HOME > 胡蝶をどり日記 > 12月7日 アゼルバイジャン最終公演

胡蝶をどり日記

12月7日 アゼルバイジャン最終公演

2014年12月10日

12月6日、グルジアからアゼルバイジャンの首都、バーク空港に到着。

アゼルバイジャン乗り込み6日 (4).JPG

石油の産出量が豊富な事から、美しく整備されている空港や街並みが目を奪います。

夜の9時半に到着しましたが、こちらにもアゼルバイジャンの大使館方がお迎えに来ていて下さり… お仕事とは言え頭が下がりました。

アゼルバイジャン乗り込み6日 (6).JPG

ホテルにチエックインして、まずはカスピ海を望む絶景のレストランで乾杯です。

アゼルバイジャン公演当日  (46).JPG

どうですか…この大胆な生野菜…

アゼルバイジャン公演当日  (56).JPG

これがアゼルバイジャン流儀だそうで…

惚れ惚れしますね!

アゼルバイジャン乗り込み6日 (1).JPG

ここは、風の街…と言われる程、風の強い海に面した街です。

翌日の最終公演に備えて、山中師匠と手を繋いでホテルに引き上げる胡蝶であります…

アゼルバイジャン公演当日  (62).JPG

今回の最終公演の会場となるのが、ラシッド・ベフブドフ国立歌劇場です。

旧ドイツ時代からの歴史ある劇場でした。

こちらでの公演は、開演時間が夕方の5時と早いため、何かと慌ただしいリハーサルでした。

アゼルバイジャン公演当日  (74).JPG

楽屋から舞台袖に通じる階段が、天井が低く、道成寺の金冠が支えてしまうので…

巨大花子は階段の一段下がった処で待機です。

売れ残りの巨大人形が倉庫の隅に置いてあるようですね…

アゼルバイジャン公演当日  (10).JPG

長いようであっという間の、12日間、四回公演…

感慨無量でした…

アゼルバイジャン公演当日  (102).JPG

今回、海外四箇所で[道場寺]そして歌謡舞踊の[天城越え]を踊らせて頂けた事に深く感謝致します。

アゼルバイジャン公演当日  (111).JPG

千川流二代目家元 千川貴楽さんの[安宅の松風]

そして[鏡獅子]も現地の皆様の喝采を頂戴して…

アゼルバイジャン公演当日  (127).JPG

特に獅子の登場の時の場内のざわめきと言ったら…

袖で拝見していても感動しました。

アゼルバイジャン公演当日  (119).JPG

そして、千川みつやさん…

今回、道成寺の所化をはじめ、舞踊や歌舞伎の解説、実演をして大人気…

特にアゼルバイジャンの最終公演では、いつの間に特訓したのか…

現地の言葉でお客様とやりとりをして、大喝采。

隠れた努力に頭が下がりました。

アゼルバイジャン公演当日  (152).JPG

そしてフィナーレは今回の海外公演の為に造られた曲の演奏に乗せて出演者全員での出演です。

アゼルバイジャン公演当日  (121).JPG

この12日間が一気に集大成しての千秋楽です。

ウクライナ舞台 (382).JPG

現地の照明さんも失敗ばかりで、挙句には舞台に見入ってしまい…

お仕事にならなかったと云う始末に… 笑うしか御座いませんね!

アゼルバイジャン公演当日  (162).JPG

 アゼルバイジャンの日本大使もご一緒しての記念撮影。

アゼルバイジャン公演当日  (212).JPG

終演後は帰国に向けての完全梱包で大変です。

 

アゼルバイジャン公演当日  (44).JPG

そして打ち上げは、カスピ海を望むイタリアンレストランを大使館の尾畑氏が手配して下さって…乾杯です!

何が何でもワインですっ…

アゼルバイジャン公演当日  (61).JPG

 

 

翌日は朝から国営テレビの生放送に出演するために、千川さん、山中師匠、鷹くんが早起きして下さいました。

胡蝶は早朝からの白塗りが恐ろしく…ご辞退申し上げて…

午前中はホテルでのんびりと過ごさせて頂きましたよ!

 

午後からはアゼルバイジャンの日本大使にお招き頂き、アゼルバイジャン料理のレストランで昼食会でした。

アゼルバイジャン帰国日  (12).JPG

 

最終の帰国日という事もあり、平服で構いません…とのお気使いに甘えて、一同普段着で失礼致しました次第…

アゼルバイジャン帰国日  (24).JPG

大使は山形がご出身とあって、千川さんとも話がはずみ、和やかなひと時でした。

 

今回の海外公演はいろいろな意味で本当に勉強になりました。

各国日本大使館の皆様

そして各国スポンサーの方々に深く感謝いたします。

なによりこの[和リーグ] を企画されている高久プロデューサーの熱意と人間性には頭が下がります。

外国での公演だからこそ痛切に感じる [一期一会] の瞬間が走馬灯の様に私の脳裏に刻み込まれました。

グルジア トリビシ市公演 (33).JPG

海外での[道成寺] 忘れません…

舞踊と云う言語しか持ち合わせないからこそ、今回の舞台に立たせて頂けたのだと感じます。

旅行の手引書、[地球の歩き方] にも掲載されていない国で踊らせて頂いた奇跡…

私の不在中に宗山流を守っていてくれる皆んな…

何もかもに感謝致します。

常に初心に還り、芸道精進に打ち込むのみです。

 

今回の海外公演に持って行き忘れたもの…

①楽屋スリッパ

②リップクリーム

③カップヌードル

④振り付けの記憶

⑤現金

⑥爪切り

 

今回の海外公演に持って行き過ぎたもの

①ヒートテックの下着

②張る温シップ

③クレジットカード

④義理人情

⑤引き抜きの糸

 

帰国日にアゼルバイジャンにて

アゼルバイジャン帰国日 (24).JPG

青い空が印象的でした…

 

空港での大量荷物の積み込みが何より大変な関所です。

DSCF3008.JPG

また、これが雑なんですよ…

海外の航空会社の荷物の扱いが…

DSCF3009.JPG

こんな風にガタガタと雑に重ねて、ベルトコンベアーにドッカリと…

DSCF3013.JPG

 

DSCF3011.JPG

出演者一同、無事に搭乗…

アゼルバイジャン帰国日 (25).JPG

乗換えを含めて16時間以上の帰途に付きました。

皆様、ありがとう御座いました。

感謝

トラックバック(0)

http://www.kocho-muneyama.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/531

コメント(5)

お疲れ様でした  何とか無事に公演終了した様ですがやはり外国公演は大変な事なんですね・・・まして言葉も分からないときたらストレスもたまりますね~   本当にお疲れ様でした  今頃は上空で静かにお休みでしょうか? くれぐれもお気をつけて無事に浅草まで~

海外公演無事に終了され、大変お疲れ様でした。
お留守番の皆さんがしっかり守ってられるので安心して海外公演が出来るんですよね。
さすが宗山流!(^^)!
文化の違う国での公演、皆さん感動されて良かったですよね。
照明さんが舞台に見入って仕事にならなかったとの事。相当に衝撃的に感動されたんでしょうね。私も初めて舞台を観たときは目が釘付けになりました。息もして無かったような気がしますから、何だか気持ちが分かります(*^_^*)
お帰りを皆さん待ちわびていらっしゃるでしょう。無事のお帰りをお待ちしております。

相変わらず、凄い!!の一言
エネルギーいただいております。
プロフェッショナルに出演していただきたい、、、
私だけでしょうか?そう思うのは、、
どこを見ても隙があるように見えても、手抜かりがない、、
感服します。
久しぶりにブログ(ミス、ミスターのくだりなど)拝見して噴出してしまいました。ばれても大丈夫ですよね。かわいいですね。
これが彼女の魅力の一つでしょうね。
芸というものの奥深さ、日本人でしか出せない色気、着物のデザイン、メーク着付けどれを見てもすばらしく本当に教えられる事多いです。
DVDあれば買いたいなあ、、、大川くずし、夢千代日記、、、など、、
観れなくなって残念!!
宗山流さんこれからも栄あれ!!
今年もご苦労様、まだありますね、皆様もう一頑張り、よいお正月をお迎えくださいませ。応援してますよ。

世界狭しと飛び舞う胡蝶様、地図を広げないと追いつけません、まさしく蝶のようにひらひらと遠くへ飛んでいってしまう、いつまた会えるのやら胡蝶様。
それにしてもすばらしいご活躍に拍手したくなります~
胡蝶様がかもし出す魅力を世界にご披露なさり行く先々拍手喝采の中、胡蝶様はまたひらひらと美しく感動という余韻を残しつつ去ります。今度はごちらへ?
来年の春三月、沖縄で胡蝶様の舞姿に酔いしれて私、夢見る乙女になるのでは?想像の域を超えます。
お美しいですもの胡蝶様は、見る者は魅了されますお写真からもよくよく伝わります。

今頃は、クリスマスディナーショーのパーティーでさぞや盛り上がっていることでしょう、思うに熱気が伝わり顔が熱くなります、今年も行けなかったわ東京へ。
それで今日もユーチューブから胡蝶様の舞姿を観る事に・・思わず涙があふれそうでした近くて遠い胡蝶様です。
来年は本物の胡蝶様を舞台で観れます(喜)
そろそろチケットを求めたくて2度お電話しましたが
タイミングが合いません、やっぱりクリスマスディナーショーの準備で事務所も大変でしょうからとお待ちしてます、これから又ユーチューブに戻ります。

コメントする

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集