HOME > 胡蝶をどり日記 > グルジア公演本番

胡蝶をどり日記

グルジア公演本番

2014年12月 6日

12月3日、トビリシ市、フィルハーモニア劇場での本番当日

グルジア トリビシ市公演 (2).JPG

[歌舞伎]と銘打たれたポスターが…恐縮です。

日本の芸能の恥にならないように勤めさせて頂きます…

午前中の仕込み、リハーサルから地元テレビの特番の取材が入り、緊張感のある楽屋の空気でした。

グルジア トリビシ市公演  (8).JPG

白塗りの段取りを撮影したいとの要望で…

この距離ですよ…

いくら何でも…49歳の胡蝶のデジタルアップは…辛すぎマスル…

グルジア トリビシ市公演  (7).JPG

すっかり化けの皮を見られてしまいましたよ…

きっと、あまりの厚化粧に驚かれたことと御察し申し上げます…

グルジア トリビシ市公演  (2).JPG

太鼓の締め上げも取材…

鷹君の締め上げを山中師匠が手伝います…

大変な力仕事ですよ…

日本の楽器はとても気候に左右されやすく…

繊細微妙なものだという事をお解りいただきたいですね!

グルジア トリビシ市公演  (3).JPG

日本の楽屋や劇場と構造も、感覚も全く違うので…

雑然とした感じは仕方ないですが…これが海外公演ならではの風景ですね…

 

音響、照明の現地スタッフさんとも劇場が変わる度に、一から説明して…

どこまで理解して下さっているかも怪しい感じが…

グルジア トリビシ市公演  (9).JPG

開演を控えた劇場はお客様で溢れかえり…

劇場に入ることも出来ないお客様が劇場前の道に凄い数で…

大変なことに…

客席は大使御夫妻はじめ、トリビシ市の要人の御臨席を賜り…

物々しい空気の中…

開幕

グルジア トリビシ市公演  (11).JPG

津軽三味線と太鼓の演奏が冴え渡り…

客席の呼吸を制圧します。

 

今回の革新的な出来事と云えば…

古典の歌舞伎舞踊だけではなく、歌謡舞踊も御披露させて頂けた事です…

千川貴楽さんの黒紋付姿での[安宅の松風]

三波春夫先生の浪曲歌謡が新鮮です…

 

天城越え.JPG

胡蝶は[天城越え]をよろけ縞の裾引きで…

道成寺とは真逆の、生な表現が…

現地の皆様のお目に如何写ったのでしょう…

石川さゆりさんの声が… グルジアの劇場に響き渡りました…

 

大詰めの[鏡獅子]の登場に、どよめきと歓声が上がり…

グルジア トリビシ市公演  (10).JPG

盛り上がりマックスです!

 

二階席のお客様も溢れるようにいっぱいのお立ち見喝采…

グルジア トリビシ市公演  (1).JPG

かえって…身の引き締まる想いがしました。

この拍手を真に受けて、勘違いしてはいけなすーいんです。

常に修行です。

グルジア トリビシ市公演  (12).JPG

そして、頂戴した拍手に恥じないだけの舞台を勤めなければまりません。

頂戴したお花束よりも…

大輪の花を、ご来場の皆様に差し上げなければ…

グルジア トリビシ市公演  (13).JPG

 

グルジア トリビシ市公演  (5).JPG

 

グルジア トリビシ市公演  (4).JPG

何とか無事にグルジア、トビリシ市、フィルハーモニア劇場での本番を勤めさせて頂きました。

グルジア日本大使御夫妻、そして関係各位の皆様…

超満員御礼の、素晴らしい舞台をご用意下さって…

心より感謝申し上げます。

 

翌日はグルジアの第二の都市、クタイシ市に陸路で移動しました。

車移動 (13).JPG美しいその山並、水の流れは童話の中に出てくる、夢の様な景色でした…

道中、世界遺産の14世紀に建造された教会に立ち寄りました。

もうすっかりキリスト教徒に改宗です…

グルジア車移動 (7).JPG

 

車を爆走、追い越し、スピード違反の末に3時間かけて…

大使館の皆さんと次の公演先、クタイシ市、オペラハウスに到着。

まずは翌日の劇場見聞…

グルジア トリビシ市公演  (6).JPG

こじんまりとしていますが、趣のある歴史とホコリの積もった劇場ですっ。

間口のわりには、べらぼうに奥行きのある舞台はオペラ仕様の劇場の特徴です。

舞台の中心、センターラインと客席の真ん中ラインがあからさまにずれているのも…海外の劇場では珍しい光景ではありません…

演者としては…

グルジア クタイシ市 オペラハウス (74).JPG

舞台の芯に立って決まる… という事は基本なのですが…

客席から見て… センターに立って踊っているように見えずに…

微妙に真ん中を外して踊っているように観えてしまう事が… 

細かい胡蝶の愚痴です…

 

翌日の本番に備えます…

トラックバック(0)

http://www.kocho-muneyama.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/529

コメント(1)

いよいよおおずめでしょうか? 白塗り化粧は日本人の私達が見ても不思議な光景なのに現地の方にはどんなに驚きの光景だったのでしょう? 歌舞伎と謳ったポスターにも道成寺や鏡獅子で少しは理解して戴けるのでしょうか  難しいですねぇ~   お客様の歓びの会場風景を見ると多くの方が日本に興味をもち理解したく公演を観に来てくださっているかと思うと感激です  良いお仕事ができて良かったですね!達成感と誇りをもって最後まで気を付けてお帰りください  私祈ってます~

コメントする

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集