HOME > 胡蝶をどり日記 > 2014年1月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2014年1月の日記

1月12日 新年屠蘇盃式

2014年1月12日

本当に厳しい寒さの毎日が続いていますね。

昨日は新年恒例の宗山流屠蘇盃式と、新名取免状授与式でした。

新年稽古場飾り.JPG

お正月飾りを済ませたお稽古場は、整然としていて身が引き締まります…

今年は暦の廻りの関係で、例年より三日程遅い新年会となりました。

26年新年会宗山流胡蝶.JPG

十一日ともなると、お飾りの鏡餅も何だか変な気がしますね…

今年は、古代紫の綸子の色無地に刺繍の加賀紋です。

26年新年会 (8).JPG

稲荷宝珠の紋に四季花をあしらった五つ紋です。

袂は三枚重ねの紅裏と白綸子の比翼仕立てで古風です。

26年新年会 (3).JPG

帯は昭和初期の刺繍の瑞鳥[鳳凰]の丸帯です。

26年新年会 胡蝶お太鼓.JPG

お正月からシックにまとめてみました…

まず、新年屠蘇盃式に先立って、新名取の免状授与式です。

26年新年会 宗山流凛.JPG
今年は、瀬川由美子さんが宗山流凛を取得いたしました。

本部門弟会の皆さんが見守る中で、緊張の授与式です。

本部稽古場で執り行われる名取免状授与式は、古式にのっとった段取りで昔ながらに続けています。

本来は沖縄教室の名取式もこのような形で行いたかったのですが…
何しろ東京から遠く離れているため、儀式の御道具や諸々が調達しにくいところから残念ながら、略式のものとなってしまいました。

 

名取式に引き続き、恒例の屠蘇盃式です。
26年新年会 屠蘇.JPG
門弟の方お一人お一人に盃を指していきます。
一年間の無病息災と芸道精進を祈願して新年のスタートです。

26年新年会 利き酒.JPG

もちろん胡蝶も利き酒です…
さすが久保田です…
甘露甘露…
昨年、雪椿さんからお送り戴いた美味しいお酒…
御馳走様でした。

盃式に引き続き、お舞初めです。
もちろん舞初めは隅田川ぞめきです。
今年の新しいお稽古扇を手にして踊りましたよ。
26年新年会 (109).JPG
来年の二十周年を目指して、今年も楽しくお稽古したいと思います。

引き続き、観音裏の金太楼鮨で新年大宴会…
乾杯の発声は、コッシーです!
26年新年会 越能義之.JPG
聖子姐さん、千華ちゃんも顔を出してくれて大変な盛り上がりです。

蝶ノ介 宴会.JPG

後はもこの通り…
宴会好きの宗山流ですから…

新年会金太楼鮨.JPG
手の付けようがありません。

金太郎集合.JPG
今年も楽しい1年になりそうです。

 

帰りにちょっと寄り道して…

二次会シャンパン.JPG

チャマの行きつけで完敗です…

風邪が流行っています…
くれぐれも皆様、体調管理なさって寒い冬を乗り切りましょうね。

 

 

1月8日 山中温泉 かよう亭

2014年1月 8日

例年より雪の少ない山脈は、飛行機から撮った石川県上空です…

機上から.JPG

羽田を飛び立って50分たらず… あっという間に到着…

この六年程前から頻繁に通っている山中温泉のかよう亭にチャマと行って来ました。

毎年、雪景色のお正月ですが今年は雪の少ない石川県です…

白山.JPG

美しい霊峰白山…

小松空港に降り立つと、かよう亭の御主人、上口さんが車で迎えに来て下さっていました。

上口社長.JPG

上口さんは御歳81歳ですが

只ならぬ御元気さで一年中飛び回っていらっしゃいます。

かつては県会議員もお勤めで、加賀温泉組合長も長年歴任。

山中節の復興に本条秀太郎師匠と共に尽力されてきました。

本当に胡蝶の尊敬するお方です。

 

お昼時でしたので一路、石川県からお隣の…

福井県に足を伸ばして…

知る人ぞ知る蕎麦の名店 [一滴庵] へ…

一滴庵.JPG

何と、こちらの看板はかよう亭の上口さんが書かれたものです…

一滴 蕎麦.JPG

こちらはもり蕎麦…

こちらの蕎麦の魅力は、大野産の蕎麦の実の「早刈り」を使用している十割蕎麦…

製粉をこだわり抜いて自分でされておられるのが凄いです。

透き通った汁は、鰹節の香り高いきっちりとした味で美味しかったです。

 

そしてドライブをしつつ山中温泉の上口さんの経営される、かよう亭に到着。

かよう亭 玄関胡蝶.JPG

本当に何時伺っても落ち着く宿です。

三時前には到着した為、初日からゆっくり温泉でした。

 

初日の夕食は懐石をお願いしてありました。

しんじょう.JPG

こちらの食事は本当に… 

華美に走らずに、それでいて厳選された素材だけを使用して提供される極上の味だと胡蝶は感じています。

カラスミの蒸し者.JPG

カラスミの飯蒸し…

蒸籠の白木の香りが食欲をそそります。

かよう亭 寒ブリ.JPG

富山の氷見産の寒鰤は御覧のとおりの芸術品です。

香箱蟹 宗山流胡蝶.JPG

チャマがこよなく愛する、季節限定の香箱蟹…

香箱蟹は越前蟹の雌です。

凝縮された蟹の旨味が広がる逸品です。

 

ラウンジで女将さんたちと赤ワインで乾杯!

深夜の星空を見上げながら露天風呂でゆっくりさせて頂きました。

 

翌日は下駄娘正恵も遅めの正月休みと云う事で、浅草から駆け付けて合流…

昼から温泉三味…

 

山中温泉街の景色です。

風情ただよう温泉街の様子を留める街並みが美しいです…

山中温泉街.JPG

かよう亭さんはこの中心地から離れた、木立の中にひっそりとあるので、道行く人にはわかりまらん…

 

こちらは、かよう亭から歩いて15分の処にあるかの有名な[蟋蟀橋]です。

蟋蟀橋.JPG

蟋蟀橋の歴史はとても古く、[雪の山中] にも唄い込まれています…

こおろぎ橋 胡蝶.JPG

風情のある橋ですが、雪が無いのが残念です…

来月9日の和楽の会で、久し振りに[雪の山中] 踊らせて頂こうと思いました!

お楽しみに。

 

そして山中温泉街の真ん中に昨年他界された森光子さんの記念館がオープンしていました。

森光子記念館.JPG

森さんの当たり役 [放浪記] の舞台衣装、かつら等全て本物が展示されていました。

森さんの楽屋も忠実に再現されていて興味深かったです。

森光子楽屋暖簾.JPG

楽屋暖簾も何十枚も展示されていましたよ。

こちらは人形師、ホリヒロシさんから贈られた暖簾です…

森さんは、はんなりとした色合いのこの暖簾がとてもお気に入りだったと伺いました

森光子さんはこの山中とは御縁が深かったらしく、山中座という温泉街の中心にある劇場の名誉館長も務められていたようです。

ぜひ山中温泉にいらっしゃったら立ち寄ってみて下さいね。

 

そして二日目の夕食は正恵も大好物の [越前蟹] がメインです…

越前蟹 巨大.JPG

この美しい、朝獲ったばかりの越前チャン…

御免なさいね…

蟹づくし.JPG

お刺身も繊細です…

蟹刺し.JPG

水槽に囲ってあったカニは三日目から身が痩せてしまって美味しくないそうで…

その日に上がった蟹を提供するために、河岸の御休みの日には出さない…

と云う上口社長のこだわりです。

焼き蟹.JPG

焼き蟹も香りが良いですね…

温泉三味の夜は更けてゆきました…

DSCN3618.JPG

朝ごはんの正恵です…

かよう亭さんの朝ごはん… [日本一の朝ごはん] と名高いものです…

 

翌日三日目は、ゆっくりと… ダラダラ

お昼に山中温泉、かよう亭を後にして金沢へ…

26 (69).JPG

特別展示していた [加賀暖簾] と 北前舟によってアイヌから金沢にもたらされたと云う [あつし] を拝見して来ました。

加賀暖簾は別名[花嫁暖簾] とも云い、加賀では嫁入りの折に華やかな加賀友禅の贅沢な暖簾を持って嫁いだそうです…

 

そして昔ながらの花柳界の町並みが残る東の廓でお茶…

014.JPG

格子越しに胡蝶が居ますよ…

玉露を頂戴して一息…

DSCN3659.JPG

そして金沢の台所、近江市場を回りました。

活気溢れる市場の賑わいに、浮き浮きとした気分になりました!

そして、近江市場から歩く事20分…

 

片町の [小松弥助鮨] に…

こちらのお鮨屋さん… 知る人ぞ知る北陸の名店。

予約は四ヵ月待ちの大変なお店です。

営業はお昼のみです…

御主人はかよう亭の上口さん、道場六三郎さんと三人大親友と云う事から…

今回無理に予約を入れて頂きました。

弥助親方 82歳.JPG

こちらの親方、八二歳現役の鮨職人。

東京はもとより、全国からこちらの親方のお寿司を食べる為だけに来られる方が後を絶ちません…

弥助の鮑.JPG

鮑の水煮…

026.JPG

蛤… 

ツメの甘みが、初めての感触。

ツメとは、汁を [煮詰めて] 造るタレの事です。

煮詰めるの詰めるが ツメ です!

019.JPG

鮪のヅケに新鮮な海鼠腸 [コノワタ] を…

弥助 甘エビ.JPG

余りにも芸術的な甘エビの握りは最早、この世の物ではありませんでした…

盃弥助.JPG

やっぱり熱燗ですね…

拝領したくなるような、見事な盃…

※小松弥助の小松は、こちらのお店が、元々小松空港の側でお店を出されていた事から由来するそうです。

小松 弥助鮨さん

かよう亭、上口さん 

素晴らしい出会いに、感謝致します。

すっかり北陸を堪能させて頂き、小松空港から一路浅草へ

今年もいよいよ始動開始です…

1月4日 どっぷりお正月休み

2014年1月 4日

もう年末からゴロゴロ状態です。

ゴロゴロしつつ、[和楽の会]の入場券の印刷完了。

 

こちらはデザインの決まった来年の[今年の] 宗山流の稽古扇です。

宗山流26時紙.JPG

吉原繋ぎに宗山流の江戸角文字をあしらつたデザインです…

この地紙に白竹の骨を差して仕立てて頂きます。

このお扇子で平成二十六年もしっかりお稽古致しますよ!

門弟会の人数分と胡蝶が使い崩す本数を足して発注しています…

 

そして今宵もワイン…

こよなく愛する オーパースワン

 

新春オーパース (1).JPG

そして、ゴロゴロ…しつつ[和楽の会]のプログラム原稿完成…

 

年越しは久々に浅草の我が家にて… 鉄板焼き宴会。

アメリカから萌も帰国して年越し蕎麦…

辻家の皆さんも御一緒に!

 

年明けは勿論ゴロゴロ…

三月の清流会の入場券完成…

又してもゴロゴロ

一日は恒例の炭火屋き蔵にて新年の宴会

蔵のおせち.JPG

今年の目標は二日酔いを百日以下にする… と誓いつつ乾杯!

絶品焼きオニ.JPG

大好物の焼きおにぎりは蔵の絶品ですよ!

 

何しろゴロゴロ…

ゲート新春.JPG

浅草ゲートホテルのラウンジで

チャマ、下駄娘と…

グダグダ…

そして清流杉並会のプログラム完成…

今宵もグダグダ…

今宵もゴロゴロ…

 

浅草は5日迄、初詣の群衆で…何処のお店も、お昼から行列!

お昼を食べる事も、身動きも出来ないんです。

日頃誰も行かない、怪しげなお店の前にも長蛇の行列が…

あんな物を並んでまで食べるのか…? 浅草って凄いです…

本当ですよ!

 

痩せてはいけないので…

ワイン補給…

ロイヤル数の子.JPG

こちらは、1月4日の浅草地元のロイヤルでの数の子、雲丹です…

グダグダ…

ゴロゴロ…

 

※今年も大勢の皆様からおせち料理をお送り頂きましてありがとう御座いました。感謝致します。

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集