HOME > 胡蝶をどり日記 > 2014年6月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2014年6月の日記

6月27日 梅雨の土佐、那覇

2014年6月28日

皆様、梅雨空の毎日…如何お過ごしでしょうか。

御陰さまで、肋骨のヒビもようやく痛みが薄れ、回復しつつあります。

三越劇場の公演の前後は、咳をするのも寝返りを打つのもとても激しい痛みでどうなることかと思いましたが…

そんなことは言っていられませんので…

日々慌ただしいを稽古に励んでおります。

皆様から御心配のお声を沢山頂戴いたしまして、恐縮しております。

ありがとう御座いました!

16日から高知公演の打ち合わせと、お稽古に伺って参りました。

土佐の高知城.JPG

梅雨時の南国土佐、霧に煙る高知城の天守閣です。

叔母のマンションのベランダから真正面に高知城を望みます。

毎回ご協力頂くふじ和流の皆さんのかつら合わせやお稽古も順調に進み…

A4チラシ表_.jpg

今年も[胡蝶華舞台、高知特別公演]の開演を待つばかりです。

土佐の高知 蘇鉄.JPG

こちらは、高知の父の生まれた実家の庭にある、樹齢百年を超える蘇鉄です。

何時伺って拝見しても、ため息の出る立派さですよ!

大河ドラマの [竜馬] でも、土佐藩の武家の屋敷の中庭等に蘇鉄が配されていて…

南国土佐の雰囲気が良く伝わって来たのを思い出しました…

南国のお庭には、やはり蘇鉄ですね。

 

そして、高知城に程近い追手筋に、最近再オープンした [きくや] さんで…

土佐の高知 きくや.JPG

伯父、叔母、従兄が久し振りに顔を合わせての夕食!

高知の味を気軽に味わう事の出来る老舗です。

きくや 酢物.JPG

大好きな土佐の酢の物には、柑橘系の香りづけが欠かせません!

実は胡蝶の親戚でもあるお店です!

皆様、高知へお出かけの際には是非、きくやさんに寄って下さいね!

 

そして二十一日、今月の胡蝶舞踊講習会は…

発売以来30年近い人気の演歌 [長良川艶歌] を新振り付け致しました。

6月講習会 長良川艶歌.JPG

宗山流では、夏の遊女で上演したり、立ち役で振り付けしたりと様々な演出で上演して参りましたが…

今回はオーソドックスな女踊りとして構成しました。

6月講習会 宗山流胡蝶.JPG

本来はまだ単衣の季節ですが、とても蒸し暑かったので絽の着物を…

お稽古場に太陽光線が降り注いでいるため、裾の雪輪の染め引田がハレーションを起こしていてよく見えませんね!

6月講習会 お太鼓.JPG

お太鼓は、絽の唐織、観世流水に蝶の織り出しです。
胡蝶にしては珍しく、おとなしい帯選びですね。

いやあ~
絽でも単衣でも… 踊ると暑いですっ!

 

講習会翌日の日曜日には、インターネットテレビに出演させて頂くために恵リンの運転で新宿のスタジオへ…

社団法人国際魅力学学会のマダム路子さんがパーソナリティを務めるインターネットの番組です。


マダム路子.JPG

先日の宗山會を見て下さった路子さんが… [中央のピンクのドレスのご婦人がまだ路子さんです。]
「従来の日本舞踊の会は、友人知人の演目が終わるとさっさと帰ってきてしまうのが当然と思ってきたのに、宗山會の舞台を見て、最初から最後までご覧になっていかれる熱狂的なお客さんがあまりにも沢山いて衝撃的だった…」
と、大変感動してくださり…
是非生の胡蝶の話が聞きたいという事でお呼び頂きました。

私のごつい体は…テレビ向きではなく、舞台向きですので…
本当に恥ずかしかったです。

収録が終わり浅草に戻ってから、観音裏のお気に入り [久いち] さんに駆け込んで…
今が旬の鮎の姿鮨…
鮎鮨 .JPGそしてこちらは,親方お勧めの焼き魚、ノドグロです。

のど黒焼き.JPG

とろけるような舌触りですよ。

見て下さい。親方のこの包丁さばき…

千切り山葵.JPG極上の本山葵を目にも留まらぬ鮮やかな包丁で千本に刻みます。

美 山葵巻.JPG

オーソドックスで、シンプルな巻物だからこそ、この極上の技で頂戴すると感動がありますね。
繊細で香り高い江戸の鮨職人ならではのわさびの細巻きです…

胡蝶の浅草グルメリポートでした!

翌日二十三日からは早朝から沖縄教室のお稽古へ…

又近日中にご報告させて頂きますね!
うっとうしい毎日が続きますが、皆様も体調壊されないようになさって下さい。
 


 

6月13日 梅雨の晴れ間

2014年6月13日

三越劇場終了後…

実は初日の二日前のお稽古の時に左胸の肋骨にヒビが入ってしまいました。

幽霊の寝ながら動きながらしゃべる…無茶な動作に付いおかしなひねり方をしてしまったんでしょうね…

少々強めの痛みどめを頂戴して…

千秋楽には激しい動悸にも襲われまして…

本当にどうなる事かと思いましたが、何とか三越劇場公演切り抜けました。

 

振り返ってみると、三月の台湾の千鶴会、杉並清流会…

五月の宗山會から三越の[応挙繪噺再幽霊]まで、休養らしい休養も取らずに突っ走って来ましたから…

罰[撥…?]が当たったんですね。

三越公演翌日はぐったりとしていましたが…

 

宗山會以降たまっていた、残務やら衣裳部の整理…

マンションのお掃除も気になっていて…

だらだらと三日かけてすっきりさせました。

 

普段の昼食は並木藪のお蕎麦なんですが…

029.JPG

この季節になるともう一つのお勧めは…

住まいのマンションから徒歩三十秒の…

妙光寺蕎麦長浦の梅干素麺が絶品ですヨ…

 

久しぶりに宗山流翔さんとゆっくりお夕食。

そのまま観音裏のミカンで、赤ワイン乾杯…

 

体調に加え,気分的にも精神的にもあまり良好ではない今日この頃でしたので…

私ご覧の通り…
自己中心的で、自分の思い通りに事が運ばないと不機嫌になってしまうという…
とんでもなく我儘な人間なので…
このところ面白くない事ばかりが続いて…

女子会温泉思いつき…

浅草の聖子姐さんを誘って熱海行きを決行…

突然思い立って…新幹線で一路熱海へ
昼食は、大好きなフレンチレストラン、熱海春陽亭で…

熱海 界 蓬莱 春陽.JPG

季節が季節なので、大雨も覚悟の上の旅行だったんですが…
レストランのテラスからは、相模湾越しに初島まで見通せて素晴らしいお天気でした

実は…
実は、日頃から親しくして妹のように可愛がっている浅草の聖子ちゃん…
体調不良でしばらくお座敷を休んでいたんです…
お客様は勿論の事、浅草花柳界の皆さんが心配していらっしゃいました。

熱海出発前日の浅草見番の理事会で…

まさかの[おめでた宣言…]

皆さん、拍手で喜んで下さったようですヨ。

楽しみですね… 母として、浅草芸者として益々光輝いて行くことでしょう。

熱海 界 蓬莱 春陽亭.JPG

とにもかくにも、嬉しい御目出度発表になりました。

のんびりと昼食を済ませ一路今回の宿、星野リゾート 界 熱海へ

熱海 界 蓬莱 玄関.JPG

何とこちらの旅館は、日本の名旅館として名をはせた元の超高級旅館 [蓬莱] なんです。
時代の流れには逆らえず…
星野リゾートグループに経営権をを渡して現在に至ります。
 

熱海 界 蓬莱 門.JPG

私も本当に久しぶりに来ましたヨ。

石畳から玄関までの雰囲気はかつての蓬莱を彷彿とさせます…
とても胸が熱くなりました…

日の高い内から緑に囲まれたお風呂にゆっくりと浸り…

熱海 界 蓬莱 緑.JPG


大きな檜造りの湯船から、駿河湾を一望して半年分の疲れを洗い流しました
 

10384551_283153048530740_6341451356896731450_n.jpg

 

何と、然の開催にもかかわらず,ひと足遅れで浅草から駆けつけた正恵が到着…

突然だったのでお店を休むわけにはいかなかったので…
仕事を済ませてから新幹線で駆けつけました…

熱海 界 蓬莱 (32).JPG

ここで改めて、聖子のお祝いとひと足早い正恵の誕生日の乾杯です!
久々に浅草の喧騒を離れて、のんびりとした熱海の夜でした。

さすがに半年間の疲れがどっと出て…
胡蝶は夜十一時には爆睡…

DSCN5199.JPG

起き抜けの朝風呂も最高でした。
遅めの朝食…

熱海 界 蓬莱 朝食.JPG朝からこんなにきちんと食事を頂戴する事も、温泉ならではですね…

熱海 界 蓬莱 (53).JPG

ここでひと足先に浅草に帰還する正恵…
数万本の後ろ髪を引かれつつ…

現実世界へと帰って行きました…

お昼までのんびりさせて頂いた私と聖子…
何と帰りに…
元蓬莱の女将が見送って下さいました。

熱海 界 蓬莱女将 宗山流胡蝶.JPG
代変わりした後もこちらの旅館でお勤めをなさっているとの事。
なんだか複雑な気持ちで…
栄枯盛衰の世の中を感じずにはいられませんでした。

そこで胡蝶は…かねてから拝見したかった名画…
六十五年ぶりにその存在を確認され、箱根の岡田美術館に所蔵された…

深川の雪.JPG


歌麿の肉筆画 [深川の雪] の特別展示を拝観に…

昨年秋に開館したばかりの岡田美術館は、箱根登山鉄道の小涌谷下車…
大勢の皆さんが、幻の名画を一目見ようと押し寄せていらっしゃいました。

深川の雪 宗山流.JPG
横幅三メートル以上の本当に大振りな掛け軸です。
雪景色を望む座敷には、江戸好みの縞や格子の着物、粋な裾模様の芸者が集う日常が生き生きと描かれ、息を呑む美しさ…
改めて江戸の奇才、浮世絵師歌麿の美意識を200年の時を超えて見せ付けられました。

お昼は、藤田観光さんが所有する旧藤田邸の別邸、[椿山荘]で蓬蕎麦を頂戴致しました。

小涌谷 椿山荘.JPG

勿論お昼からビールですヨ。

熱海 界 蓬莱 生.JPG


聖子は体調気づかって温かいお茶で乾杯です。

今回…つかの間の温泉での休養でしたが…
肉体的と云うよりは…
精神的に絶不調だった胡蝶にとって、

母になる覚悟を決めた聖子から沢山のパワーを頂戴した…

素的な休養になりました。

 

今日はこれからお稽古です。
お昼からは高知からのお弟子さんもお稽古にきます。
いよいよ高知公演の仕込み、夏の久喜清流会の稽古に入ります。

 




 

6月9日 梅雨入りの応挙

2014年6月 9日

今年で三回目となる若柳禄寿先生主催の春秋男組公演が日本橋三越劇場で開催されました。

公演日初日が東京の梅雨入り宣言でした。

応挙の幽霊 宗山流胡蝶.JPG

この作品は、落語の[応挙の幽霊]を題材に、後日談を付け加えて爆笑人情喜劇に仕立てた池田政之先生の傑作です。


今回も初演同様、幽霊を演じさせて頂きました。

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 路地裏.JPG

この作品は、怪談物…と云うよりは人情喜劇の色合いが濃く、あまりおどろおどろしくないのが特徴ですね。

とは言っても、やはり写真で見ると怖いですね。
この幽霊の役というのは、お化粧が独特なんです。

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (159).JPG


血の気の引いた感じを出すために、赤みを一切抑えて顔色悪く作るのがコツなんですね…

写真だけご覧になったのでは、とても喜劇どころではありませんね。

応挙繪噺再幽霊 三越 合田.JPG


舞台上では、座長の合田雅史さん演じる卯之助と、佐藤正宏さん演じる太鼓持ちが幽霊の掛け軸を売り払う算段をしています…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (267).JPG

何といっても,ワハハ本舗の佐藤さんの太鼓持ちがやたら絶品!
粋で軽妙な感じが本当に江戸の風情を醸し出します。
そして松竹新喜劇からはベテランの曽我廼家寛太郎さんの田舎者のお大尽がからんでウキウキ感は最高潮です。

そこに酒好きの幽霊が掛け軸から抜け出してくるという趣向です

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (337).JPG

幽霊は、掛け軸に閉じ込められてしまった経緯を面々と語り出します。

やがて長屋を巻き込んでの大宴会となります。

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (456).JPG自分が幽霊である分際をすっかり忘れて三味線まで持ち出す始末…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 三味線.JPG

お稽古不足の三味線なので… 恥ずかしい次第ですっ…
一番緊張致しました…

幽霊の存在とは気づきながら、まんざらでもない卯之助…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (673).JPG

すっかり女房気取りの幽霊ですが…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 ほっ.JPG

何ともちゃっかりとした幽霊です…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (693).JPG

ところが卯之助の実家の跡取りの兄が亡くなったという知らせが…
卯之助は、嫁取りをして実家を継ぐことになります…

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (1013).JPG死んでから六十五年… 実年齢は九十を過ぎ…
生き別れた息子との再会を果たして 軸の中に帰っていきます。

息子といっても、六十五年前に生き別れていますから…
息子も六十八歳です…
この可笑しさが池田先生ならではの本格的コメディですね。

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 (1082).JPG

卯之助も実家の大店に戻り、美しい女房もらって幕となります。

休憩時間二十五分をはさんで第二部は舞踊です

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (108).JPG

これは、辻元さんの楽屋暖簾の前で桃ちゃんに撮影してもらいました。

幽霊は襟足の白粉も薄いので、こってりと白く塗り直しです。

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (3).JPG

三ツ衿を引いているのは…扇さんです。

真剣な化粧直し中にもかかわらず…

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (8).JPGのサムネール画像

チャマはホリヒロシ先生と、先生作のお人形と記念写真です。

ホリヒロシ先生は,日本を代表する人形作家の一人で
ご本人も幼少の頃より吾妻徳穂先生の直門、師範の資格を持ちです。
自ら制作されたお人形をあやつって踊るという[人形舞]を確立された方です。
いつも良い処取りのちゃマです。

 

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (141).JPG

そうこうするうちに厚化粧の娘、たけくらべの美登里が仕上がりました。

本来娘役の踊りを苦手とする私ですが…
禄寿先生のお振り付けで踊らせて頂くという規格なので…
 

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 万灯.JPG


巨大娘が踊ります…

この演目は,樋口一葉の[たけくらべ]の美登里を題材にした演目です。

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 みどり.JPG


江戸の娘らしく、白地のちりめんに薄墨で大胆な格子を染めて
帯は板締めの昼夜帯を角出しに占めています。
吉原の初夏のお祭りの風情を出すために、髪には菖蒲のつまみ簪を差していますよ…

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (57).JPG

こちらはホリ先生の扱う花魁のお人形です。
辻本さんが左手を扱います。

何と…このお人形の振り付けも今回は禄寿先生です。
素晴らしい色気のある動きに客席からもため息が漏れました。

応挙繪噺再幽霊 三越 宗山流胡蝶 幕.JPG

バラエティ豊かな禄寿先生門下の男組のみなさん初め、出演者一同揃っての幕切れです

応挙繪噺再幽霊 千秋楽.JPG

千秋楽の緞帳が閉まり、皆さんとの記念写真です。
林家木久扇師匠も、曽我廼家寛太郎さんも揃っての賑やかな一枚です。

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (147).JPG

本当にこちらの公演、春秋男組…
と銘打ちだけあって、男性ばかりの一打ですね。
胡蝶は複雑な立場ですが…

実は千秋楽の開演前…
生まれて初めての激しい動悸に見舞われ…
心拍数の高鳴りに立っているのもしんどい状態になってしまいました。
二階席まで超満員の千秋楽ですから、穴を開けるわけにも行けいきません…
急いで薬を飲んでふらつく体で舞台に上がらせて頂きました…
今から思うと必死で、セリフをどんなふうにしゃべっていたのかが思い出せないくらい空白の時間になっています。
さぞお客様不審に思われた事と存じます…
休憩時間に少し落ち着いてきて、お芝居の時よりは目まいもおさまり何とか千秋楽させて頂きました。

応挙繪噺再幽霊 宗山流胡蝶 (107).JPG


出演者の皆様にもご心配をかけ、大切な千秋楽に影を落としてしまい本当に申しわけ御座いませんでした。
何とか無事穴を分けずに勤めた事だけが救いで御座います。

合田雅史  宗山流胡蝶.JPG

こちらは美登里の衣裳で合田さんとの記念写真です。
日頃女優さんと演技をなさっている男優さんが、女形を相手に芝居をすると云う事は、

何かと勝手が違い本当に大変な事だと思います。
お疲れ様で御座いました。

6月2日 応挙繪噺再幽霊 再演

2014年6月 2日

無事、宗山會も終了…

でも安心している場合ではない胡蝶なのであります。

例年の五月末から六月初旬にかけての気温とはかけ離れた夏日の毎日…
6月6日から3日間にわたって行われる

応挙繪噺再幽霊リハ (3).JPG

春秋男組の第3回目の公演の稽古の真っ最中ですっ…

上は、前日のリハーサルての写真です!

胡蝶、心霊写真です…

応挙繪噺再幽霊 稽古.JPG

今回は、二年前に初演されました超喜劇 

[応挙繪噺再幽霊] 〔おうきょのえばなしごにちのゆうれい〕 の再演です。

 

16回宗山會印刷物 (3).jpg


この物語は、落語の応挙の幽霊…が題材…

商業演劇でご活躍の池田政之先生が脚本を手がけた抱腹絶倒の江戸人情喜劇に仕上がっています。

胡蝶は初演から、繪から抜け出したおうきょの幽霊役を頂戴しています。

今回の相手役、卯之助役には、水戸黄門の [角さん] でおなじみの合田雅史さんです。

合田雅吏.jpg

身長183センチとあって、胡蝶も膝を折らずにお芝居が出来ます。

そして前回同様太鼓持ちには、お馴染み…
初演同様、ワハハ本舗の佐藤さんが好演しています。

img311.jpg

今回の上演は、多くの皆様からのリクエストで再演となったため…
制作サイド、出演者も前回以上に熱が入ります。

落語が題材となった作品という事で、初演の小朝師匠に変わり、
今回は、林家木久扇師匠が登場します。

林家木久扇.jpg


胡蝶演じる幽霊は、古道具屋から買ってこられた掛け軸の中から供えられたお酒につられて繪の中から抜け出します。

そこから始まる奇想天外なストーリは池田先生ならではの筋立てです。

三越劇場 応挙の幽霊 宗山流胡蝶 岡本健一 (2).JPG

又、第二部の舞踊の部では、人形師ホリヒロシさんの花魁のお人形が
執着獅子を踊るという企画です。

春秋稽古 (10).JPG本当に巧みな動きで圧倒されますヨ。
胡蝶は、若柳禄寿先生の振り付けで [たけくらべ] 踊らせて頂きます。
こちらは今回使用する[たけくらべ]のみどりの衣裳です。

宗山流胡蝶 たけくらべ衣裳  (2).JPG

鏑木清方の繪から題材をとって、白地縮緬に墨の濃淡を利かせた大振りの格子を染めました。

宗山流胡蝶 たけくらべ衣裳  (1).JPG帯は板締めに染めた、竹の破れ格子に花の丸です。

宗山流胡蝶 たけくらべ衣裳 如源昼夜帯.JPG


裏には、胡蝶と織り出した特製の如源裏の繻子の昼夜帯です。

本当に何方がご覧になっても楽しめる公演となっていますので、是非お越し頂きたいと存じます。

そして、そんな忙しいお稽古の合間には、
先週の宗山會の打ち上げを日本橋の日本料理、櫻川でさせて頂きました。

DSCN5077.JPG

出演者の皆さん、それぞれに舞台の話に花が咲きました…

DSCN5081.JPG

皆さん綺麗に正装して来て下さっているのに…
胡蝶だけはお芝居の稽古から直接駆けつけたために…
お稽古着に素顔のままです…

DSCN5080.JPGのサムネール画像

本当に申しわけ御座いません。

今日もこれから稽古に行って参ります。
 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集