HOME > 胡蝶をどり日記 > 2015年10月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2015年10月の日記

10月10日 久喜清流会

2015年10月10日

国立劇場での推薦名流舞踊大会から三日目の…

9月27日、日曜日に開催をさせて頂きました…

第32回、清流会久喜会の御報告をさせて頂きます。

例年は九月の初旬に開催させて頂いていたのですが…

今回は、八月の三十日に明治座公演があった為、日程調整の都合で九月の末に開催させて頂く運びとなりました。

例年通り先日のリハーサルに引き続き、泊りがけで久喜の開催に挑みます。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶 (2).JPG

幕開けは三日前に上演させて頂いた[玉菊燈籠]を縮小版で御披露させて頂きました。

実は…2日ほど前から左の目が、ものもらいに掛かってしまい…

とっても腫れていたんです。

二重の幅が広くて…なおさらカエルのケロヨンになってしまいました。

三十年以上の舞台生活の中で…初めての経験です。

私の序幕に引き続き…

宗山流倭 序の舞恋歌.JPG

宗山流倭の[序の舞恋歌]です。

久々に自分でお化粧する…緊張の白塗りです。

そして近頃、芸も…体系的にも成長著しい惠リン…

入門当時は…鈴木京香似だったのですが…

全盛期の友近状態になってしまいました。

宗山流惠 日本橋から.JPG

[日本橋から]を貫禄の上演です。

そして今回、三曲頑張って下さった…

宗山流 葵さん

明治座に引き続き、大和楽の[夢]

宗山流葵 大和楽 夢.JPG

回を重ねて、落ち着いた仕上がりとなっていました。

32回 久喜清流会 宗山流葵.JPG

どうですか、この勇ましい立ち役姿…

新作[艶歌船]を初演致しました。

久喜大会にご出演の英邑流の皆さん初め、美咲会さん、坂東流さん…

河藤流始め初出演の皆様も含めて活気溢れる舞台を御披露頂きました。

河藤玉輝.JPG

中央が芳玉会より毎年ご出演頂いている河藤玉輝さんです…

今年も凛々しい姿を御披露して下さいました。

皆さんの熱のこもった舞台に引き続き、[胡蝶演歌舞踊の世界]…

32回 久喜清流会 宗山流  (9).JPG

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶 (1).JPG

こちらの衣裳も先月の明治座でスチール撮影の時間がなく、撮りそびれてしまったお祭りの芸者をリベンジです。

写真撮影の為に再現したようなものなのですが…

ものもらいの左眼が気になって残念。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶 (5).JPG

後ろ姿です。

このタイミングで…日曜日の稼ぎ時…

大忙しの浅草の店を抜け出して来てくれた下駄娘正恵登場です。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶 (3).JPG

ここからは舞台写真が御覧頂けます。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶  (1).JPG

そして衣裳を着替えて[雪椿][恋ものがたり]を御覧頂きました。

32回 久喜清流会 宗山流.JPG

扇さんは[風の盆恋唄]を黒地に秋草の裾引きで…

要さんは夜会巻きにお太鼓で…

32回 久喜清流会 宗山流要 (2).JPG

[白鷺有情]を…

32回 久喜清流会 宗山流要 (1).JPG

最近は、出演者それぞれ本当に自分の持ち味…

個性がよく出てきて良い事ですね。

[似たり寄ったり]…は、魅力ありませんね。

そして胡蝶は[お梶]です。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶  (2).JPG

ものもらいの目が気になって仕方がありませんが…

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶  お梶.JPG

ガラガラ声を振り絞ってのセリフも…

聞きづらくて申しわけ御座いませんでした。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶  (4).JPG

最近なかなかベストコンディションでの[お梶]を御覧に入れられなくて申しわけが御座いません。

肉体年齢は正直ですね。

精神年齢は若いつもりでも…舞台に出てしまいますね。

32回 久喜清流会 宗山流蝶ノ介.JPG

後半はチャマの[北の漁場]

膝の痛みに耐えての上演です。

32回 久喜清流会 宗山流桃.JPG

桃ちゃんの[義経伝説]も膝の痛みに耐えての六法です。

このお二人は膝の痛みと戦いつつ舞台に乗っかっていますよ。

32回 久喜清流会 宗山流胡蝶 (4).JPG

胡蝶の立ち役は[雪次郎あやめ笠]です。

ここから一気にフィナーレです。

IMG_7058.JPG

32回 久喜清流会 宗山流要 (3).JPG

ご出演の皆様も一緒になって手拭撒きで千秋楽です。

IMG_7123.JPG

例年は酷暑の久喜大会なのですが…

今年は、爽やかな舞台日和に恵まれて幸せでした。

ご来場の皆様、ご出演の皆様、本当に有難う御座いました。

32回 久喜清流会 宗山流  (1).JPG

楽屋から出ると、中秋の名月を1日前に控えた…素晴らしいお月さまを

正恵が撮影していました。

IMG_7160.JPG

今日はこれから十月の胡蝶舞踊講習会です。

課題曲は、葵さんが今回初演した。[艶歌船]です。

講習会に引き続き、来月の清流会、浅草本会のかつら合わせです。

明日からは高知の舞台に旅立ちます。

10月5日 玉菊燈籠 初演

2015年10月 5日

いよいよ朝晩…秋らしい陽気になって参りましたね。

爽やかで本当に気持ちが良いですね。

 

先月の九月の二十三日に開催されました、東京新聞社主催、第51回、推薦名流舞踊大会の御報告をさせて頂きます。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (123).JPG

今回で五回目の出演をさせて頂きます。

今年の胡蝶の演目は、新内の[玉菊燈籠]を初演させて頂きました。

この演目は、江戸時代の吉原で、実在の遊女玉菊を題材として作られた曲です。

大変気立てが良く、多くの人に可愛がられたそうですが…

好きなお酒で体を壊し、若くしてこのよう去ったそうです。

その玉菊を偲んで、盂蘭盆の折に廓の軒先に玉菊の燈籠を下げて彼女を偲んだことから…

その光景が名物となり、[玉菊燈籠]として夏の吉原の風物詩として定着したそうです。

宗山流胡蝶 玉菊灯篭 (2).jpg

今回使用する紗張りの団扇…

当初誂えたものは…全くイメージと違う驚愕の物が仕上がってきてしまった為…

バッサリと…と没… [怒]

勿論お支払いは致しましたよっ。

そして急遽誂えて頂いたのがこちらです。

右側の白菊の方を使用させて頂きました。

宗山流胡蝶 玉菊灯篭 (1).jpg

紗の裲襠 [裲襠] も新調して誂えました。

裾を墨色にぼかして頂き、流水に菊をあしらって…

銀糸で刺繍を施してありますよ。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (121).JPG

今回は胡蝶の出番が夜の部の後半だったので…お昼過ぎに劇場入りさせて頂き…

客席から諸先生方の演目をお勉強させて頂きました。

無機質な国立大劇場の客席は…独特の緊張感に包まれていました。

 

三時過ぎに楽屋入りさせて頂きました。

推薦名流舞踊大会 宗山流胡蝶 楽屋暖簾.JPG

今回、滝の白糸さん [御贔屓様] よりお贈り頂きました暖簾を初めて掛けさせて頂きました。

今回は、日頃の新舞踊の化粧とは少々違い…

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (426).JPG

玉菊一役の為のお化粧ですから、役の顔に造ります。

芸者の化粧と違い、花魁の顔は独特です。

格調高くキリリと仕上げて…それでいて色気がないといけないですね。

今回はあまり[幽霊]ということを意識せずに化粧してみました。

 

そしてとても難しい着付けの一つ…

遊女独特の [返し襟] です。

遊女 花魁 返し襟 宗山流胡蝶.JPG

浮世絵などで皆さん御覧になったことがあると存じます。

襦袢の襟裏の紅絹がチラリと見える…

という浮世絵の模写を、後に歌舞伎が様式化したものです。

このふっくらとした返し具合が…

硬くても駄目

柔らかくても駄目

返す位置が高くても駄目

低くても駄目…

赤が出すぎるとなおさら駄目です。

とても微妙で難しいんです。

遊女の色香が漂うように…絶品に着付けなければいけませんね…

 

いよいよ出番が近づき… 舞台上です。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (142).JPG

舞台上では大道具の皆さんが…

玉菊燈籠の象徴的な吊り道具

大灯籠の設置に取り掛かっています。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (434).JPG

この灯籠…そばで観ると本当に巨大なんですよ。

でも、国立大劇場がそれ以上に巨大なので本当に小さく見えます。

このお道具は、六代目の藤間宗家が意匠なさったものです。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (14).JPG

後見の神様の様な存在の…高橋さんです。

胡蝶ももう長いお付き合いになります。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (15).JPG

新内の演奏の皆様も揃い…いよいよ開幕です。

『灯籠に亡き玉菊の来る夜かな…』

人間国宝の新内仲三郎先生の澄み渡った音締めが大劇場の暗闇に響き渡ります。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (439).JPG

 

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (435).JPG

舞台上手奥からの登場です…

まずは、花道に掛かって[道中]を表現します。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (10).JPG

打ち掛けを捌いて、

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (37).JPG

外八文字…廓巴を御覧に入れています。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (11).JPG

独特の廓風俗を表現する、遊女ならではの振り事です。

この演目は、[幽霊]としての玉菊を表現する演目ではないのです。

あくまでも、在りし日の玉菊の四季折々の廓の風俗を表現する…

という造りの曲なので、登場と退場の折にのみその…

[この世には亡き者]としての演出をちらりと御覧頂くだけなのです。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (149).JPG

とても大きな紗張りの団扇ですが…華奢に扱わないと、涼しそうに見えないので…

結構大変なんですよ。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (71).JPG

又…前帯で寝姿になるのですが…

起き上がるときにドッコイショにならないように…

シラッと起き上がるのがポイントです。

玉菊灯篭 宗山流胡蝶 .JPG

またこちらも独特な…

襟元から手を出す…と云う遊女にしかたありえない振事です。

これもサラリと入れてさらりと抜かないと…

モサモサして野暮ったいんです。

日本舞踊は本当に一つ一つの仕こなしが大切です。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (366).JPG

紗の裲襠の裾はこんな感じに見えています。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (110).JPG

後半は…玉菊が黄泉の国へと引き戻されていきます。

新内剛志さんの美しい声が高らかに響き渡ります。

これぞまさしく江戸浄瑠璃の極み…

新内の世界です

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 国立大劇場  (405).JPG

幕切れは花道のスッポンに迫下がります。

いやー本当に緊張致しました。

あやはり初演は…

思った事の百分の一も表現出来ません…

今後の課題山積です。

推薦名流舞踊大会 玉菊灯篭 宗山流胡蝶 (146).JPG

新内仲三郎先生、剛志さん本当に有難う御座いました。

いずれ…[女猩々]を…とおしゃって下さったので本当に嬉しいです。

幻の名作、新内の[女猩々]…花魁姿で大盃で華やかに踊る演目です。

是非近々…上演させて頂きます。

10月4日 春ノ桜流舞踊会

2015年10月 4日

先月の9月21日に開催されました春ノ桜会…

狛江のエコルマホールで開催されました。

今回はお天気にも恵まれ、爽やかな舞踊会日和となりました。

27年春ノ桜会 宗山流 (2).JPG

扇さん、桃ちゃんは後見を手伝わせて頂きました。

蘭さんは進行係…

出番を控えた遊さんは立ち役の姿で[酔月無情]です

27年春ノ桜会 宗山流 (4).JPG

派手に片肌を脱いでいるのは[手古舞木遣り]を御披露する惠…

この襦袢に染められている柄は[毛鞠]といわれるもので…

祭禮の鳶頭の黒繻子のたっけ袴に刺繍されている柄と一緒です。

獅子舞の獅子の巻き毛を表現されているものと言われています。

27年春ノ桜会 宗山流 (3).JPG

舞台袖では[夜桜お七]の出番を待つ会主…

何とパワフルに今回も十曲も御披露されていました。

本当に体力のある家元です。

家元と春ノ桜流の皆さんの出演の間を縫うように賛助出演させて頂いて…

27年春ノ桜会 宗山流 (5).JPG

扇さんは[しのぶ] を後見の合間に支度をして…

黒地の井桁の小紋で粋に踊らせて頂きました。

髪型は銀杏返しです…

27年春ノ桜会 宗山流 (6).JPG

要さんは衣裳の着付けの進行をしつつ…

[白鷺情話]を白地の裾引きに宗山流の定紋を染め抜いた帯を絞めて…

宗山スタッフは、現場をこなしつつ、踊りも踊らせて頂きました。

忙しいとは言いつつ、本当に良い経験と勉強になります。

最初から[とても無理…]と諦めてしまえば出来無い仕事ですが…

これぞまさしく何事も[為せば成る…]です。

人間やる気にさえなれば、後見をしながら…

進行を手伝いつつ、白塗り化粧をして…

衣裳を着て…

自らも踊り…

そしてフィナーレのお手伝い…

出来るのですよ。

宗山流胡蝶 夜会巻 本格.JPG

胡蝶は夜会巻きに銀鼠の衣裳で…二曲程踊らせて頂きました。

 

春ノ桜流家元はじめ、流派の皆さん一丸となって無事に千秋楽。

我々もホット胸をなでおろしました。

27年春ノ桜会 宗山流 (1).JPG

やはり舞踊会は、あわただしさの中に活気が溢れていて…

華の時ですね…

春ノ桜流の皆様…お疲れ様で御座いました。

そして又次の目標に向かって…楽しんで下さいませ。

 

そしてこの日、胡蝶は二日後に控えた国立大劇場での[玉菊燈籠]…

一路浅草を目指しました。

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集