃいました。

御出演の家元方の熱演は続き…

中盤戦では、チャマと[連れ参り伊瀬音頭]を再現させていただきました。

全国家元公演東京 伊勢参り.JPG

出番前の花道の鳥屋での一枚です。

道中の男の頭に被っているのは、吉原被りという形式の手拭いを乗せています。
新内流しなども吉原被りをしていますね。

全国家元公演東京 伊瀬音頭.JPG

再演という事もあり、落ち着いて踊ることはできたのですが…

こういう演目は、やはり大道具を飾った舞台の方が雰囲気が出ますが…

日本橋劇場での家元公演は、序幕の金屏風以外の道具は一切飾らず、全員がホリゾントのみで上演することが決まりとなっています。

残念です。

全国家元公演東京 序の舞2.JPG

そして、後半は[序の舞恋唄]を踊らせていただきました。

全国家元公演東京 宗山流胡蝶 序の舞.JPG

本来は幕開きに上演させて頂くつもりでおりましたが、吉原雀の上演があ、後から決まったために、千秋楽間際の、序の舞…になってしまいました。

襟すり 宗山流胡蝶.JPG

これは、[襟擦り]と云う日本舞踊では基本的な振り事です。
襟元を整え、身仕舞いただす…と云う振りです。
シンプルな動作だけに、下手をすると胸元を掻きむしっているように見えてしまうので…格調もへったくれもなくなってしまいます。
気をつけましょう…

日本橋 花撒き.JPG

出演者一同による花撒きで、千秋楽です。

全国家元公演東京 ラスト.JPG

なんと、来年の家元大会東京公演は三宅坂の国立小劇場にて開催が決定いたしました。

実は、国立小劇場での開催を強く進言したのは胡蝶で御座いましたが…

本当に残念な事に、来年の開催日と胡蝶華舞台高知公演とが重なってしまい…

言い出しっぺの胡蝶は、出演出来ない事が今の時点で確実となっています。

 

なんと、終演後は翌日の博多座での当代名流会に出演するため…
山門大扇先生、陸奥の家喜美栄先生、そして胡蝶は博多に旅立ったのでした。

 

今日は、これからお稽古です。
夜は、ディナーショーのお稽古も山場を迎え、大変な事になっています。
博多座のご報告は、また改めてさせて頂きます。

胡蝶様13年クリスマス_表_2.jpg
皆様、23日の胡蝶スペシャルディナーショー、是非お出かけくださいませ。
今年も、あっと驚く企画を沢山ご用意いたしまして、
年末のひととき、最高に楽しんで頂く予定で御座います。

特に今年は… 大変な事が…

12月9日 台北の年末稽古

2013年12月 9日

先週の水曜日から台湾の千鶴流さんのお稽古に伺ってきました。

来年3月の千鶴流創流30周年記念公演の演目のお稽古の為です。

12月の台湾の気温は、18度~22℃ととても過ごしやすく快適な温度でした。

台湾2013 爽やか.JPG

こんなにさわやかな青空の台湾の空はは久しぶりでした。

 

朝の便で出発したので、お昼には台北に到着。

台湾2013 フカヒレ.JPG

もちろんお昼は、いつものフカヒレです。

 

午後からは、まず千鶴会の演目の確認。

出演者、衣裳、鬘の香盤表作りから始めました。

日本の舞踊会と大きく違う点は、上演時間が3時間前後と短時間にきっちりと集約して、開催する…というのが特徴です。

沖縄の宗山會も同様の上演形式でした。

ご来場になったお客様は、 幕開けから最後の演目までをすべて客席のままご覧になるのです。

日本の首都圏での舞踊会は、朝から夜までと長時間の上演のため、知り合いの演目と好きな演目を見て、客席は常にお客様の新陳代謝が行われながら千秋楽を迎えます。

 

夕食は鉄板焼きの新濱へ

台湾2013 濱.JPG

赤ワインです…

 

翌日のお昼は、簡さんの車で台北市内から40分ほどの山間のとても景色のいい日本料理屋さんに伺いました。

台湾2013 山.JPG

 

台湾2013 胡蝶.JPG

野菜を主に調理した精進料理と魚のお料理がメインです。

 

午後からは、個人舞踊のお稽古。

道成寺、妖艶恋桜花、端唄づくし、歌麿など大物の演目のお稽古が中心です。

皆さん、本当に一生懸命頑張ってお稽古しています。

 

何が驚くって…

一歳と八カ月の愛娘、朱里ちゃんが…

台湾2013 見事.JPG

何とお箸を器用に使って…

 台湾2013 朱里.JPG

ちゃんと食事をするんですよ…

衝撃的な光景でした…

恐るべし…朱里チャン…

 

そして、もう一つ恐るべしは…

台湾2013 五人男.JPG

来年三月の千鶴会のリハーサルが今月から…

それも…舞台を借りて行われている…

と云う事なんです…

台湾2013 竹田節.JPG

その力の入れようと云ったら… 凄かったですよ。

千鶴流30周年記念は、ベテランから若手迄、力を結集して…

本格的舞台の成功に向けて走り出していました!

台湾2013 千鶴流忘年会.JPG

三日目の夜は、千鶴流の皆さんと忘年会です!

 

そしてリーッインホテルへ…

台湾2013 ツリー.JPG

見事なツリーが一階のラウンジから五階の吹き抜けにそびえています

 

何と、ワインを片手に写真を写している時に、接触事故

肩からワインを浴びてしまいました…

台湾2013 (132).JPG

残念な一枚…

 

本当に来年の千鶴会が楽しみになりました!

宗山流も勿論お手伝いに伺いますよ!

胡蝶と行く、千鶴流30周年公演観劇とグルメ旅行2泊3日を企画していますよ!

是非皆さんもお気軽に御参加下さいね!

 

そして早速帰国。

今日は衣裳の支度などして、夕方から明日の吉原雀のお稽古を山門流家元、山門大扇と…

明日10日は日本橋劇場にて、全国新舞踊家元公演です。

序開きを山門大扇先生と、長唄の吉原雀を…

山門会 文楽楽屋 宗山流胡蝶.JPG

そして中盤戦でチャマと 連れ参り伊瀬音頭を再演。

胡蝶のソロは[序の舞恋歌]です。

明日は終演後に飛行機で九州の博多へ…

11日、博多座で当代名流会に出演させて頂きます。

序開きは山門大扇家元、慶祥芳之家元方と長唄の[風流船揃]を…

後半は、相原ひろ子さんの歌声で胡蝶舞いづくし[雪ぼたん~白鷺有情]を御披露させて頂きます。

行って参ります!

 

 

12月2日 48歳になりました

2013年12月 2日

いよいよ師走に突入しましたね。

清流会終了後、秀さんの御主人の御葬儀…

その後5日間と云うもの、今年初めて踊りから離れてゴロゴロ休暇。

何しろゴロゴロして赤ワイン呑んでいましたよ…

 

誕生日の前夜祭はコッシーと、恵リン、チャマと鉄板焼き、徳よしにて乾杯

とくよし

浅草で石垣牛を提供して下さる沖縄出身の御主人のお店です。

こちらは食品偽造はありませんよ。

053.JPG

二次会は観音裏のみかんにて…

もう大騒ぎ…

そして三時会は、いつものホテルラウンジにて

前夜祭ワイン.JPG

二本頂戴しましたよ…

2004年のオーパスワン、絶品で御座いました…

 

翌日30日は、いよいよ48歳になってしまいました。

48歳乾杯.JPG

華舞台幹部の皆と、親しいメンバーに雷門の月見草でお祝いして頂きました…

今宵の鮑.JPG

鮑のステーキにするこの見事な…

鮑ステーキ月見草.JPG

こんな姿になって再登場!

48歳ケーキ.JPG

実感はあるのですが…48歳は変な感じです。

若くも無く… 年配と云うには… どちらにも属さない感じの中途半端さです。

48歳のワイン.JPG

 

素敵な誕生日、皆さんから寄せられたバースデーカード等々、本当にありがとう御座います。

又次の目標に向けて精進致します。

今日は夕方から、今年最後の舞踊講習会の課題曲 [南部蝉しぐれ] の映像の撮影です!

ゴロゴロも終わりです…

今年もまだまだ舞台が御座います…

 

今月の講習会は12月14日 土曜日です。

小道具は扇です…

 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集