HOME > 胡蝶をどり日記 > 2015年9月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2015年9月の日記

9月29日 宗山會 明治座公演

2015年9月29日

昨夜は中秋の名月…

近年では稀なる美しいお月さまを拝見…

今を去ることちょうどひと月前の…

創流二十周年記念興行、宗山會の様子を遅ればせながら御報告させて頂きます。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (23).JPG

前前日の楽屋作り、前日のリハーサルに引き続き…

三日目で本番を迎える明治座楽屋入りです。

本来今回の様な記念公演などの楽屋入りの折は、きちんと着物を着て劇場入りするのがしきたりなのですが…

全ての体力を舞台の為に使わせて頂きたく…

儀礼的な段取りは、割愛させて頂き…

いつもの洋服姿で楽屋入りさせて頂きました。

創流二十周年記念興行宗山會.JPG

朝からの楽屋の緊張感とは裏腹に…

劇場正面は華やかなムードに包まれていました。

開幕前には、舞台上でお清めです。

舞台の四隅にお塩を撒き、舞台の無事を祈ります。

御神酒をみんなで一口ずつ頂戴します。

創流二十周年記念興行宗山會 (1).JPG

いよいよ、序幕[元禄風花見踊り]の幕が上がりました。

①IMG_1818 - コピー.JPG

幕が上がった時のお客様のどよめきで…

長唄の演奏が聞き取れ無い程でした。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (4).JPG

終演までの長い道程の始まりです。

胡蝶は花道からの登場です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (3).JPG

午前中の開演にもかかわらず…

明治座の中のテンションは最高潮です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (5).JPG

華やかな一日の始まりです。

序幕の元禄花見踊りに引き続き、新師範、名取披露の口上です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (6).JPG

各自緊張しつつも、みずから考えたご挨拶の言葉を丁寧に述べました。

新たな一歩への出発ですね。

 

花道を凄まじい六法で下がるのは…

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  宗山流桃.JPG

今回師範を御披露した桃…

[義経風弁慶]のベストショットです。

桃が浮いています。

確かに浮いています。錯覚ではありません。

膝の痛みに耐え…

自らの重みに耐え…まさに身を削っての舞台です。

 

今回特別出演をお願いした俚奏楽、本條流家元、本條秀太郎先生の演奏で、[雪の山中]を上演させて頂きました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  本條秀太郎.JPG

数々の名曲を世に送り出した先生の作品の中でも屈指の名曲です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (8).JPG

幾度となく先生の演奏で踊らせて頂いていますが…

[雪の山中]を先生の生演奏で踊らせて頂くのは今回初めてです。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (9).JPG

古くから伝わる山中節を、情緒ある楽曲として昇華させた本條秀太郎先生の世界に…

劇場中が染まります。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (10).JPG

胡蝶にとっての二十周年…

大切な思い出の一曲として踊らせて頂きました。

ここで胡蝶は一旦立ち役に…

宗山流環さんの新名取疲労の演目[懐かしのひばり物語]にチャマと私がお相手役を勤めさせて頂きました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (11).JPG

胡蝶は後半の[人生一路]から出演です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  千鶴流.JPG

今回の明治座公演の為に台湾から駆けつけて下さった。千鶴流の皆さんです。

凛々しい袴姿で[山河]を御披露下さいました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (29).JPG

華やかに大和額の演奏に乗せて踊るのは宗山流葵の[夢]です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (30).JPG

何しろ今回は、古典演目全て生演奏で、御覧頂くという贅沢な企画で開催させて頂いておりますので、踊りだけではなく素晴らしい楽曲と共にお楽しみ頂けたと存じます。

 

そしてこちらも新名取のお披露目…

宗山流惠 蝶ノ介.JPG

長唄の大曲[二人椀久]に挑むのはメグリン事、宗山流惠です。

宗山流惠 宗山流蝶ノ介.JPG

今回の明治座の為に…過酷なダイエットとお稽古を積み重ね…

晴れの舞台に挑みました。

何と6グラムも痩せたと云う事です。

驚異の執念で御座います。

お見事で御座います。

感服で御座います。

 

そして要は…

[鷺娘]に挑みました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (13).JPG

スラリとした長身を生かした演目選び…

IMG_3143.JPG

体力勝負の演目ですが、今回もいい経験になったのでは無いでしょうか。

 

そしてまだまだ胡蝶の立ち役は続きます…

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (12).JPG

白紋付きで[伊集ぬ花]を踊らせて頂きました。

この曲を歌っていらっしゃる平らみちさんも沖縄からわざわざ駆けつけて下さいました。

IMG_2295.JPG

そして、宗山の母、秀との緞帳前での御挨拶

万感の思いと、感謝の気持ちを皆様に伝えます。

そして、こちらも憧れの一曲に挑戦した…

宗山流光事、千鶴流宗家、千鶴美扇の[藤娘]

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (33).JPG

華やかに、可憐に素晴らしい仕上がりでした。

そして葵さんの演目[長良川艶歌]を一緒に踊らせて頂きました。

宗山流 葵.JPG

七月に国立小劇場で初演させて頂いていた経緯もあり…

二度目の上演です。

今回特別出演で宗山會初出演して下さいました花柳琴臣さんの[新曲浦島]は、NHK でも放映された見事な一幕です。

宗山會 花柳琴臣.JPG

伸びのある舞姿に、明治座の空気も一新しました。

流石の一幕です。

そして今回、沖縄からも二人の師範が初参加…

宗山流紫の[お吉]

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (16).JPG

明治座の舞台に向けて一心不乱に稽古してきた渾身の一幕です。

きっちりと宗山流の形になっていますね。

 

そして、宗山流江は[明治一代女]を再演です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (17).JPG

華のある芸風で、明治座の舞台を自分の空間に染めていく独特な空気を持っています。

お二人して、今後益々沖縄後で宗山流を広めていって頂きたいと思います。

そして又、素晴らしい宗山流の舞台を沖縄で上演させて頂きましょう。

 

粋な清元の演目[夕立]は宗山流巽の演目です。

宗山流巽 夕立.JPG

本番の一週間前にはご主人とお伊勢参りを済ませ、身を清めて挑みましたよ。

宗山會 清元雄二郎.JPG

豪華な清元の浄瑠璃に乗せて江戸前の一幕です。

 

そして派手な裃を付けてご挨拶をしている胡蝶です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (31).JPG

これは、道成寺の後見を勤める為の特別な裃です。

歌舞伎の本格的な舞台では、後見もこのような桜の裃を着用するのですが…

それ以外ではなかなか目にする事の無い…

珍妙ななりですね。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (15).JPG

今回の二十周年記念に、特別な思いで臨んだ[京鹿子娘道成寺]宗山流宗蝶吉が務めました。

細い体で、何処にそんな体力があるのかと思わせるような…

気力溢れる一幕でした。

寺尾海②.JPG

客席には寺尾海関の姿も…

ご来場の皆様は…いつお食事をしていいのか…

いつお化粧室に行けば良いのか…

一日中席が立てぬまま…

パンパース状態だったようですよ。

御気の毒過ぎます。

お察し申し上げます。

 

毎回息の合った親子共演で意欲的な演目に取り組む…

藍、胡要の[千年桜妖艶恋]は歌舞伎舞踊の[積の扉]を題材に、創作させて頂きました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (14).JPG

妖艶な演目に惜しみ無い拍手が寄せられました。

 

そして、扇さんは大和楽の[かしく道成寺]を初演です。

獅子を勉強させて頂いたのは北見翼です。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (34).JPG

無事引き抜きも成功して一安心。

初演とは思えぬ安定した仕上がりに流石の余裕ですね。

それぞれ大物の演目に挑戦…

思い出の明治座になったことと思います。

今回の中締め…

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (26).JPG

企画演目は特別出演の花柳琴臣さんを迎えての[大江戸祭禮記]です。

大江戸祭禮記 宗山會 (21).JPG

宗山流ならではの無茶な演目に…お付き合い頂きましたよ。

大江戸祭禮記 宗山會 (65).JPG

宗山流総出演で、江戸っ子の心意気…

お祭り気分を盛り上げます

舞台では大手締めです

大江戸祭禮記 宗山會 (117).JPG

ひときわ異彩を放つのはやはり桃の変な手古舞…

ピンクの肌脱ぎ衣裳も特別誂えです。

大江戸祭禮記 宗山會 (70).JPG

群舞の[男節]にもお付き合い頂きましたよ。

大江戸祭禮記 宗山會 (85).JPG

 

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (36).JPG

若手の二人…倭、千絵もキラキラ輝いていますね。

紅梅流から出演して下さった山谷弘佑君と蝶ノ介の女形対決です。

IMG_8405.JPG

物凄い貫禄のちゃマです。

後方で冷ややかで見つめるのは新門辰五郎に扮した光。

流石の風情です。

大江戸祭禮記 宗山會 (213).JPG

名物総踊りの[隅田川ぞめき]から花撒きです。

大江戸祭禮記 宗山會 (209).JPG

御賛助の皆様も加わって頂き、華やかな中締めとなりました。

 

後半も賛助出演の皆様の素晴らしい演目が目白押し。

千秋楽は[曽根崎心中]です。

曽根崎心中 花柳琴臣 宗山流胡蝶.JPG

今回特別出演して頂いた琴臣さんに徳兵衛でお付き合い頂きました。

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (21).JPG

創流以来二十年にわたり度々勤めさせて頂きました演目ですが…

創流二十周年記念 宗山會 明治座公演  (22).JPG

今回も新たな気持ちで取り組みました。

宗山會明治座 曽根崎心中 花柳琴臣 宗山流胡蝶 (51).JPG

千秋楽まで…温かい拍手を有難う御座いました。

IMG_7498.JPG

終演後に御賛助の家元の皆様との一枚です。

 

まだまだ…まだまだ御紹介したい素晴らしい演目の数々…

正恵が撮ってくれた珠玉の舞台写真が…

膨大にあるのですが…

全ての演目を御紹介させて頂くのに二ヶ月以上掛かってしまいますので…

今回の明治座の創流二十周年記念興行宗山會の御報告はこのくらいにさせて頂きます。

A1_3.jpg

 

IMG_7374.JPG

お蔭さまで、出演者、裏方スタッフ全ての皆様に…

大入りを出させて頂く事が出来ました。ご来場の皆様方の御陰で御座います。

 

今回の二十周年を機に、又新たな気持ちでスタートさせて頂きます。

今後とも厳しくご指導、御叱咤の程宜しくお願い申し上げます。

9月25日 明治座リハーサル

2015年9月25日

先月の8月30日に浜町の明治座で開催させて頂きました…

創流二十周年記念興行、宗山會の御報告をさせて頂きます。

この半年は…明治座での宗山會のみに全身全霊をささげて挑みました。

IMG_7404.JPG

二日前から楽屋作り…

宗山流楽屋暖簾 (4).JPG

楽屋にはのれんの花が咲いています…

宗山流楽屋暖簾 (1).JPG

チャマの楽屋暖簾は桜に尾長鶏です。

楽屋中の畳も全て新しく張り替えてありますよ。

宗山流楽屋暖簾 (5).JPG

こちらは要さんの楽屋暖簾

緞子の生地に友禅を施したものです。

宗山流楽屋暖簾 (6).JPG

金通しの生地に貝合わせの友禅を施した紫の暖簾は扇さんです。

そして…

宗山流楽屋暖簾 (7).JPG

ドラえもんが友禅してあるのは…

言わずと知れた桃ちゃんの楽屋暖簾です…

そして今回新名取のお披露目…

宗山流楽屋暖簾 (3).JPG

藤色縮緬に花筏の本友禅は宗山流惠の新誂の暖簾です。

宗山流楽屋暖簾 (2).JPG

宗山流の楽屋暖簾は…

何処にも負け無いぐらい派手なんですよ…

みんな負けず嫌いですから…

こうして個室楽屋に暖簾を張れるのも…

大劇場ならではの華やかさですね。

そして明治だの劇場ロビー正面には、

橘右之吉 宗山流.JPG

今回の二十周年を記念しての皆様からの招き看板を掲額させて頂きました。

平成中村座や、歌舞伎幹部俳優の招きを手掛ける、

江戸文字の第一人者、橘右之吉師の手によるものです。

招き看板 宗山流  橘右之吉作.JPG

ただ書いているのではなく、文字に彫りを入れて、漆を流し込んで仕上げます。

招き看板 宗山流  橘右之吉作 明治座.JPG

本当に素晴らしいい総檜の招き看板に仕上がり心より感謝申し上げます。

私が死んだら…お棺に入れさせて頂きます。

 

そして、前日のリハーサル…

宗山流 明治座リハーサル (1).JPG

舞台上は緊張の渦に包まれていましたよ。

宗山流 明治座リハーサル (2).JPG

本條秀太郎先生も国立大劇場での公演を控えてお忙しい中…

前日のリハーサルにもお越し下さいました。

リハーサルは夜の10時まで続きました。

そしていよいよ迎える本番に望みます。

続く…

9月10日 全国家元公演

2015年9月10日

六月後半の四国公演に引き続き、七月七日に開催されました、全国家元公演東京大会の様子を振り返ります。

社団法人日本創作新舞踊協会主催による家元公演…

関西の南座を拠点として展開されていますが、東京での開催は今年で七回目となります。

IMG_1248.JPG

東京公演は昨年から国立小劇場で開催されています。

今回宗山流からは五曲御披露させて頂いています。

宗山流 国立小劇場 (15).JPG

まずは胡蝶の[道成寺]から…

黒地に幔幕、火炎太鼓の衣裳です。

宗山流 国立小劇場 (14).JPG

道成寺の襟はあまり深く抜きすぎてもいけませんし…

その役によって些細な事ですが…役作りの上で大切です。

宗山流 国立小劇場 (4).JPG

七月七日とあって…楽屋内もとても暑かったですよ。

楽屋の廊下で出番を待ちます。

宗山流胡蝶 国立小劇場  (2).JPG

引き抜きを着込んでいるので…

やはり、重たいですね。

宗山流 国立小劇場 (2).JPG

無事引き抜きも成功して…

チャマも胡蝶も胸をなで下ろしています…

 

そして游さんは[相川の女]を上演させて頂きました。

宗山流 国立小劇場 (6).JPG

舞台上で自分で片肌を脱ぐのが見せ場となっている演目です。

 

そして、チャマと翔さんの[はぐれコキリコ]

宗山流 国立小劇場 (7).JPG

四国公演で二度上演しているので、落ち着いた仕上がりになっていました。

とはいえ…やはり、三宅坂の国立劇場ですから…

普通の劇場とは違い…

独特の緊張感ですね。

良い経験です。

 

そして、葵さんとの相舞踊は[長良川艶歌]は…

明治座に先駆けての上演となりました。

宗山流 国立小劇場 (8).JPG

衣裳は季節柄、黒紗の着物を引き抜きかぶせにしています。

見た目には涼しいのですが…

何と言っても重ね着ですので、やはり…

暑いです。

宗山流 国立小劇場 (9).JPG

黒紗を引き抜くと、白地縮緬に墨絵で鴉の対の衣裳です。

今回、新誂させて頂きました。

いかにも胡蝶が好きそうな衣裳でしょ!

何と今回の公演の為に…

台湾から光[千鶴流宗家、千鶴美扇]も駆けつけました。

宗山流 国立小劇場 (16).JPG

久々に蝶チャンも参加しての総踊りです。

宗山流胡蝶 国立小劇場  (1).JPG

前半は、胡蝶の[大江戸浅草花太郎]から

 

宗山流 国立小劇場 (5).JPG

 

宗山流 国立小劇場 (11).JPG

要、扇が加わって[深川マンボ]

宗山流 国立小劇場 (12).JPG

宗山流 の総踊り[隅田川ぞめき]で国立小劇場の千秋楽を飾らせて頂きました。

宗山流 国立小劇場 (13).JPG

全国から沢山の家元の皆さんが出演されました。

大変お疲れ様でした。

 

ここから宗山流は、明治座の準備…

明治座一筋です!

 

 

 

9月8日 高知公演を振り返って

2015年9月 8日

須崎公演の翌日、六月の二十八日日曜日は、高知県立美術館ホールでの公演でした。

こちらも御蔭様で、今年も満員御礼、札止めです。

高知公演には、相原ひろ子さんも東京から駆けつけて下さいました。

胡蝶華舞台 須崎公演  (17).JPG

高知公演は幕開きが[元禄花見踊り]です。

長唄演奏の皆さんが、翌日東京での演奏がある為、最終便で帰らなくてはならない為…

生演奏の演目を、公演の全般に上演する事になりました。

高知公演 胡蝶華舞台  (25).JPG

又、元禄の衣裳は何かと着付けも来ている為に時間が掛るので、幕開けに上演する事でより丁寧に支度が出来るので、着付けスタッフも喜んでいました。

上の写真、左から遊さん、蘭さん、惠リン、凛さん…

開演前の緊張感伝わる表情ですね。

高知公演 胡蝶華舞台  (22).JPG

チャマは相変わらずこの笑顔です。

開演前に舞台上で記念撮影です。

絢爛豪華…極彩色とはこのことですね!

高知公演 胡蝶華舞台  (27).JPG

今回の地方巡業では明治座に先駆けての上演となりました。

高知公演 胡蝶華舞台  (13).JPG

派手好みの胡蝶が考えそうな事でしょう!

華やかな演目というのは、あれこれと小難しいことを考えなくても楽しめる処が良いですね。

高知公演 胡蝶華舞台  (14).JPG

『予備知識がなくても楽しめる、日本舞踊…』これこそが胡蝶の理念ですから。

そして今回、土佐ふじ和流の、ふじ和美智子さんが[菖蒲浴衣]を長唄の地方初挑戦で御披露して下さいました。

高知公演 胡蝶華舞台  (15).JPG

初挑戦とは思え無い立派な舞台でした。

何でも経験すると云う事は素晴らしいことですね。

次への第一歩に繋がります。

そして今回も、伊尾木いつきさんが…

高知公演 胡蝶華舞台  (7).JPG

初々しい踊りを見せて下さいました。

女形に扮しているのは…

土佐ふじ和流のアイドル…

高知公演 胡蝶華舞台  (6).JPG

小笠原大地君です。

身長もすらりと伸びて、衣裳の寸法は大人並みです。

若さ溢れる土佐ふじ和流の若手の皆さん…

益々の活躍を期待しています。

来年のふじ和会ではもう一回り成長しているのでしょうね!

 

そして、宗山流高知支部からは野村美枝子さんが[白鷺物語]を…

高知公演 胡蝶華舞台  (8).JPG

粋な白地の衣裳がよく似合っていますね。

足を大切にして、いつまでも踊り続けて頂きたいです。

今回高知公演には初参加の宗山流蘭…

高知公演 胡蝶華舞台  (17).JPG

相原ひろ子さんの歌声に乗せて[大川くずし]に挑戦しました。

風格のある写真に仕上がりました。

物凄い貫禄ですね… 複雑です。

宗山流 翔  蝶ノ介.JPG

こちらは、翔さんとチャマの[はぐれコキリコ]

出番前の楽屋です。

七月の国立劇場に先駆けての定演でした。

第二部は、長唄[俄獅子]から開幕です。

高知公演 胡蝶華舞台  (19).JPG

開幕前に…

要さん、扇さん余裕の表情ですね。

一番怪しいのは胡蝶です…

高知公演 胡蝶華舞台  (20).JPG

そして又、桃ちゃん流石です。

この余裕…

怖いもの知らずとはこの事ですね。

お囃子の皆様…不謹慎な桃を許して下さいませ…

高知公演 胡蝶華舞台  (21).JPG

二部の開幕です

高知公演 胡蝶華舞台  (4).JPG

今回新調した、白縮緬地に墨絵の浪の引き着です。

高知公演 胡蝶華舞台  (5).JPG

今回は、留袖にせずに袖先にも波を入れて華やかにしました。

どうしても留袖にしてしまうと白無地になってしまうので…

思い切ってみました。

この演目で…長唄、お囃子の皆さんは一路空港へ。

お見送りも出来ずに申しわけ御座いませんでした。

高知公演 胡蝶華舞台  (10).JPG

楽屋でお吉の着替えを済ませて出番を待ちます。

高知公演 胡蝶華舞台  (28).JPG

後半のお吉は、儚く寂しく…

世の無常を噛み締めて表現します。

華やかな演目も、下田の海辺も同じ板の上で演じるのですが…

一瞬にして様々な空間に変化するのが舞台の醍醐味ですね。

そんな空間が大好きです。

高知公演 胡蝶華舞台  (16).JPG

こちらは、黒紗の引き着で相原ひろ子さんの[潮来情話]です。

高知公演 胡蝶華舞台  (9).JPG

以前にも高知公演にお付き合い頂いた事がありますが…

艶やかな歌声に客席も大満足です。

高知公演 土佐ふじ和流家元 ふじ和美和.JPG

土佐ふじ和流家元 ふじ和美和先生は[みやこ川]を御披露して下さいました。

そして、蝶吉さんも引き続き相原さんの[江戸恋絵巻]を…

高知公演 胡蝶華舞台  (2).JPG

今回は、個性的な挽き茶色の引き着を選んでみました。

絵になります。

思いがけない色目の衣裳を御覧頂けるのも舞台の楽しみの一つですね。

その間に胡蝶は…[船頭小唄]の登場の為に客席ロビーに回っています。

花道が無い劇場では、客席も部隊の一部になりますよ。

高知公演 胡蝶華舞台  (29).JPG

お客様との距離も縮まって親近感のある一瞬ですね。

高知公演 胡蝶華舞台  (12).JPG

そしてエンディング…

[隅田川ぞめき]で高知公演の千秋楽です。

高知公演 胡蝶華舞台  (3).JPG

須崎に引き続き、翌日の高知公演…

長唄囃子連中の皆様、スタッフの皆様

土佐ふじ和流家の皆様…

そしてご来場のお客様…

出演者の皆様…

本当にお疲れ様で御座いました。

高知公演 胡蝶華舞台  (24).JPG

十年続けて参りました[胡蝶華舞台]高知特別公演も今回をもちましてひと区切りです。

又いつか、高知の皆様から『是非、胡蝶の舞台を高知に呼びたい…』というお声が掛りましたらありがたいですね。

十年間…[胡蝶華舞台]をお引き立てくださり、本当に有難う御座いました。

又逢う日まで!

 

 

9月7日 四国公演を振り返って

2015年9月 7日

皆様お久しぶりで御座います。無事、創流二十周年記念興行宗山會、明治座公演も終了致しまして…

ようやくブログを書く時間が出来ましたので…

たまり積もっておりました、六月の四国巡業の件からご案内致しましょうね。

 

九州小倉での[蝶ノ介故郷に錦を飾る]の舞台の翌日、私とチャマ、扇さんは福岡空港から直接高知空港に向かいました。

空港で坂本龍馬と意気投合するチャマ…

呑気なものです…

高知 空港 宗山流蝶ノ介.JPG

そして高知空港で、東京からの出演者、長唄の皆さん、鳴り物の皆様、スタッフが羽田から到着して合流です。

まずは四国公演の出演者、スタッフ…そして、今回須崎公演でお世話になった慶祥芳之先生と合流して、南国のフレンチレストラン、グランデールで顔合わせを兼ねた昼食会です。

高知 到着 グランデール.JPG

昼食会の後には、長唄演奏の下浚い、リハーサルが待ち構えているので…

最高のフレンチに… ノンアルコールと云う…

ありえ無いお食事になってしまいましたが…

さすがに我慢致しました。

昼食会場を後にして、貸し切りバスにて須崎に向かいました。

何と、須崎公演の特別ゲスト…[しんじょう君]も駆けつけて下さいました。

須崎公演 リハーサル.JPG

出演者一同、しんじょう君の可愛さにメロメロです。

もうお稽古どころではありません。

リハーサル終了後…

須崎の[隠れ家]さんで前夜祭宴会です。

須崎公演 前夜祭.JPG

慶祥芳之先生もご一緒で盛り上がりましたよ。

6月27日… [胡蝶華舞台]須崎特別公演当日…

午前中から楽屋仕込み、リハーサル。

当日入りの着付けスタッフ、顔師さん、親衛隊の皆さん…

下駄娘正恵も東京から到着しました。

やはり、四国の六月は…灼熱です。

胡蝶華舞台 須崎公演 (1).JPG

開場に時間前から、ロビーに入りきれ無いお客様でごった返しています。

須崎公演の開幕は、長唄演目の[俄獅子]を要さん、扇さんと三人で勤めさせて頂きました。

須崎 俄獅子 宗山流要.JPG

夏という事もあって、白地の引き着にしてみました。

須崎 宗山流胡蝶 俄獅子.JPG

古典演目は、地方公演では敬遠されがちですが、今回は高知公演十回目の[実は11回目]節目の公演ですから、思い切って長唄の生演奏を東京からお連れして御目に掛けると云う趣向です。

一部の締めくくりでは、慶祥芳之先生がすっきりとした紋付姿で[川]を御披露下さいました。

胡蝶華舞台 慶祥芳之.JPG

いつ見ても清潔感のある素晴らしい舞姿です。

 

二部の開きは[悲しい酒]から…

宗山流胡蝶 悲しい酒.JPG

やはりいつの世も…ひばり人気は凄いですね。

宗山流胡蝶 悲しい酒 須崎公演.JPG

今回は、終演のの時間を考慮して…2コーラスまでの上演でした。

大変申しわけ御座いません。

そしていよいよ特別ゲスト…桃ちゃんに手を引かれて…新庄くんの登場です。

場内は嵐のような拍手…

しんじょう君の日本舞踊に場内を大盛り上がり!

宗山流胡蝶 しんじょう君 (2).JPG

この日の舞台の為に…お着物を着て登場です。

そして足元を御覧下さい…

白足袋にお草履まで履いています。

可愛すぎます。

愛くるしすぎます。

流石…全国ゆるキャラグランプリ4位の実力…

以前にも触れましたが、しんじょう君は須崎の新庄川で、日本で最後に生息が確認された、日本カワウソです。

ちなみに頭に被っているのは、B 級グルメで須崎名物の[鍋焼きラーメン]

何と、その煮えたぎったラーメン土鍋頭から被っていると云うデザインなのです。

宗山流胡蝶 しんじょう君 (1).JPG

今回特別に舞台でその鍋焼きラーメンを脱いで頂きました。

これまた…新鮮で可愛いい…

くりくりカワウソ…

赤い着物は着ていますが、実はしんじょう君は[男の子]だそうで…

 

惠リンは須崎公演では、[手古舞木遣り]を踊らせて頂きました。

須崎 手古舞木遣り 宗山流惠.JPG

実は今回、須崎、高知の二公演で、上演時間の都合上…

東京からの門弟のソロ演目の上演はどちらかの公演で一回とさせて頂きました。

扇さんは[天城越え]を久々に…

胡蝶華舞台 須崎公演 (4).JPG

海老反りと云うよりは…もはや二つ折りです。

文楽の御人形でもここまでは曲がら無いと思われます…

ホリゾントの色も… 『山が燃え~る~ウッ…』

 

そして要さんも久々に[嵐峡]を上演…

胡蝶華舞台 須崎公演 (3).JPG

本金霞に秋草の総刺繍の衣裳が豪華です。

その役その役によっての衣裳の雰囲気が違って楽しいですね。

やはり舞台は衣裳、鬘から役に入っていきますので…大切な事ですね。

 

桃ちゃんもしんじょう君に負けていませんよ…

かなりのインパクトです。

P6270119.JPG

 

そして、今回は胡蝶のメイン演目[唐人お物語]

上の巻は、下田の芸者お吉が、夫婦約束をした船大工鶴松の出世の為に唐人屋敷に奉公にゆく…

というくだりを舞踊で表現したものです。

IMG_8490.JPG

後半は、[ラシャメン]と蔑まれて酒浸りの日々を送る、お吉の人生の終焉を表現した件です。

IMG_8510.JPG

幾度となくこの演目は上演させて頂きましたが…

何度やっても難しい演目ですね。

十月の浅草公会堂での東京新聞名流祭で、改めて上演させて頂きますので…

 

そして今回の立ち役は[船頭小唄]

胡蝶華舞台 須崎公演 (5).JPG

これもやはり雰囲気の大切な演目です。

そしていよいよ…

慶祥芳之先生の女形演目…

長唄の[風流船揃]です。

慶祥芳之 須崎公演.JPG

粋で… そして格調高く踊られるのが慶祥先生の素晴らしさです。

須崎公演のフィナーレは、[元禄花見踊り]です。

胡蝶華舞台 須崎公演 (7).JPG

蝶吉さん、翔さんも艶やかです。華やかに出演者総出で上演させて頂きました。

胡蝶華舞台 須崎公演 (8).JPG

終演後に、慶祥先生、しんじょう君も加わって大記念写真です。

お蔭さまで、賑やかな須崎公演となりました。

特別出演の慶祥芳之先生、しんじょう君本当に有難う御座いました。

又、須崎の実行委員の皆様方にも、心より感謝申し上げます。

 

終演後は、楽屋荷物を撤収してバス、トラックで翌日の公演先、高知に移動です。

次回は高知公演の様子をご案内致します。

 

本当に遅れ遅れのブログアップで申しわけ御座いません。

懲りずにお付き合い下さいませ。

 

 

 

 

 

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集