HOME > 胡蝶をどり日記 > 2014年10月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2014年10月の日記

10月23日 霜降...

2014年10月23日

爽やかな秋日和から、いきなり…十一月末の気候になってしまいましたね!

今日は二十四節季の [霜降] ですね。

実は、十日程前から、私の愛用している自宅のデスクトップパソコンの調子が悪く…

新機種に入れ替え等大々的に行ったために…

又してもおどり日記の更新が遅れてしまいました…

やっと一息つきましたので、園の会後の[喜泉会]さんの様子から御報告しましょうね!

11日の土曜日、杉並の西荻勤労福祉会館で喜泉吉昇家元主催の創流15周年の[喜泉会] が開催されました。

今回は特別ゲストで出演させていただきました。

この日も台風19号が沖縄から近付いてきていました…

幸い、杉並の空は何とか大丈夫でした…

喜泉会 宗山流胡蝶 集合 (2).JPG

喜泉流の皆さんは、日頃から多くの舞台に立っていらっしゃるそうで、清流会にもご出演されています。

喜泉流としての舞踊会は初の開催となります。

進行は扇さん、蘭さん…

後見はチャマ、桃にてお手伝いさせていただきました。

 

今回胡蝶が10年ぶりに締めさせていただいた帯は装束崩しの納戸色地の唐織の丸帯です。

喜泉会 宗山流胡蝶 唐織.JPG

この帯、10年前に花柳寿楽さん[当時花柳錦之輔] さんと [二人椀久] を踊らせて頂いた時に仕立てたのですが…

実は当時の仕立てがとても悪く、あの舞台以来締めずにいたのです。

素晴らしい唐織なので今回綺麗に仕立て直して、久しぶりに着用しましたよ!

喜泉会 宗山流胡蝶 白無垢.JPG

今回は胡蝶は演歌舞踊を三曲躍らせていただきましたよ。

[恋ものがたり] を踊っています…

喜泉会 宗山流胡蝶 恋ものがたり.JPG

女心マックスの曲ですね…

ほんのりとしたホリゾントがポイントです…

ホリゾント… とは舞台の背面の白の照明で染める幕の事です。

特に大道具を使用せずに、照明のみで雰囲気と情景を表現するのに重要な舞台機構です。

ともすれば、演目そのものの印象を決定付けてしまうので、重要です。

 

こちらは賛助出演で[]ひばりメドレー] をご披露する杉田浩子さん…

又の名を…西荻舞浩。

喜泉会 宗山流胡蝶 (72).JPG

杉並清流会の実行委員長でもある舞浩さんの流石の艶姿ですね!

喜泉会 宗山流蝶ノ介.JPG

十数曲の後見に挑んだチャマ…

責任重大です。

 

今回も親衛隊の皆さん、客席に大勢いらっしゃって下さいましたよ!

喜泉会 宗山流胡蝶 親衛隊.JPG

ロビーでの一枚です。

喜泉会 宗山流胡蝶 白紋付.JPG

 

喜泉会 宗山流胡蝶 城.JPG

ラストに立ち役で [城] を踊らせていただきました。

終始、緊張の喜泉吉昇家元はじめ喜泉流の皆さんでしたが…

喜泉会 宗山流胡蝶 集合.JPG

無事、大入りの中に幕を下ろされました。

皆様、また次の目標に向けて頑張って下さいね!

 

そして翌日、10月12日の浅草公会堂…今年も全国舞踊協会の舞台にゲスト出演させて頂きました。

まず胡蝶の一曲目は[阿国花歌舞伎]

宗山流胡蝶 御国 (3).JPG

歌舞伎の創始者といわれる、出雲の阿国です。

この髪型は [元禄三ツ輪] です。

前髪をトサカに振り分けて、織物の伊達鉢巻を締めています。

宗山流胡蝶 御国 (2).JPG

阿国に関しましては、[これが決まり…] と云う形式が、他の役に比べて無いのです。

演じる方の好みによる処が大です。

胡蝶は、鬘、衣装のの袖無し羽織、帯の形、幅など、この形式をオリジナルで工夫して定番にしています。

宗山流胡蝶 御国 (1).JPG

実際のところ、元禄時代に京の四条川原で念仏踊りの阿国がどの様な存在であったかは不明です。

謎めいているからこそ、後世の我々が想像を膨らませて演じる楽しみがあるんですね。

 

開幕前、迫下です。

迫下.JPG

チャマが撮り下ろしました。

珍しいシヨットです…

 

そしてチャマ、要、扇三人の演目 [舞曲雪月花] はこれまた10年振りの再演です。

表紙5.JPG

宗山流ならではの訳の判らない、派手な演目です。

舞曲雪月花 蝶ノ介.JPG

立ち役でも、雲上人や、やんごとなき身分のような雰囲気の役処は裾を引きますよ。

[特に胡蝶的えんしゅつでは…ですが]

歌舞伎では在原業平や、川連法眼館の義経が裾を引いていますね。

舞曲雪月花 宗山流扇.JPG

実はこの打掛、全身総刺繍で本当に重いんですよ…

開幕直前に、舞台袖で着るんですよ。

舞曲雪月花 要.JPG

袖口、や袖付けの部分は、紫の紐で綴じられていて [常盤衣(ときわごろも)] と言う特殊な仕立てです。

三人して重たさに耐えて躍り抜きました…

 

そして胡蝶も四年ぶりに [梅川] です。

本当にこの梅川の支度も独特の形ですね。

宗山流胡蝶 梅川 - コピー.JPG

返し襟に、紅白の帯締めは関西遊女の定番ですが…

意外と形に成りにくいんです。

美しさは大切ですが、派手になってはいけないんです。

梅川 宗山流胡蝶 (2).JPG

梅川の色気は [哀れ] が憂い(うれい)となって滲み出る事が基本です。

廓を抜け出して来ているので贅沢な鼈甲の櫛は差しません。

勿論…素足ですよ

櫛を差して、足袋を履いている方がほとんどですが…

いけません。

梅川 宗山流胡蝶 (3).JPG

何~んて、私も偉そうな事は申せません…

あまり云々申しますと、[胡蝶は生意気だ…] と

新舞踊の先生方に吊るし上げられてしまいますので…

云うのやめとこ…

 

梅川 宗山流胡蝶 (1).JPG

新口村の印象的な大道具、[方示杭(ほうじぐい)] です。

よく、[しんくちむら]の[立て看板]を大道具さんお願いします…

なんて変てこりんな事をお口にしてしまわれる御師匠様方がいらっしゃいますが…

これは [にのくちむら]  の山里を示す方示杭 [ほうじぐい] ですよ…

あっ…いけない…また吊るし上げられちゃう…

 

ってな訳で、一週間四連ちゃんの舞台も何とか勤めさせていただきました。

 

翌日からは…那覇のお稽古でした。

IMG_1952.JPG

東京との温度差に又しても驚きつつ…

勿論、三日間に渡る集中稽古に加え今回は、那覇のFMラジオに出演させて頂きました。

地元沖縄の有名ロックバンドの草分け、ムラサキバンドのリーダーと一時間のトークでした。

那覇の夜.JPG

何と、忙しい合間を縫って、下駄娘正恵が那覇に…

一泊の息抜き旅行でした。

沖縄教室の皆さんは、地元での舞台出演が何かと多く沢山の曲をお稽古しましたよ。

来年三月の那覇での[胡蝶をどりらいぶ]で、師範の江さんと、紫さんが出演されます。

 

浅草の秋は深まりつつあります。

舞台に追われます…

今週末、浅草公会堂での東京新聞の名流祭です。

今年も大顔合わせの、華やかな一日です。

宗山會沖縄会 佐渡の恋歌.JPG

胡蝶は [佐渡の恋唄] を取りにて踊らせて頂きます。

 

10月10日 第13回 園の会

2014年10月10日

高知から戻って二日後、10月8日、秋晴れ…

大井町のきゅりあんにて、第13回 園の会にゲスト出演…

何と、第二回から出演させて頂いていますから…

12年目です… 驚き…

13回園の会 黒芸者.JPG

今回の[胡蝶舞づくし]は、黒の出の紋付の芸者姿です

皆様が、いわゆる…[芸者]をイメージする典型的な正装のスタイルですね。

ある意味ではどなたがなさっても形になってしまうのですが…

それだけに、その時々のコンディションや等身大の自分の姿が手に取るように出てしまうんですね。

13回園の会 胡蝶.JPG

それなりに襟を正してきちんと取り組ま無いと形にならないスタイルなんですヨ…

13回園の会 桃.JPG

桃ちゃんは[羅生門]を炸裂させました。

何をどうすればこんな目付きになれるんでしょうね。

目は口ほどに…

誰もかなわない芸当です。

13回園の会 宗山流 扇.JPG

流扇さんはもはやライフワークのようになっている[関東春雨傘]を鮮やかにご披露…

いつもながらキリリとした…この姿

やはりひばりさんの歌声で踊っているとお客様が本当に喜ばれますね。

胡蝶も先日の高知のふじ和会で久しぶりに踊らせて頂きました。

13回園の会 権田.JPG

後半は権田格子の引き着に着替えて[追分くずし]を踊らせて頂きました。

粗野な小紋の引き着は粋な江戸の庶民の風俗です。

銀杏返しに黄柳の鬢櫛を差していますよ…

 

振り返ればあっという間の12年間…

園の会を初めてお手伝いさせて頂いた第二回目の頃の事が昨日のように思い出されます。

 

13回園の会 パラダイス.JPG

会主の園の流家元、園雀園さんと門弟会の皆さんです。

胡蝶もすぐに白塗りを落としてお手伝いさせて頂きましたヨ。

13回園の会ロビー.JPG

扇さん、桃ちゃくに加えて、ガクが運搬と音響手伝いに来てくれました。

平日だと云うのに、2階席までびっちり満員のお客様…

回を重ねる事の大切さを改めて感じた一日でした。

 

今日は、午前中から浅草公会堂で名流祭の下ざらいでした。

第30回清流会の制作もいよいよ本格的になってきました。

音響作り、かつら合わせ、衣裳の仕込み等など…

複数の会の支度に追われる毎日ですが、華やかな踊りの舞台に携わる仕事をしていればこそ、楽しみつつ乗り越えられるのでしょうね。

明日はいよいよ、西荻勤労福祉会館で喜泉会が開催されます。

明後日の日曜日は、日本舞踊協会公演が浅草公会堂で本番です。

今週は、高知を皮切りに4回の舞台を踏ませて頂いています。

台風19号がこちらに向かって来ているそうですが、明日、明後日は何とか東京は大丈夫そうです。

これから明日の[胡蝶舞づくし]を浚って寝床に潜りこみましょう。

 

10月7日 胡蝶嵐に舞う...

2014年10月 7日

10月5日に開催されました[ふじ和会]も…

またもや台風の接近…

思えば胡蝶ほど…台風に愛される芸人がおりましょうや…

一昨年のふじ和会の折も、当日に台風が襲来…

スタッフは当日の飛行機で東京に戻れずに足止め…

去年の10月の那覇宗山會の折も台風騒ぎで出演者、スタッフとも予定を前倒ししての現地入り…

そして今年の7月の胡蝶華舞台高知公演でも台風襲来…

そして今回も…

あまりと云えば的中率が高すぎて自分でも怖くなります。

高知ふじ和会26年 (11).JPG

こうなると私をゲストに呼んで下さっている皆様も…

胡蝶を呼んでいるんだか、台風を呼んでいるんだか解ったもんではありません。

そのうちに胡蝶を呼んだら台風が来るからやめておこう…

必ずそんなことになってしまうと思います。

 

前日から天気予報では高知近辺を直撃の噂が…

さすがに今回ばかりは…

高知ふじ和会26年 (13).JPG

と…思いのほか、開場1時間ほど前から入場待ちのお客様の影が…

開演時にはあっという間に超満員。

全自由席という事もあり、立ち見状態の大入り満員でした。

高知ふじ和会26年 (26).JPG

幕開きは、会主、土佐ふじ和流家元 ふじ和美和先生の[松の寿]から開幕です。

格調高く一日の幕開けを彩ります。

高知ふじ和会26年 (40).JPG

そして、何と云っても、ふじ和会の魅力は笑顔はじける若手の皆さんの舞姿です。

大幅に平均年齢を下げるこのチームは、余所の流派にはなかなか見られ無い強みですね。

高知ふじ和会26年 (38).JPG

何と、小笠原大地君の舞妓姿…

本物の舞妓さんのように綺麗ですね。

女の子達に混ざってもちっとも引けをとりませんでした。

S__507917.jpg

胡蝶の演目は、[狭霧の宿]と[湯の街エレジー]をご披露させて頂きました。

S__507916.jpg

そしてちゃマは、[助六模様]をご披露…

[抜け六]になら無いように注意しなくてはいけませんね。

今回は後見もさせて頂いているため、忙しくバタバタと立ち回っていました。

御苦労様で御座いました。

高知ふじ和会26年 紋付.JPG

後半胡蝶の立役は、[花の生涯]を黒紋付で…

今回は少々お化粧の仕上がりが白かったかな…と思っています。

立ち役の顔の色はとても難しいのです。

あまり黒すぎると野性的でゴツく見えますし…

白すぎるとバカ殿状態…

高知ふじ和会26年 (75).JPG

特に紋付き袴姿の化粧は中間で行かなくてはいけないので難しいのです。

本当に雨にも負けず風にも負けず…

高知ふじ和会26年 集合.JPG

終始大入り満員の土佐ふじ和会でした。

高知ふじ和会26年 ロビー.JPG

終演後はロビーで、出演者一同のお見送り…

胡蝶は紋付姿で恥ずかしかったので陰に隠れていましたヨ。

ふじ和会の皆様、本当に本当にお疲れ様でした。

そして今回も台風を連れて来てしまって本当に申しわけ御座いませんでした。

一度台風の親分とじっくりと話をしておきますので…

 

もちろん今回も駆けつけてくれたコッシー…

打ち上げではこの通り

高知ふじ和会26年 歌揚げ.JPG

チャマと二人で熱唱です

二次会は市内のホテルのラウンジで、チャマとコッシーと三人で…

高知ふじ和会26年 ワイン.JPG

赤ワインです。

実はこの一年程前から…

日本酒を卒業して赤ワインしか飲めなくなってしまった胡蝶であります。

年齢のせいでしょうか…肝臓への負担が少ないため…すっかり赤ワインばっかりです。

日本酒で一晩呑み通す体力がなくなってしまったんですね。

 

会終了後の夜中には、高知も台風本番…

翌朝には台風一過ですっかりと晴れ渡り…

気持ちの良い秋晴れです。

午後の飛行機で浅草へ帰還致しました。

147.JPG

 

138.JPG

夜には、ベルリンから戻ってきた愛娘、萌と松茸で完敗でした。

 

先月末に開催致しました、胡蝶の舞踊講習会

懐メロの名曲[影を慕いって]の様子も記載させて頂きましょう。

影を慕いて 講習 (17).JPG

羽織を使ってのしっとりとした振り付けにしてみました。

肩に掛けている羽織を、きっかけでパラリと落とすところがミソなんですが…

なかなか上手くいかずに皆さん大騒ぎ…

今回も本当に大勢の受講生の皆さんの熱気で…

賑やかな講習会になりました。

影を慕いて 講習 (7).JPG

次回は12月の開催です。

 

明日は、大井町のきゅりあんホールで[園の会]です。

ちょっと踊りをさらって、ゆっくり寝ましょう。

今宵は休肝日です。

赤ワインはオ休みです。

明日の舞台に備えて…

皆様おやすみなさい…

10月2日 土佐ふじ和会

2014年10月 2日

明日から高知入りです…

日曜日、5日は高知県立美術館ホールにて、ふじ和会さんの舞踊会が開催されます

土佐 ふじ和会

胡蝶の高知公演ではお馴染のふじ和流さんの発表会です!

特別演目として[胡蝶舞いづくし]も御覧頂きます!

高知近県のお客様、お時間が御座いましたらお越し下さいませ!

何と…台風接近…

祈りますっ…

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集