HOME > 胡蝶をどり日記 > 2015年3月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2015年3月の日記

3月25日 櫻のたより

2015年3月25日

ようやく待ちに待った春がやってきましたね。

浅草近辺にも桜の花がほころび始めていますよ。

明治記念館東織 宗山流 (254).JPG

今月の八日、明治記念館で開催されました東織さんのイベントのゲストでの様子を御案内いたしましょう

東織さんは主に関東の呉服の流通を行っている大きな組織です。

これまで色々な舞台に立たせて頂いていますが、やはり呉服関連のイベントに呼んで頂くことが多いですね。

何と言っても着物と舞踊は切っても切れない縁がありますから

明治記念館東織 宗山流 (50).JPG

さすが呉服関連のイベントとあって巨大な会場は、着物の皆様で溢れかえっていました。

場内全員が着物なんですから…それはそれは圧巻でしたよ。

明治記念館東織 宗山流 (3).JPG

要さん、扇さん [助さん格さんとも云う] と中庭を見下ろすロビー

明治記念館は言わずと知れた、都内屈指の結婚式場としても知られています。

日曜日とあって華やかな結婚式が館内のあちらこちらで行われていました。

明治記念館東織 宗山流 (27).JPG

清楚で純粋無垢な花嫁さんの合間を縫ってくぐって…

芸者姿の我々がウロウロするんですから…

同じ着物でも、我々のその異質な事ったら…

ましてや最近の花嫁さんは、日本髪のカツラはかぶらずに…

自髪をセットして、白無垢の打ち掛けを着てしまうんですからね。

メークもとてもナチュラルな薄化粧で…

白塗りの私たちが一緒にすれ違うと、まるで花嫁さんは素顔のようですよ。

 

宴もたけなわとなり、いよいよ私たちの出番です。

明治記念館東織 宗山流 (62).JPG

着物関係の皆様だけあって、パーティーゲストの舞台よりは全然皆様…舞台を真剣に見て下さっていました。

所によっては… 全くお客様が舞台に興味を示さず…

ワイワイガヤガヤのまま終演なんてことも何度もありましたからね。

 

ご来場のお客様はそれなりに衣裳にも興味がおありになるらしく…

明治記念館東織 宗山流 (125).JPG

独特の舞台の着付けや、帯結びなども熱心にご覧になって下さいました。

明治記念館東織 宗山流 (155).JPG

呉服関係の目の肥えている皆様だけに、かえって緊張してしまいますね。

 

というわけで、季節柄…

明治記念館東織 宗山流 (179).JPG

いよいよ胡蝶の大好きな桜の衣裳の時期が来ましたね。

如源 染塩瀬丸帯 宗山流胡蝶.JPG

お太鼓は、白地の塩瀬に大きく吉原つなぎを染めた丸帯です。

垂れには如源を染めてありますよ。

この日も何とか無事に舞台を勤めさせて戴きました。

 

今月の中盤戦は、杉並清流の支度諸々から…

高知、須崎の巡業公演の印刷物の最終チェック、

八月の明治座に向けての諸々…

日々のお稽古諸々…

 

その合間を縫って…

高知行きで見た富士山.JPG

雲間に頭をのぞかせる富士山を横目に見ながら…

高知でのお稽古です。

土佐ふじ和流家元と、門弟の方とで…

前回の伺った高知駅北口のグランデールへ

ボヌール ヒレ.JPG

高知店さんのお野菜をふんだんにあしらった捜索フレンチのフルコース。

島田シェフの世界です。

 

高知のお稽古に引き続き、須崎市へ…

今年、二年ぶりに公演させて頂く須崎の皆様との懇親会でした。

今回も三十人以上の方がお集まりくださり、須崎公演開催を盛り上げてくださることとなりました。

本当に感謝いたします。

 

いよいよ今週土曜日は、清流会杉並大会です。

おかげさまで指定席は満員御礼札止めとなりました。

自由席の方も飽和状態で…当日どの様な事になりますか…

応援の程、よろしくお願いいたします。

 

翌日日曜日には、国立劇場おきなわで…

産経芸能フェスティバルが開催されます。

私は、杉並の翌日とあって、朝一の便で沖縄入りします。

 

大和楽の[かしく道成寺]で使用する扇…

宗山流胡蝶所蔵舞扇 染井 (2).JPG

この染井吉野の扇にするか…

天紅の文字散らしの扇にするか迷っています…

 

大好きな観音裏のお鮨 [久いち] さんで

久いち 巨大鮑.JPG

親方が用意して下さった巨大鮑を頂戴しながら考えます。

どちらの扇が良いかしら…

久いち 水貝.JPG

もちろん水貝で頂戴いたしました。

お醤油を付けなくても、鮑みずからの塩分で食べられますよ。

 

またこちらは連休明けの新規格です。五月の十日に三越劇場で行われる江戸の粋…をテーマにした舞台です。

江戸の賑わいチラシ0307.jpg

せいぜい初夏の粋な演目でお楽しみ頂きたいと…今から楽しみです。

お時間が御座いましたら是非お出かけ下さいませ。

入場券のお申し込みは宗山流事務局までお問い合わせ下さいませ。

3月15日 胡蝶をどりらいぶ 那覇

2015年3月15日

三月一日、日曜日 那覇の沖縄タイムスホール…

二年ぶりに、胡蝶をどりらいぶの舞台を那覇で開催させて戴きました。

この[胡蝶をどりらいぶ]と云う企画は、私にとってはとても特別な企画です。

[胡蝶華舞台] [胡蝶舞づくし] [胡蝶をどり座][胡蝶夢舞台]…

様々な企画の舞台が御座いますが…

[らいぶ]と云う処が… 特異な企画なのです。

ご覧になったお客様にしかご理解いただけないかもしれませんが…

ライブ…なのです。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (37).JPG

当日も開演前から熱心な皆様がお並び下さいました。

沖縄ではあまり顔の知られていない私の公演ですから…

毎回、不安と緊張で当日を迎えています。

お客様がたった十人でも… 楽しい舞台をご覧頂きたい…

そんな気持ちで毎回当日を迎えています。

だいたい新日本舞踊というものが、主婦の皆様のお楽しみであり…

趣味の範囲内で行われている娯楽…であるという位置付けには根強いものがあります。

発表会とは違う… 

新舞踊の公演を…

有料で観るなんて…

そんなご批判の中…今回、4回目の沖縄公演…

らいぶとしては二回目になります…

那覇らいぶ 宗山流.JPG

開演前の緊張の一時です。

客席はほぼ舞踊関係者の皆様で満員御礼です。

『東京の踊り…なんぼのもんじゃい…』

今にもそう聞こえてきそうな会場の雰囲気に…

毎回、押し潰されそうになる開演前です。

胡蝶はこう見えて…プレッシャーには強いのですが…

とっても人見知りなんです…

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (1).JPG

幕開きは義太夫の[萬歳]を上演させて戴きました。

舞台上の私たちの緊張感は開幕とともに瞬く間にお客席にも伝わって…

場内水を打ったような空気でした。

何時でも思うんですよね。

なぜ私は、こんなに倒れそうな…

恐怖にも似た空間の中に身を置いているのだろうと…

IMG_4324.JPG

本来は華やかで楽しい新舞踊から開幕すればとても盛り上がったのでしょうが…

後半からの新日本舞踊を楽しんで頂く為には…

古典舞踊との、[ 根本的、質の違い ]をご理解頂く必要があるからです。

 

緊張の序幕に引き続き、沖縄新師範のお披露目の口上です。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (29).JPG

舞台向かって左側が新師範の宗山流紫さん…

宗山流紫 口上 那覇をどりらいぶ.JPG

右側が沖縄代表師範、宗山流江さんです。

宗山流江 口上 那覇をどりらいぶ.JPG

お二人とも二年前の国立劇場おきなわでの[宗山會]から出演しています。

この日が気持ちも新たに皆様の前でご挨拶をさせて戴きました。

古式にのっとった本格的な形式での口上ですが、とてもシンプルなんですよ。

本格… とはシンプルをもって良しとする… [胡蝶の考え方です…]

[片砂切り]と云う鳴り物の演奏が場内に流れます。

 

口上に引き続き、いよいよらいぶの眼目…

[胡蝶の舞踊講座]です

IMG_4454.JPG

今回は身振り手振りのゼスチャーがとても多いので…

ピンマイクを使用させて戴きました

色々と日本舞踊の成り立ちを御説明して

古典と新日本舞踊の違いを動きを交えて解説させて戴きました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (38).JPG

扇さんは[かざし扇]の形を表現しています。

はるか遠くを望む時や、景色を見渡す時の定番の形です。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (40).JPG

要さんは扇子を懐剣に見立てて、きっぱりと見得をご覧頂いています。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (39).JPG

様々な [型] を通じて、[肉体表現]としての日本舞踊の成り立ちを、ほんの少しですが、ご説明させて戴きました。

『なんぼのもんじゃい…』

どころか、『しゃらくさい…』 さぞそう思わたことでしょうね。

 

そして、南座で初演した[はぐれこきりこ]を蝶ノ介、遊の顔合わせで再現させて戴きました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (21).JPG

出来に関しましては…

初演の南座の方がゼンゼン二人の振りが揃っていたのですが…

今回はお世辞にも褒められた出来ではありませんでした。

それでも地元の皆様からは…[はぐれこきりこ]とっても素晴らしかった…

とのお声を頂戴いたしましたが…

馬子にも衣装、髪形… 名曲の御陰で御座いましょう。

両人とも今回の結果をバネに、稽古に精進してくれることを望んでおります。

大変失礼を申し上げました。

 

そして師範のお披露目[序の舞恋歌]

宗山流紫 那覇 序の舞恋歌.JPG

命がけでお稽古した宗山流紫さんの 舞姿です。

艶やかに踊りあげました。

今後ますます精進してくださる様、エールを送ります。

 

宗山流江さんの演目は、[明治一代女]です。

宗山流江 那覇をどりらいぶ.JPG

宗山流のオリジナルの構成曲です。

粋に、そして濃厚に難しい宗山流の形を表現しました。

宗山流でお稽古を始められて四年目…

[自己満足] という視点ではない 

[魅せる踊り] が… 着実に身に付い来ました。

 

第二部の幕開きは、揃いの芸者姿で[風流水景色]です。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (41).JPG

これも幕開きの定番演目ですが

華やかなアップテンポの曲調で裾引きの芸者姿の振り事がピタリと揃ってこその価値ですから…

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (42).JPG

結構、気を使いますよ… この演目…

総じて…芸者の踊りというものは

[一杯一杯]ではいけないのですから。

日頃からお座敷に上がって、芸事を生業としている家業の女が[芸者]なのですから。

涼しい顔をして… サラリと踊らなくては…

[江戸前芸者…]  どころか [何だお前…] 芸者になってしまいます。

 

そして引き続き [それは恋]

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (19).JPG

 

ならぬ [それは変]です

それは恋 変 宗山流  (13).JPG

チャマもとっても嬉しそう…

お客様もとっても嬉しそう…

そして真剣白刃取り…

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (20).JPG

これぞ正しく…宗山流正統派お笑いの世界…

古典と新舞踊の垣根だけではなく…

ギャグとの垣根も越えていきますよ…

万国共通… 皆様この手の出し物は大好きです。

ほっと一息… 会場も和みました。

 

そして扇さんは[大江戸花ごよみ]

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (14).JPG

[粋] は心意気から、振り事の形を通してお客様の目に伝わったときに初めて…

『ああ、これが粋 なのか…』

とご理解していただけるものなのですね。

宗山流要 那覇をどりらいぶ (3).JPG

要さんは[島田のブンブン]を艶やかに…

艶やかも… 大変な表現です。

ある種の湿度と艶が感じ取れるような…

人工的に、作為的に醸し出すことも難しい境地ですね。

 

惠リンはさらに、ことさらに…貫禄を増し…[友禅流し]を熱演…

宗山流惠 那覇をどりらいぶ.JPG

 

胡蝶は、雪には全く縁のない土地柄の沖縄で…

IMG_4681.JPG

雪持ちの笹に、珍の衣裳を来て、大好きな[ラムプの宿]を踊らせて頂きました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (4).JPG

ショールを使う演目もとても珍しいようで…

皆さん興味を持ってみて下さいましたよ。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (16).JPG

そこからまたしても…

毒舌トーク第二ラウンド…

 

後半戦は扇さんの [女傑] で…

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (7).JPG

バッサリ…とやって頂きました。

特に沖縄では、きっぱりとした小気味の良い演目が受け入れられます。

 

要さんは [夢の浮橋] を…

宗山流要 那覇をどりらいぶ.JPG

出演者それぞれのキャラクターが色々な演目の特色を出して…

今回は幅広い演目で沖縄の皆様に御披露することが出来たようです。

 

芸の幅も、身幅も広いのがやはり桃ちゃんですね。

宗山流桃 那覇をどりらいぶ.JPG

会場全体を所狭しと飛び回ります。

まるで…救世主、サイババ状態です。

沖縄の皆様もさぞびっくりなさった事でしょうね。

 

そして沖縄では…

受け入れられにくいかもしれない…

[老女優は去りゆく]を上演させて戴きました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (5).JPG

やはりこの演目は、初めて見るお客様が…

ギャグなのか、真面目な演目なのかがとても解りにくい演目ですね。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (6).JPG

客席からの笑い声と、ガヤガヤ声の収まるまで…五分程かかったでしょうか。

沖縄の皆様にも、こんな変な演目があると云う事が…

少しはお解り頂けたでしょうか?

胡蝶の挑戦は続きます。

そして後半戦チャマは、[狼]を…

さすがにこの演目、数千回上演したことでしょうか。

宗山流蝶ノ介 那覇をどりらいぶ  狼.JPG

新曲をお稽古する事に消極的なチャマは…

何時でも数曲の中からの一曲を選んでご披露する事が定番となってしまいました。

 

沖縄ではあまり受けの良くない胡蝶の立ち役です。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (9).JPG

沖縄では、はっきりとした役が受け入れられます。

勇壮な、雄雄しい立ち役でないと、全く理解不可能といったところでしょう。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (10).JPG

後半は沖縄の唄 [伊集ぬ花] を要、扇も加わって上演しました。

 

フィナーレの[隅田川ぞめき]は沖縄師範の二人も加わって華やかに踊りあげました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (11).JPG

沖縄の皆さんもいつでもこの宗山流制定曲の[隅田川ぞめき]は熱心ににお稽古しているので、日頃交流の少ない東京メンバーともピタリと息の合った仕上がりでした。

踊りの素晴らしさを改めて感じました。

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (12).JPG

 

今回も本当にお客様が来てくださるのか…本当に不安でしたが…

宗山流胡蝶 那覇をどりらいぶ (13).JPG

沖縄の皆様のご協力の御陰で…

大成功のうちに幕を下ろすことが出来ました。

ご来場頂きましたお客様、

そして、今回の開催にあたりましてご尽力賜りました関係者各位に心より御礼を申し上げます。

 

月末の29日日曜日には、国立劇場おきなわで開催されます

[産経フェスティバル]の舞踊会に出演させて戴きます。

胡蝶の演目は大和楽の [かしく道成寺]

新舞踊は [おゆき~旦那様]を御披露させて頂く予定で御座います。

沖縄在住の舞踊愛好者の皆様…

お時間が御座いましたら是非ご高覧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

3月12日 瞼の母

2015年3月12日

先月の22日、花和会翌日の浅草木馬館での舞台。

三年ぶりに劇団美鳳さんにゲスト出演させて戴きました。

IMG_4023.JPG

何と今回、長谷川伸の名作、[瞼の母]のお浜を初役で勤めさせて戴きました。

新国劇は元より、大衆演劇の舞台でも最もポピュラーな演目の一つです。

幼い頃に手放した実の息子…

IMG_4585.JPG

今では水熊の女将に収まっているお浜…

お化粧もあまり白くなりすぎないように…

年増に拵えますよ。

ヤクザ姿で現れた息子を、『そんなヤクザな息子を産んだ覚えは無い…』

と言って追い返す件が有名ですね。

瞼の母 宗山流胡蝶 (3).JPG

舞踊の役では、[丸髷]という人妻の髪を結うことはあまりありません。

瞼の母 宗山流胡蝶 (2).JPG

お芝居ならではの形です。

胡蝶もとうとうこういう役が回ってくる歳になってしまったんですね。

よく考えてみれば… お芝居の中のこのお浜という役は…

現在の胡蝶の実年齢に最も近いんでしょうね。

われながらショック…

衝撃的です…

瞼の母 宗山流胡蝶 (1).JPG

忠太郎役は友也座長です。

先日朝のバラエティー番組で紹介されていた劇団さんですよ。

本当に親子のような年齢差に…

複雑な胡蝶であります…

 

重要宗山流胡蝶 切り継ぎ - コピー.JPG

舞踊は…大好きな切り継ぎ小紋の引き着で[しのぶ]を踊らせて頂きました。

IMG_4065.JPG

木馬館の舞台には少々地味な衣裳ですね。

IMG_4035.JPG

劇団の皆様は本当に華やかで、美しい衣裳の舞台なので…

こんな地味な衣裳をわざわざ着ようと云うのですから…

よっぽど私もナルシストなんでしょうね…

恐怖の自己満足の世界です…

IMG_4295.JPG

久しぶりの劇団美鳳さんでした。

劇団美鳳 宗山流胡蝶 (39).JPG

おかげさまで昼夜とも大入り満員の木馬館でありました。

 

そして日にちが前後いたしますが、先月14日の舞踊講習会。

課題曲は[序の舞恋歌]でした。

序の舞 講習会 (5).JPG

宗山流では比較的よく上演する曲ですが…

新舞踊の御祝儀ものとしては本当に名曲ですね。

皆さん熱心にお勉強していかれましたよ。

宗山流胡蝶 締め切り唐織 (2).JPG

古代紫の無地の小振袖です。

宗山流胡蝶 締め切り唐織 (1).JPG

次回は、沖縄での[胡蝶をどりらいぶ]那覇特別公演のご報告をさせて戴きます。

本当にご報告が遅れ遅れになってしまって申しわけ御座いません。

今年も二十周年の明治座公演をはじめ、本当に忙しい年になりそうです。

 

パワーが足りません…

アルコール消毒が足りません…

コラーゲンも足りないです…

記憶力も足りません…

一日二十四時間では足りません…

3月4日 桃の節句も過ぎ...

2015年3月 4日

ご無沙汰いたしております…

皆様…活動状況の御報告が遅くなり本当に申しわけ御座いません…と、申しますより…

 

ブログを更新する一瞬の間もないほどの過密スケジュールだった事を御報告申し上げなければなりませんね。

ただいま那覇から4時間遅れのフライトで浅草に到着いたしました。

那覇をどりライブの御報告の前に…

先月のを舞台からご案内しましょうね。

2月21日土曜日に、花和流舞踊発表会、[昇扇花絵巻]は、板橋文化センターで開催されました。

宗山流からも8曲賛助出演させて戴きました。

まずは新名取になって間もない宗山流惠…事、惠リンが [友禅流し] を初演させて戴きました。

花和流舞踊会 (460).JPG

体型的にやや成長の成果が見えるとのご指摘も数多く寄せられていました…

八月の明治座公演までには天文学的ダイエットに挑戦する…

と意気込んでいる惠リンであります。  

 

[風雪流れ旅] は胡蝶が勤めさせて戴きましたよ。 

花和流舞踊会 (487).JPG

この演目に着用する衣裳も色々とあるのですが…

宗山流胡蝶 切り継ぎ衣裳.JPG

今回は、縞や絣の木綿や紬を切り継ぎに仕立てた衣裳で久々に踊ってみました。

藍染独特の色彩が、年代を経て色あせている部分が大好きな衣裳です。

粋と野暮が混在している感じが大切なんです。

退廃美ですね。

そして [龍王岬] を遊さんが踊らせて頂きました。

立ち役でもこのような役では、帯を前に結んでいます。

[前箱]と云う形です。

裾は脇線をきりりと引き上げた[東からげ]と云う独特の着付けにします。

主に旅姿や、海にまつわる豪快な演目などで見られる形ですね。

花和流舞踊会 (91).JPG

激細 36キロが羨ましいです。

私の半分で御座います。

 

[北斗の星] の桃ちゃんも…

花和流舞踊会 (113).JPG

よそ様の舞踊会だと云うことをすっかり忘れてエンジョイです。

相変わらず…スタコラサッサと客席へ

花和流家元…桃ちゃんのこの暴挙を大変喜んで下さったようで…

一安心でございます。  

 

扇さんは久々に [北の女房] 

花和流舞踊会 (130).JPG

余裕の表情はさすがですね。  

遊女姿の [小春] を踊るのは 要さん

花和流舞踊会 宗山流要 (203).JPG

花道の登場から手拭の扱いに大変気を遣う演目です。

返し襟に、紅白の帯締めが、関西独特の遊女の風俗です。

 

そして出番1時間前に楽屋入り…

ご近所のラーメン屋さんでフカヒレラーメンを平らげて…

チョチョイと眉を書いて紋付に着替え…  

[狼] を ご披露するチャマ…

花和流舞踊会 (274).JPG

ご挨拶もそこそこに、シュートボクシング観戦に後楽園に向かいました。

電光石火の早業で夕方の板橋を後にしたのでありました。

相変わらずふざけています。

 

こちらは花和先生の楽屋の前です。

花和流舞踊会 楽屋 宗山流胡蝶.JPG

胡蝶は立役からお化粧をしなおして、急いで芸者になりましたよ。

 

出番前の楽屋でその気になっている…馬鹿づらです。

花和流舞踊会 (36).JPG

やはり賛助出演で人様の会に出演させて頂く時は…

自分の演目にのみ集中出来るので…

とってもリラックス出来ますね。

人様のことは言えないお気楽加減ですね。

花和流舞踊会 宗山流胡蝶 (278).JPG

胡蝶舞づくし を御披露させて戴きました。

宗山流胡蝶 お太鼓  (388).JPG

今回は白地の塩瀬に宗山流の江戸文字を藤鼠と云う微妙な色で染め抜いた丸帯を締めています。

お太鼓の形について申し上げますと…

役によって、前帯の高さ、帯幅、山の高さ…

そして右上がりの角度… とても重要なポイントで…

三日間かかっても御説明が尽きることがございませんので…

またの機会にさせて戴きましょうね。

 

花和流舞踊会 千秋楽.JPG

何と今回、10キロも減量なさった会主、花和流家元 昇扇先生の美意識には感服いたします。

三日坊主で終わってしまう私とは偉い違いですね。

大先輩の家元先生方の存在感に圧倒されていますよ。

 宗山流胡蝶 千鳥.JPG

今回も沢山お勉強させて戴きました。

 

板橋から浅草に戻り、夜の九時半からは、翌日に出演する木馬館でお芝居の稽古です。

その木馬館での様子は次回掲載させて戴きます。

那覇の公演の様子までたどり着くには、もう少しです。

お待ち下さいませ。

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集