HOME > 胡蝶をどり日記 > 2014年2月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2014年2月の日記

2月20日 水上温泉

2014年2月20日

寒い毎日が続きますね…

今年は、数十年ぶりの大雪が関東地方に降ったと言われていますね。

今回の雪で幹線道路が寸断され、コンビニエンスストアーの食品棚から商品がなくなるという事態にとても驚いています。

それを考えると、雪深い東北地方の昔の生活は本当によく考えられていましたね。

三ヶ月以上も雪に閉ざされるということを想定して、薪をはじめ、乾物やお漬物など保存食を備蓄して長い冬を凌いだのですから…

どんなに便利な世の中になっても、先人の知恵には遠く及びませんね。

 

大雪の中での和楽の会を無事終えて、先週の水曜日から二泊三日で、今年も秀先生主催の英邑流新年会を兼ねた温泉大会が、今年は水上温泉で開催されました。

水上温泉旅行 バス.JPG

恒例のバス旅行ですが、行きの車中から宴会状態です。

英邑流のみなさん初め、宗山流有志、親衛隊の皆さんも加わって大騒ぎです。

水上温泉旅行 雪.JPG

胡蝶は到着早々に雪の露天風呂です。
夜はもちろん大宴会…
日頃のお稽古とは全く違った宴会芸の数々に、唖然呆然です…
水上温泉旅行 宴会.JPG
お面を被っていても、桃ちゃんだけは何故か解ってしまいますね…
何故か…

翌日は群馬県のお寺や苺狩りを楽しんで一日過ごしました。

水上温泉旅行 英邑流家元 英邑秀.JPG
吉祥寺のお寺に住み着いているアメリカンショートヘアーと戯れるチャマ…

052.JPG
 

苺狩り…

水上温泉旅行 苺狩り.JPG1時間食べ放題と言われても…
とてもとても食べきれるものではありませんね。
10分、7,8個で、お腹いっぱいになってしまいました。
胡蝶のようなヘナチョコリンは、とても元は取れませんね。

何とこの温泉旅行の翌日、またしても大雪…
一日違っていたら、道路が寸断されて帰って来ない処でした。



そしていよいよ宗山流では再来週に控えた台湾の千鶴会の支度であわただしくなってきました。

1609800_561760987245598_1742519878_n.jpg

鬘、衣裳の仕込み、音源制作からスタッフの渡航の手続きなどに追われています…

日本を離れた遠く台湾で、鬘、衣裳、大道具など本格的な日本舞踊の舞台をご披露するのですから、大変な手間暇を要します。
歌のゲストとして、相原ひろ子さんも出演されます。
後半では、[胡蝶演歌舞踊の世界]も上演されます…

そしてそれと並行して、杉並清流会の制作も着々と進んでいます。
杉並での開催は今回で御回目を迎えます。
今年も六十一曲の演目が並び、本当にありがたい事です。

巴流社中、春ノ桜流社中、佳久芳流社中をはじめ本当にたくさんのお流儀の皆様が、華やかな演目を繰り広げて下さいます。
 


門弟会の皆さんは、五月の宗山會のお稽古が本格的に始まっています。
今年も歌謡曲演目をはじめ、義太夫、大和楽の演目が並びます。
毎年新しい創意工夫を凝らして、一歩でも前進した宗山流をご覧頂きたいと考えています。
今年はどのような宗山會をご覧頂けるか… 命がけです。

今月から入門した佐々木くんです。

佐々木.JPG
若手男子部…頑張って欲しいですね。
 

2月11日 大雪の和楽の会

2014年2月11日

一昨日の日曜日に草加アコスホールにて開催されました、新春恒例の和楽の会。

今回で11回目の開催です。

 

前日の土曜日は、関東地方は20年ぶりの大雪に見舞われ、今年の開催そのものが危ぶまれました。

鬘、衣裳の搬入も降りしきる雪の中恵リンの命がけの運転でどうにかこうにか会場に運ぶことが出来ました。

会場内は快適な暖房設備のため、順調にリハーサルは行われたのですが…

11回和楽の会 lf.JPG

大物の演目、藤娘に挑む高校二年生の細井千絵チャン…

日本舞踊を初めて早くも10年選手です…

リハーサル終了後の夜8時過ぎには、大雪の影響で、在来線も止まってしまい…

大学の入試試験とも重なって草加駅付近のホテルはすべて満室…

駅前のタクシー乗り場には長蛇の列…

四十分以上吹雪の中を並んでようやくタクシーに乗り込み、命からがら浅草に帰還しました。

11回和楽の会 玄関 (2).JPG

胡蝶の12階のマンションもこの通りの雪景色…

 

幸い日曜日の朝には雪も上がり、驚くような晴天に恵まれました。

主催者、宗山流藍先生並びに出演者全員の願いが前に通じたのでしょう!

11回和楽の会 玄関.JPG

御陰さまで、心配されていたお客様の出足も上々で…

開園時から満員のお客様でした。

1部の着付け舞に引き続き、2部からは舞踊の分の開幕です。

11回和楽の会 雪の山中 宗山流胡蝶.JPG

胡蝶は一年ぶりに[雪の山中]を躍らせて頂きました。

前髪を取った洗い髪です。

11回和楽の会 雪の山中 - コピー.JPG

先月の舞踊講習会の課題曲でもある[雪の山中]だけに、ちょっと緊張しました。

特に下駄を履いても登場ですので、足元に細心の注意を払います。

ただ歩くだけでなく、雪道の雰囲気を出さなければなりません。

11回和楽の会 雪の山中2.JPG

なんと、今年初の白塗りです。
こんなに踊り始めの遅かった年は久しぶりです。

11回和楽の会 三人娘 (2).JPG

楽屋では越谷教室の三人娘が白塗りではしゃいでいます…

11回和楽の会 井原冴.JPG

井原冴ちゃんの[お祭りマンボ]に泥棒で共演するモモちゃんとの衝撃的一枚…
教育に悪そうですね…

そして、[隅田川慕情]に挑戦した恵リン
久しぶりの白塗りに少々戸惑っていましたが、
自分で塗ることが大切ですから、頑張りましょう。

11回和楽の会 金澤恵美.JPG

出演が終わると、浅草までワゴン車を取りに行き、
草加の会場まで衣裳、かつらの運搬に駆け回ってくれました。
本当にお疲れ様でした。
皆さんの献身的な陰の力が華やかな舞台を支えています。

 


11回和楽の会 黒子 宗山流要.JPG舞台袖では越谷教室の指導師範、宗山流要さんが黒子姿で舞台を見守ります…
11回和楽の会 雪舞い 宗山流胡要.JPG[

雪舞い]の出番を待つ宗山流胡要さんの緊張の時間です。

11回和楽の会 越前冬忍 宗山流遊.JPG

こちらは立ち役姿で[越前冬忍]の出番を待つ遊さん。

白地の綸子に金彩の波頭の衣裳が素晴らしいですね。

11回和楽の会 大川くずし 宗山流要.JPG

要さんは、[大川くずし]を芸者姿で御披露…
前半の奴さんの件がとても粋な曲です。


11回和楽の会 ゆきまい 宗山流扇.JPG
扇さんは、関西遊女の衣裳で[ゆきまい]を…初演です。

 

11回和楽の会 (499).JPG


今回は、同じ曲名の[雪舞い]も出ていますが、こちらは別の曲です…

すべての音響制作を担当する扇さん
無事故で舞台が進むように、気の休まる暇がありません。


そして宗山流巽さんと錦さんの息の合ったコンビで[それは恋]を上演。

いつも可愛らしい巽さんの梅川です。

歌舞伎役者のような錦さんの風情が素的…

11回和楽の会 宗山流錦 巽.JPG

客席からは、惜しみない拍手に包まれてものすごい盛り上がりでした。
 

そして緊張の藤娘…

宗山流  細井千絵 和楽の会.JPG

重たい本衣裳を身に付けて立派に踊りました。
若さ溢れる藤娘に会場には幸せな空気が流れました。

11回和楽の会 (100).JPGのサムネール画像のサムネール画像


来年は大学入試ですが、是非踊りを続けて欲しいと思います…

11回和楽の会 宗山流蝶吉.JPG

蝶吉さんは、新春らしく[寿松竹梅]を格調高く中高島田で…
紅梅白梅の引き着が初春らしい装いですね。

 

出番の衣裳で、なおもはしゃぎ廻る三人娘

11回和楽の会 三人娘.JPG

華やかな皆さんの演目に引き続き、恒例の胡蝶演歌舞踊の世界…

11回和楽の会 宗山流胡蝶 蝶ノ介.JPG

今年は初春を寿ぎ、義太夫の[萬歳]を胡蝶、要、扇、蝶ノ介で勤めました。

11回和楽の会 幕開万歳.JPG

黒紋付の袴姿の蝶ノ介と、黒の出の衣裳に唐織の丸帯をお太鼓に締めた芸者姿の私たち三人が浄瑠璃の糸に乗せて踊ります。

11回和楽の会 万歳.JPG
芸者姿ではありますが、御祝儀を踊るときは格調の高さを重んじて表現します。

なんと、この演目終了後、扇さんは営業のため目白の椿山荘に白塗り姿で駆けつけました。
白塗りに日本髪、雪の後の道路事情も考えて…
在来線での移動余儀なくされ…

image.jpg
気を付けて行ってらっしゃいませ…

11回和楽の会 宗山流藍.JPG

引き続き、和楽の会の主催者、秋元総合学院学院長、宗山流藍さんの演目
大和楽の[四季の花]を艶やかに踊られました。
若やいだ桜色の綸子に花の丸の刺繍を施した中振袖の引き着です。
初春から絢爛豪華な演目が並びます。

11回和楽の会 湯の町エレジー 宗山流胡蝶.JPG

そして胡蝶は[湯の街エレジー]を洋髪で勤めました。
こよなく愛する、祇園ゑり萬さんの菊唐草の地紋の綸子の白無垢です。

11回和楽の会 (223).JPG


何とも表現の仕様のないこの独特の雰囲気がゑり萬の命です。

白無垢の衣裳というものは、帯合わせと小物の色相で役柄そのものを表現します。
帯締め帯揚げの色そのものがとても際立ってしまうため、細心の注意を払って組み合わせます。
何か一つ間違えただけで役柄がぶれてしまうのです。

11回和楽の会 (222).JPG

帯締めは、湯島の組紐司、道明さんの段ぼかしの冠組です。
胡蝶の使用する帯締めは、ほとんど道明製です。
そしてお帯揚げ、しごきは勿論、祇園ゑり萬の飛び絞りが定番です。

ささやかな胡蝶のこだわりです。

11回和楽の会 おゆき 宗山流要.JPG

要さんは、黄八丈の格子の引き着におもちゃづくしの昼夜帯を締めています。

11回和楽の会 (600).JPG宗山流独特の衣裳の色合わせです。
今回は、要さん初役の [おゆき~旦那様] 
回数を重ねて練り上げて行って欲しいですね。

そしてお大御所モモちゃん…

11回和楽の会 桃.JPG


自前の桃の番傘で御目見得です。

11回和楽の会 越前 宗山流胡蝶.JPG

胡蝶は、黒地に波頭の裾引きで[佐渡の恋唄]です。
実はこの洗い髪、[雪の山中]で使用したものとは別なんです。
雪の山中で使用した洗い髪は漆黒の毛を使用した特別なカツラです
この佐渡の恋唄で使用している洗髪は自然色の髪を植えたものです。

11回和楽の会 祈り.JPG
同じ洗い髪でも役柄によって使い分けています。
ビンの取り方も微妙に違います。

蝶ノ介、要の[はぐれコキリコ]も、沖縄でのライブ以来3回目の上演となります。

11回和楽の会 はぐれ.JPG
毎回少しづつチャマの間が違うので、要はとても苦しんでいます。

チャマいわく、『毎回が新鮮な気持ちで、初心に戻る…』
などと得体の知れぬ理屈をぶっこいて…

創作が得意なチャマです…

11回和楽の会 宗山流 胡要.JPG

そして、凛々しい立ち役姿の胡要さん
[大江戸浅草花太郎]に挑戦です…
熱心なお稽古の甲斐あって、素晴らしい出来上がりでした。

そして胡蝶の立ち役は黒紋付で[助六模様]を初演させて頂きました。

11回和楽の会 助六模様.JPG
登場早々、一瞬傘がおちょこになってしまい…
危うくお笑い演目になるところでした

P2091396.JPG
本当に舞台は何が起こるかわかりません。
今年もスリル満点の1年になりそうです。

沢山の雪が残る足元の悪い中、最後まで暖かい拍手を頂いて
今年もありがたい幕開けとなりました。

11回和楽の会 ラスト.JPG


是非今年は、宗山流にも新しいお弟子さんが増えてくれること切に願っております。
人間幾つになっても、新たな事に挑戦して、自分の知らなかった自分を見つけ出すことが生き甲斐になりますよ。
勇気をもって是非宗山流の門を叩いて下さいませ。

 

そしてこちらは、胡蝶が台湾から帰還した夜に空港から直行した
観音裏の料亭、婦冶多さんでの節分のお座敷

浅草聖子 節分 (5).JPG

今回、聖子さん、千文さんの余興の振り付けを胡蝶がさせて頂きました。

浅草聖子 節分 (1).JPG


お座敷も大変な盛り上がりで、寒い冬をぶっとばす勢いです。
 

P2050014.JPG



写真撮影は下駄娘正恵嬢でした!

2月4日 台北の旧正月

2014年2月 4日

台北にしては肌寒い気候の旧正月…

台北のお正月は老暦[旧暦]でお祝いします。

1560779_701067506591508_474717954_n.jpg

各家庭の玄関前では祖先に祈る[拝拝 パイパイ] のしきたりがあります。

拝む… はいする… パイパイ です

1601572_701067476591511_1959365111_n.jpg

紙幣の模造品等を大量に火に投じて繁栄を願うのです。

1623507_701067616591497_1885025524_n.jpg

勿論、爆竹も鳴らしますよ。

胡蝶、台湾の旧正月、今回初体験です…

1896785_701100136588245_61031080_n.jpg

お昼は、千鶴流のご近所の香港料理のお店にて…

お正月の台北は街中から爆竹の音が聞こえてきますよ>

 

それにしても携帯電話を日本に置き忘れて…

携帯電話という文明の利器にいかに支配されているかを思い知らされました…

キャッシュカードも手元に無いと… 心細いですね…

打ち合わせを済ませて、明日帰国します。

明後日は常稽古です。 拝拝…

2月3日 間抜けな話聞!

2014年2月 3日

今日は先日鬘合わせをして日本に持ち帰ってきた金型から鬘を制作して胡蝶が台北に届ける日で御座います。

土曜日の和楽の会の総浚いに引き続き、昨日は和楽の会の衣裳の仕込み、

浅草の某芸者衆の節分の余興の衣裳も納めて、要さんの和楽の会の振り付けもして…

夜は久々に恵リンと三角でフグ…

毛蟹、

深夜三時まで台北の資料を整理しつつ、小道具等荷造りをして…

お風呂に入ってから仮眠。

五時には起床して、稽古場から鬘の入ったダンホール箱を三個とスーツケースを持って予約してあったハイヤーに乗り込み、いざ羽田の国際線へ…

到着した羽田で車を降りようとした時に…

ショルダーバッグが無いんです。

稽古場に置き忘れです…

財布もカード類も、携帯電話も…

無一文なんですよ、大量の荷物を持って…

浅草まで引き返して往復したらフライトに間に合いません…

誰にも電話も出来ず…

愕然…

不幸中の幸いに、コートのポケットにパスポートと台湾紙幣が…

ハイヤーはいつもの馴染の会社の事なので後日の支払いと云う事で決着…

恐る恐る航空会社のカウンターへ…

訳を話して、どうにかパスポートだけで、強行チェックイン

荷物の重量オーバーの加算分は台湾¥で何とか支払ってすっからかん…

携帯も、お財布も、カードも無いまま飛行機に…

命からがら台北に到着!

空港には迎えに来ていた清美夫妻…

一安心で腰が抜けましたよ…

無事に鬘と帯類、舞扇を届けられて何よりでしたが…

やはり、無一文で携帯無しはこたえますよね…

千鶴流本家に到着して、ようやくパソコンで日本と通信できましたが…

何と云う粗忽者の胡蝶でありましょう…

やはり早朝の稽古場に置き忘れてあった胡蝶のバック…

どうかしてますよね!

勿論カメラも携帯カメラも無いのでこちらの様子がお伝えできません…

笑ってくださいませ…

宗山流胡蝶 半身.JPG

とりあえず着物の胡蝶の顔でもご覧になって、

間抜けな私を忍んでください

笑ってやって下さいな!

水曜日、すっからかんで帰国します。

羽田空港から徒歩で浅草に戻ります…

2月1日 怒涛の日々...

2014年2月 1日

旧暦の旧暦のお正月、大寒のこの季節からが一年で一番厳しい寒さの到来ですが…

幸せな事に、小春日和に一息といったお天気ですね。

講習会 山中.JPG

お正月以来、久々のブログで申しわけありません。

あまりの御無沙汰に…
胡蝶死亡説が流れるやら、逃亡説が流れるやら…
はたまた、飲みすぎのある中で体が震えている伝説が流れるやら…
皆様、ご心配には及びません、
胡蝶は昨年にも増して元気で御座います。


ただ、のんびりと過ごしたお正月休みのツケが回って来まして…

常稽古、台湾の稽古、沖縄教室のお稽古、来週に控えた和楽の会の支度に追われる毎日です。

相撲昇り.JPG

風にたなびく胡蝶の相撲幟です。

初場所4日目の両国国技館に蝶吉さんとご一緒いたしました。

初場所桟敷 胡蝶.JPG

当日も勿論…横綱白鵬の1人勝ち。

初日から怪我で、西の横綱は球場…

お芝居と違って、主役クラスの役者が病気休演のため、誰それが[代役]というシステムがないため…

横綱の休場や、人気力士の不戦勝などは何だかとっても大きな穴が開いてしまい…

高額の升席のお客にとっては、相撲興行のあり方そのものに疑問が残りますね。

こうなったらもう、桟敷で飲むしかありませんね…

 

羽田国際.JPG

1月18日には千鶴流30周年記念公演のためのかつら合わせに職人さんと台湾に行って参りました。

気温5度の厳しい寒さの羽田空港を出発。
三時間五十分で、気温21度の台北松山空港に到着。

この温度差がたまりません。

3月の千鶴会では、六十枚近いかつらを使用するために大がかりなかつら合わせが必要です。

千鶴流鬘合わせ.JPG

和紙で輪郭を取り、新規のかつらを合わせる千鶴流宗家、千鶴美扇です…

かつら合わせで一番大切なのは、鬘の輪郭となる[クリ]をよく合わせる事です。
ただ単に被った鬘が[痛い]か[痛くない]かを確認する作業ではありません。
痛いというのは、鬘が合っていないのです。
それは論外ですね。
人それぞれの顔にあった生え際の鬘を合わせる事が一番大切です。

なんと、一歳と八ヶ月の灯里ちゃんが、見よう見真似で[北斗の星]を踊って見せてくれました。

朱里北斗.JPG

驚くべき英才教育ですね…

初舞台が楽しみ。

 

台湾は今、渡り蟹の美味しい季節です。

渡蟹の粽.JPG

たっぷりと卵を抱えた蟹を蒸し上げて頂戴します。

桜海老の.JPG

私の一番大好きな[桜エビとセロリの炒め物]です。

これ…本当に香ばしくて美味しんですよ!

是非お試しあれ。

 

翌日は[道成寺]や[お七]、衣裳のぶっ返りがある[義経]と言った大掛かりな演目の御稽古でした。

皆さん本当に真剣に取り組まれて、本場目指して頑張っています。

北京ダック.JPG

二日目には[北京ダック]の御店に伺いました。

カリカリの皮をふっくらとした食感のクレープで包み、日本よりもあっさりとした味付けの仕上がりでした。

台北加賀屋提灯.JPG

湯けむりただよう、台北の加賀屋さんです。

良いお湯でしたよ…

 

かつら合わせ、プログラムの構成、演目の構成、衣裳のチェック、集中稽古と…

あっという間の三泊四日

台北の翼.JPG

帰りの飛行機から見た、冬の台湾の空は幻想的な雲の色に包まれていました。

 

帰国すると連日の常稽古。

浅草の芸者衆の二月の節分の余興のお稽古も付けさせて頂いていますので…

てんてこまい…

和楽の会の会の演目をお稽古する方、

五月の宗山會の演目のお稽古に入られる方…皆さん真剣です。

 

そして今年初の舞踊講習会は、俚奏楽の名曲[雪の山中]を前後編に分けて今月来月と2ヶ月で行います。

講習会 前半山中.JPG

歌謡曲と違い、三味線の糸にのせる体の動きを勉強して頂ける良い機会かと思っています。

皆さん頑張って下さいね。

 

そして講習会翌日は二ヶ月ぶりに沖縄に…

講習会 (20).JPG

沖縄教室の稽古です。

台湾同様、那覇も浅草とは打って変わって、気温18度のとても過ごしやすい快適な気候です。

今回は、宗山流江さんの自宅お稽古場にてお稽古させて頂きました。

[湯の街エレジー][人生道][夢の浮橋][大阪しぐれ][竹]…

三日間の集中稽古… 沖縄の皆さんも真剣です。

今年も那覇での[胡蝶をどりライブ]を開催できればと思っております。

二泊三日の沖縄教室の集中稽古を終えて浅草に帰還。
連日連夜のお稽古続きです。
今年も昨年同様、忙しい1年になりそうです。

呑んだくれ胡蝶.JPG

忙しい合間にも、呑んだくれていますよ…

今日から二月、皆様もインフルエンザや風邪には、くれぐれも注意して下さいね。
胡蝶も雨にも負けず、風邪にも負けずに頑張ります。
今日はこれから和楽の会の総浚いです。
明後日からは、また台湾です。
帰国して来週の週末は、いよいよ和楽の会本番。
今年は、例年より遅めの初白塗りとなります。
是非皆様応援に来て下さいね。
 

台北2014リモア.JPG

これは最近お気に入りのリモアのスーツケースです。

胡蝶の旅のお供です。


 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集