HOME > 胡蝶をどり日記 > 2015年11月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2015年11月の日記

11月30日 半世紀の節目

2015年11月30日

本日、私宗山流胡蝶は…思いがけず五十歳に到達してしまいました。

胡蝶のできるまで   (3).JPG

この時から…半世紀を生きてきたという実感が全く無いのです…

私をこの世に産んでくれた両親…

溺愛してくれた祖父母…

私に芸を押し込んで下さいました師匠様方…

そして、舞台を支えてくださるお客様…

スタッフの皆様…

宗山流門弟会…

全ての皆様に、今日こうして生きていられる事を感謝申し上げます。

人の一生は、常に出会いと別れを繰り返し…

その、どんな些細な出来事でも、一つでも違っていたら…

現在の私は御座いません。

 

昨晩は、門弟会主催の誕生日会をして下さいました。

四十代最後の夜に…

IMG_8681.JPG

黒地に紅葉と菊、文字散らしの小振袖を選びました。

IMG_8682.JPG

袖と後ろ身頃には胡蝶と飛田鹿の子で友禅を施してあります。

 

会場は、雷門にほど近い地中海料理のお店です。

扇さんと桃ちゃんが仕掛け人です。

胡蝶 50歳誕生日  (3).JPG

昨日は、三の酉だったので、昨年の熊手を持参致しました。

やはり50歳にしては少々袂が長かったでしょうか…

気にしない気にしない…

人間の年は実年齢では無く…

その人それぞれの精神年齢で決まるそうです…

胡蝶 50歳誕生日  (34).JPG

私と歌舞伎の研修生依頼三十年以上のお付き合いとなる千川流二代目家元 千川貴楽さんも駆け付けて下さいました。

胡蝶 50歳誕生日  (35).JPG

門弟会の皆さんは元より、長年の親衛隊の皆さんの顔もあります…

甘いものに全く興味の無い私の誕生日だけあって…

バースデーケーキに気合いを入れ無い無駄のなさは…

流石の事務局しきりです。

バースデーケーキの代わりに高性能のカメラを頂きました。

とそこへサプライズゲスト…

胡蝶 50歳誕生日  (51).JPG

横浜の舞台を終えた花柳琴臣さん、千川みつやさん…

志十ッチ…も駆けつけて下さいました。

胡蝶 50歳誕生日  (7).JPG

レストランは三十五人の酔っぱらいで大騒ぎです。

胡蝶 50歳誕生日  (33).JPG

今宵も凄まじいワイン三昧でした。

残念な事に…参加者全員の集合写真を撮影するのをすっかり忘れてしまいました。

御参加の皆様本当に有難う御座いました。

 

とりあえず、一次会は中締め…

 

胡蝶はさんの酉へ…

胡蝶 50歳誕生日  (10).JPG

今年も正面鳥居の右側に胡蝶の大提灯奉納させて頂きました。

いつも熊手を誂えて頂く吉田さんです。

こちらは皆様御存知の江戸文字の第一人者、橘右之吉さんのご実家です。

33回清流会 胡蝶 (2).JPG

この店先の写真は、今年の一の鳥の日のものです。

先代の中村勘三郎さんはじめ、歌舞伎役者さんの熊手を多く扱っています。

昨日は、さんの酉最終日とあって…

三の酉 宗山流胡蝶.jpg

胡蝶の熊手が最後となっていました…

残り福を頂戴に伺いましたよ。

御鳥様に今年一年の無事と、今後の芸道精進、それに胡蝶の関係者各位、全ての皆様の御健勝と御多幸をてんこ盛りお祈りして参りました。

あまりの欲張りなお願いに、御鳥様も驚かれた事と存じます。

 

そして、皆んなが二次会を行っている雷門前のゲートホテルのラウンジへ…

胡蝶 50歳誕生日  (26).JPG

何と今日の為にチャマがとっておいた…rindo 2010 のマグナムボトルを開けさせて頂きました。

胡蝶 50歳誕生日  (30).JPG

本当に本当に…

何より大好きな、踊りを中心とした人間関係の中で…

こうして生きていく事が許された私は…

幸せ者で御座います。

 

五十歳以降の人生設計を全く描いていなかった私は…

又新たな目標を掲げて、更に進化した舞踊世界を目指したいと存じます。

 

全ての皆様に、心より感謝申し上げます。

 

宗山流胡蝶 夜会巻き 桜.JPG

 

 

11月28日 第33回 清流会 其の二

2015年11月28日

そして、胡蝶演歌舞踊の世界の後半を御報告させて頂きます。

今回四十代最後の舞台の衣裳として新誂させて頂いた…

黒地縮緬に胡蝶蘭の裾引きです。

友禅と云うと皆さん[京友禅]を連想される方がほとんどかと存じますが…

今回の胡蝶蘭の衣裳は[江戸友禅]で染めてみました。

はんなりさ…よりは、きっぱりとした感じを出したかったのです。

勿論、役によっては関西で染めた衣裳の方がしっくりする演目も沢山ありますよ。

宗山流胡蝶 胡蝶蘭の裾引き (29).JPG

なぜか私…この年まで、自分の名前にちなんだ胡蝶蘭の着物を一度も来た事がなかったのです。

まあ考えてみれば…

虎が虎の皮のパンツを履かないように…

蛇が蛇皮の財布を持たないのと何ら変わりはありませんね。

胡蝶蘭の裾引き 宗山胡蝶 (1).JPG

今回は、この衣裳で[ネオン川]や[恋あざみ][東京セレナーデ]と言った、ムード歌謡を中心に御覧頂きました。

宗山流胡蝶 胡蝶蘭の裾引き (6).JPG

お太鼓には小道具で使用するレースのハンカチを挟んでありますよ。

ちょっとした事なのですが…

新派の名優、花柳章太郎や、水谷八重子がお芝居の小道具としてハンカチを扱うときに、さりげ無くお太鼓にハンカチを挟む仕草を胡蝶の振り付けに取り入れさせて頂いていますよ…

さりげない仕草の積み重ねが舞踊の役作りになりますね。

胡蝶蘭の裾引き 宗山胡蝶 (2).JPG

二枚重ねの裾の部分は地色を一段グレーに落として染めてあります。

 

そして、チャマは最近マイブームとして踊っている[北の漁場]を浅草公会堂のを舞台にかけました。

宗山流蝶ノ介 東からげ.JPG

この演目…とても膝に負担のかかる振り付けになっています。

着付けは、[東からげ]と云う、裾の両脇線を引き上げた特殊な着付けです。

帯結びも[前箱]ていう、文庫を前で結んだ形のスタイルです。

33回清流会 胡蝶 (5).JPG

腕には[手筒]、膝から下には[脚絆]を装着します。

勇ましい装いですね。

十二月の公会堂でも上演予定となっていますよ。

 

そして今回も初々しい女形姿で[風の盆恋唄]を御披露して下さった山谷弘佑くん…

風の盆恋唄 山谷弘佑.JPG

客席からの声援もひとしおです。

来年は社会人です…

又是非、素晴らしい踊りを御披露して下さいね。

 

そして今回の文芸大作…

出番前に楽屋で里の子に囲まれる胡蝶です。

33回清流会 (36).JPG

木下順二先生の[夕鶴]を題材にした[鶴の恩返し…おつう]です。

本来はリサイタル形式の上演の場合は途中で緞帳おろすという演出は避けるのですが…

文芸大作という事で、あえて改めて緞帳を上げさせて頂きました。

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (2).JPG

鶴の化身であるおつは、子供が大好きです。

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (26).JPG

いつも子供たちに囲まれて…

自分の命を救ってくれた男の為に、自らの羽を抜いて[千羽織]の布を織って家計を支えるのです。

やがて自分が鶴の化身だと云う事を知られてしまったおつうは…

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (69).JPG

 

と…ここで里の子達に隠れて衣裳を引き抜き、つるの姿に変身します。

 

おつう 宗山流胡蝶.JPG

子供たちとの別れを惜しみつつ、何処へとも無く飛んでゆくおつう…で、あるのですが…

 

一筋縄で終わらないのが胡蝶の舞台です。

何処からともなく… 

真の鶴の生が現れます。

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (181).JPG

その名は[汚痛]…

履いていた朴葉下駄を後ろに脱ぎ転がします。

そして、恐怖のあまりに泣き喚く子供たちの前で…

衝撃のカミングアウトをするのであります。

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (249).JPG

どうです… この堂々たるプリマドンナ…チュチュの姿は…

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (310).JPG

こうなると文芸大作どころか…

エログロナンセンス… 花組芝居も太刀打ち出来ませんね。

 

そして今回、特筆すべきは…

村の子のリーダーを勤める[志十ッチ]事、立花志十郎さん。

れっきとした歌舞伎役者の経歴を持ち、舞踊家としても…

又子供歌舞伎の指導者としても御活躍の…

その志十ッチにお願いして演じて頂いた里の子…

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (434).JPG

それも女の子…

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (472).JPG

御覧下さい…

桃ちゃんとの、よどみの無いこのコラボレーション。

出演者も裏方スタッフも…舞台に釘付けです。

おつう 胡蝶演歌舞踊の世界 (461).JPG

皆様、この見事な足元に御注目下さいませ…

こうして…

怪鳥、汚痛は天空高く昇天していったので御座います。

呆れた文芸大作を御目にかけました。

 

この空気感の…直後に真顔で演じることは大変な精神力を必要とします。

そこに白羽の矢が立ったのが…宗山流蝶で御座います。

宗山流蝶 不如帰  (67).JPG

[不如帰]と云う…儚くも切ないこの曲で、前景の空気を払拭する蝶で御座います。

愁いのある表情は… 愛しい人と別れて自分の命が消えてゆく悲しみと…

変態演目の次に踊らなければならない悲しみとが混在して…

それはそれは感情移入出来た事と存じます。

 

そして胡蝶は久々に今回四十代最後のメイン演目に[故郷に宜しく]を…

宗山流胡蝶 故郷によろしく (2).JPG

深い雪に閉ざされた北国の冬

貧しい生まれ故郷捨てて…

都会で任侠となった一人の女は…

久々に両親の眠る墓を訪ねます

宗山流胡蝶 故郷によろしく (40).JPG

前段は[懺悔の値打ちも無い]と云う胡蝶の青春時代の思い出の曲に乗せて構成しています。

この役は喪服を着て登場します。

現在の喪服は、[黒共]と云って、帯揚げから帯締めまで全て黒で統一していますが…

宗山流胡蝶 故郷によろしく (48).JPG

明治、大正、昭和の戦前までは帯締め帯揚げは白を使用していました。

黒と白とのコントラストが、ある意味[カッコ良く]生えてしまい…

粋にすら見えてしまうところから、戦後は全て黒で統一するようになった…

と云うのが現代着付けの流れです。

胡蝶はやはり、古風なスタイルが好きなので舞台では喪服と云えども、

帯締め帯揚げを白にさせて頂いていますよ。

宗山流胡蝶 故郷によろしく 如源丸帯.JPG

勿論喪服と云えども、黒繻子に龍の丸を織り出して、如源の垂れのお太鼓は定番です。

そして、傘の陰で喪服を引き抜き、

宗山流胡蝶 故郷によろしく (55).JPG

白地の墨絵の龍の衣裳になります。

ここからが曲代わりで[故郷によろしく]と移り変わります。

宗山流胡蝶 故郷によろしく (119).JPG

今回は久々に三回目の上演となりますが…

何度勤めても難しい曲です。

今後も上演を重ねて育てていきたい演目の一つです。

 

そして次の瞬間…

今回の胡蝶演歌舞踊の世界、[残雪]にサプライズゲストとして…

宗山流胡蝶華舞台 花柳琴臣 (4).JPG

番傘を背にたたずむ…のは…

何と、花柳琴臣さんです…

宗山流胡蝶華舞台 花柳琴臣 (15).JPG

これには、ご来場のお客様も本当に喜んで下さいました。

[望郷じょんから]を御披露して下さいましたよ。

名実ともに現在の日本舞踊界の若手ホープとして御活躍ですが…

演歌舞踊に対して偏見を持っていない、数少ない踊り手の一人です。

今後も色々な形で舞台を御一緒させて頂く事になります。

胡蝶の訴え続けてきた…古典と新舞踊をの垣根を取り外す…

そんな舞台を支えてくださるお一人です。

 

そして、扇さんは[くれない椿]を初演しました。

宗山流扇 紅椿 (5).JPG

御高祖頭巾で登場するこの演目は、親の仇討ちをする[五弁の椿]をイメージして作らせて頂いた作品です。

宗山流扇 紅椿 (87).JPG

振袖姿の美しい女性が刀を抜くところが特徴ある演目として創作しました。

扇さんの持ち味が良く生かされた演目ですね。

 

そして、天空高く飛び去った汚痛は、ペンギンの様な鶴の姿になり果てて再び世間を騒がすこととなります。

33回清流会 胡蝶 (1).JPG

志十ッチ、遊さん…最後までお付き合い有難う御座いました。

 

そして胡蝶の締めくくりの立ち役は[花の生涯]

これも何度と無く踊らせて頂いた一曲ですが…

胡蝶演歌舞踊の世界 花の生涯 宗山流胡蝶.JPG

舞台に、雪が沢山積もっていって…それこそ本当の[残雪]状態…

ツルツル滑ってスケートリンク状態で怖かったですよ。

 

何とか無事に四十代最後の胡蝶演歌舞踊の世界[残雪]を上演させて頂く事が出来ました。

無事に山中温泉から帰ってこれた事も幸いでした。

33回清流会 胡蝶 (3).JPG

そして、第三十三回、清流会にご来場のお客様、ご出演の皆様、本当に有難う御座いました。

お疲れ様で御座いました。

33回清流会 胡蝶 (4).JPG

 

終演後に花柳琴臣さんから『今回は、本物の新舞踊の舞台に立たせて頂き、感謝します…』とのお言葉を頂き、感激致しました。

感謝をしているのは私の方なのですが…

胡蝶にとりまして、四十代締めくくりの素晴らしい一言を頂戴致しました。

今後益々精進させて頂きます。

 

昨日まで沖縄のお稽古に四日間伺って参りました。

あと二日で、私も半世紀を迎えます。

11月19日 第33回 清流会 其の一

2015年11月19日

先週の11月14日、土曜日、に開催させて頂きました、第三十三回清流会の様子をご紹介させて頂きます。

前回ご説明申し上げましたとおり…

朝一番で、実は以前から撮影準備をしておきました[胡蝶のご挨拶映像]を舞台で流させて頂きました。

『皆様、本日は第三十三回…  実は私、ただいま石川県は山中温泉に着ております。…』

云々のお詫びの映像を御覧頂き、開幕となりました。

私が雪の山中を踊らせて頂いてる間の楽屋の様子を少しご紹介しましょうね。

33回清流会楽屋 (3).jpg

幕開けで[助六模様]を済ませたばかりのチャマ…

[越前竹舞い]を久々に上演した倭…

そして今回、初めて立ち役に挑戦した惠リンの[白雲の城]の袴姿は…

初めてとは思えないド貫禄ですね。

33回清流会楽屋 (8).jpg

こちらは、[追分くずし]を踊った凜さんと

[佐渡の恋唄]に挑戦した蘭さん…

このお二人もとても風格がありますね。

33回清流会楽屋 (4).jpg

序幕を取り終えたチャマ…

楽屋見舞いに頂戴した一口サイズの笹巻鮨を持って嬉しそうですね。

残念な事に…夕方に楽屋入りした胡蝶の口には入りませんでした。

33回清流会 鈴啓.jpg

こちらは、藤乃会会、藤原鈴啓さんの[お吉]です。

 

こちらは清流会実行委員長、英邑流家元 英邑秀先生…

キリリと前割れ姿で[宴]のお支度です。

秀.jpg

八十歳を過ぎられても立派に舞台を勤めて清流会を支えて下さっています。

 

そして清流会実行委員、葵さんの[艶歌舟]です。

宗山流葵 艶歌舟.jpg

白地の縮緬浴衣が良くお似合いですね。

 

こちらは大和楽の[春信描く]を初演する蝶吉さん。

春信描く 宗山流蝶吉.jpg

清流会本会には毎回ご出演頂いています。

もっともっと清流会ご出演の皆様の御写真をご紹介したかったのですが…

何と申しましても、スナップ写真好きの胡蝶も、写真班正恵も掛け持ちの山中で…

この時間不在の為…申しわけ御座いません。

又後日、入手致しましてご紹介出来ることもあるかと存じます。

 

無事小雨の羽田空港に到着した私は、正恵あともども車に飛び乗り…

何とか無事浅草公会堂に楽屋入りする事が出来ました。

猛スピードで白塗り…

超特急で着付けをして頂きまして…

33回清流会 宗山流胡蝶 楽屋.JPG

何とか5時半の[胡蝶演歌舞踊の世界]の定刻の開幕にこぎつけました。

33回清流会 (15).JPG

黒地秋草の裾引きに、破れ業平格子の染如源の丸帯を角出しに絞めてみました。

宗山流胡蝶 浮世絵 廓の夢 (43).JPG

今回は、…本条秀太郎先生の音源で[廓の夢]から開けさせて頂きました。

宗山流胡蝶 浮世絵 廓の夢 (78).JPG

中程から相原ひろ子さんの[いろは綴り]になりましたよ…

帯揚げやしごき、襦袢の袖など…

緋色ではコントラストが強すぎてしっとりとした雰囲気を壊してしまいそうだったので…

今回はあえて[朱]系の色を合わせでまとめてみました。

パソコン上の写真では、やや黄色みが強く出てしまっていますが…

実物はこっくりとした朱色です。

宗山流胡蝶 浮世絵 廓の夢 (236).JPG

無事東京に到着して出演させて頂いた事を…お客様にお詫びするとともに…

気を揉ませてしまった皆様に山中の御報告を申し上げました。

引き続き、華やかに日本橋を御覧頂きました…

胡蝶演歌舞踊の世界 日本橋から (30).JPG

でも振りがバラバラで…

凄まじい仕上がりでした。

胡蝶演歌舞踊の世界 日本橋から (61).JPG

とてもとても[胡蝶演歌舞踊の世界]で御披露させて頂くような代物では御座いませんでした。

これこそ…[上演しなかった方がまし]な失敗作品になってしまったのであります。

写真ではバレませんが… 動けばバラバラ…

証拠映像なんか…門外不出ですっ。

胡蝶…結構本気で怒っております。

あんた方…もう出してあげないわよ~っ

どっ…どうしてくれよう…

ブログ上で、深く陳謝させて頂きますと共に…

出演者の技術向上に勤めて参りますので、今回の[日本橋から]のバラバラ事件の事は平にお許し下さいませ。

胡蝶演歌舞踊の世界 日本橋から (73).JPG

と、そこに花道から救世主 扇現る…

酔って候 宗山流.JPG

[日本橋から]に引き続いて[酔って候]で払拭…

IMG_8444.JPG

今回初お披露目の宗山流の籠文字ど定紋を縮緬に染め抜いた襦袢を肩肌着でご披露させて頂きました。

もう普通の衣裳では飽き足らず…

染めてみました…

中盤戦からはいよいよ…四十代最後の華舞台の記念に袖を通させて頂く…

胡蝶蘭の裾引きです…

 

続く

11月18日 巴会...そして山中

2015年11月18日

11月8日に開催されました、巴流家元、巴舞翔先生の主催なさる[巴会]の二十周年記念の舞台に出演させて頂きました。

会場は、今年大改装が済んだ烏山文化センターです。

巴流さんは宗山流とほぼ同時期に創流されましたが、舞踊歴は宗山流よりも大先輩であります。

今回は、音響と進行をお手伝いさせて頂きつつ、胡蝶、チャマ、桃が賛助出演させて頂きました。

 

チャマは、[北の漁場]を御披露させて頂きました。

宗山流蝶ノ介 北の漁場 巴会.JPG

今年はこの曲で勝負するそうです。

井桁裾引き ゑり萬 宗山流胡蝶.JPG

胡蝶は井桁の黒地の小紋に、結び文の帯を締めて…

[しのぶ]を踊らせて頂きました。

宗山流胡蝶 銀杏返し .JPG

胡蝶はこのような小紋のあっさりとした衣裳の演目などが大好きなのですが…

ゲストにお呼び頂いた時などの衣裳としては華やかな絵羽物の衣裳が皆様はお望みの様で…

特に舞踊界の賛助出演の場合には…

主役はその御流儀の皆様ですので…

胡蝶は小紋のあっさりとした衣裳ぐらいが丁度良いですよね。

打ち上げでは久々に巴舞翔先生と深夜迄二次会で飲み明かしましたよ。

巴流の皆様方、本当にお疲れ様で御座いました。

 

と…ここからが大変な一週間で御座いました。

第三十三回、清流会、浅草公会堂を控えて…

印刷物は元より、上演台本、音響編集、衣裳、鬘の仕込みから楽屋割り…制作全般の追い込みの一週間でありました。

清流会前日の13日金曜日、朝から浅草公会堂では[胡蝶演歌舞踊の世界]のリハーサルです。

そこから清流会にご出演の皆様のリハーサルが続きます。

とここで、胡蝶は午後の三時に浅草公会堂を後に…車で一路羽田空港へ。

小松空港に飛んで、山中温泉郷を目指します。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (192).JPG

何と今回…[第17回 北前船寄港フォーラム in 加賀橋立 山中温泉]と云う大イベントにお伺い致しました。

北前舟チラシ.png

 

これは、江戸時代に北前船が様々な物資をはじめ、食文化にとどまること無く、芸能文化面の交流においても多大なる影響をもたらした…と云う観点から、北前船の寄港地に改めてスポットを当てて地域の活性化を図ろうという一大プロジェクトの一環です。

このフォーラムの締めくくりに、[本条秀太郎、山中節特別公演]という素晴らしい企画があり、その舞台で[雪の山中]を踊らせて頂けると云うので…大変無茶なスケジュールをやりくりして駆けつけた次第で御座います。

これは、初日のレセプションの様子です。

某省庁の大臣をはじめ、各航空会社の社長、旅行会社社長…

北前船ゆかりの寄港地の市長はじめ、何某様等々が顔を揃えたそれはそれは…

住む世界の違うお集まりで御座いました。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (199).JPG

レセプションの御料理は、石川県の産んだ料理の鉄人、道場六三郎氏が監修、腕を振るわれたお料理が饗されました。

司会者の方が『それでは、今夜皆様にお楽しみ頂いておりますお料理の説明を、道場六三郎本人よりさせて頂きたいと存じます…』

これにはちょっとびっくりでした。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 道場六三郎.JPG

まさか三百人分のお料理を、天下の道場先生が…

そうと知っていたなら…もっときちんと味わって頂戴すれば良かったのですが…

ただの宴会料理だと思っていたものですから…

知ら無いというのは恐ろしいものですね。

ちょっと吹き出し合いました…

だって気づかなかったんだもん…

それどころか、浅草公会堂でのリハーサルは順調に進んでいるのか…

そればかりが頭の中によぎり…

味なんか…判っちゃいませんでした。

本当に失礼を致しました。

 

それから座を変えて、こよなく愛する山中温泉のかよう亭さんへ…

やはり、前日からリハーサルの為に現地入りしていらっしゃった本条秀太郎先生と伺いました。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (204).JPG

こちらでは、解禁間も無い初物の香箱蟹と、打ちたての新蕎麦、絶品海鼠腸を頂戴致しました。

こちらは絶品で御座いました。

舌は正直で御座います。

夜のかよう亭では、本条先生がプロデュースなさった山中の芸者衆による[山中道中流し]をフォーラムにいらっしゃっている超 VIP の皆様方に御披露されました。

のんびりしてはいられません。

翌日の本番を控え、又浅草の無事を祈りつつ温泉を頂戴して早めに就寝しました。

 

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (22).JPG

公演当日は、午前中から前日参加出来なかった胡蝶の為に[雪の山中]のリハーサルを、秀太郎先生、秀五郎さんがなさって下さいました。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (16).JPG

そして、いよいよ[本条秀太郎 山中節特別公演]本番…

又浅草では[第三十三回清流会本会]がほぼ同じ時間に開演を致しました。

私が御化粧をする舞台下手の楽屋には、舞台上で演奏されている本条先生の素晴らしい名演奏が直接聞こえてきて…

それはそれは、迦陵頻伽を拝聴するごとく…

我を忘れて聴き入ってしまいました。

北前船に乗って各地に流布したという民謡のルーツをたどり、

追分、甚句など…興味深く、奥深い話が本条先生の口から語られ…

それはそれは素晴らしい公演で御座いました。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (40).JPG

すっかり支度を済ませた胡蝶ではありましたが…

予定の時間を四十分程…オーバーして素晴らしい演奏は続きます。

実は胡蝶の飛行機の都合があり、後半のプログラムを入れ替えて頂き…

俚奏楽[雪の山中]の膜は開いたので御座います。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (71).JPG

明治座での上演とは一味違った石川県山中で踊らせて頂く…

本条秀太郎先生作詞作曲による[雪の山中]を…

本条秀太郎先生の演奏で踊らせて頂く…

こんな素晴らしい機会を…お断りする理由も無く…

清流会当日の掛け持ち出演と云う、無謀な行動に出た胡蝶で御座います。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (176).JPG

でも先生の演奏で踊らせて頂いた十分間…

自分自身の選択に間違いはなかったと改めて確信致しました。

 

北前舟寄港フォーラム.png

 

一生に二度と無いかもしれない素晴らしい舞台を踏ませて頂きました。

 

と…緞帳が降りた瞬間…

本条先生、秀五郎さんはじめ演奏の皆様にご挨拶もそこそこに一分で白塗りを拭い去り…

車に飛び乗り、小松空港行に向けてぶっ飛ばしました。

嘘じゃないんです…

本当に1分ですよ。

前日から同行してくれた下駄娘正恵も顔面蒼白です。

あと10分遅れていたら…

2時5分のフライトに間に合わなかったら…

次は夕方五時台の便しかありませんので…

清流会、[胡蝶演歌舞踊の世界]の上演は中止となります。

北前舟フォーラム 宗山流胡蝶 本條秀太郎  (188).JPG

雨の中…命からがら…飛行機に乗り込むことが出来ました。

本条先生、鳴り物の皆様、そして公演関係者の皆様…

私の無茶なスケジュールの為に、多大なるご心労とお気遣いをお掛け致しまして…申しわけ御座いませんでした。

心より感謝致します。

そして記念すべき山中での[雪の山中]を踊らせて頂きました御縁に心より感謝申し上げます。

無茶して良かった…

などとのんきな事を考えつつ…50分のフライト

浅草公会堂では、胡蝶の帰りを待つ事務局はじめ、事実を知っているスタッフの皆さんが、胃痙攣を起こしつつ胡蝶の楽屋入りをかたずをのんで待っています…

恐ろしい綱渡り掛け持ち舞台…

胡蝶四十代最後のリサイタルに臨みます。

次回に続く…

宗山流胡蝶 残雪.jpg

11月16日 弁天座・名流祭・宜野湾

2015年11月16日

爽やかな気候の毎日が続いていますね。

遅れ遅れになって申しわけ御座いません…

十月の舞台活動の様子を振り返ってご報告申し上げます。

10月12日に高知県赤岡町の弁天座で開催されました[誉会、土佐ふじ和会合同公演]の特別ゲストにお招き頂きました。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (5).JPG

この弁天座は、七年程前に[胡蝶華舞台]の公演を二年続けてさせて頂いた、あ、思い出の劇場です。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (7).JPG

昔ながらの芝居小屋の造りで、升席で構成されています。

9月には市川海老蔵さんも公演で使用された総木造建築の素晴らしい建造物です。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (39).JPG

木材の優しいぬくもりが伝わって、劇場内全てがとても居心地の良い空間です。

 

[恋の柳橋]を御披露された、ふじ和美智子さん。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (27).JPG

今回は胡蝶がお化粧をさせて頂きました。

会主の土佐ふじ和流家元 ふじ和美和先生は大石内蔵助の妻 [おりく] をお踊られました。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (43).JPG

道中着の姿がとてもよくお似合いでした。

ふじ和会の若手の皆さんも大活躍。

高知 (19).JPG

胡蝶華舞台、高知公演にも毎回花を添えて下さっているメンバーですよ。

今回改めて二階席の後ろから舞台を拝見しましたが、本当にこのところ、大人らしくしっかりとした舞台になってきました。

頼もしいですね。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (45).JPG

そしてこちらは、首に少し白粉が残っている小笠原大地君…

こちらもみるみるうちに大人になって…

もはやイケメンですね。

今後益々、楽しみなふじ和会の皆さんです。

宗山流胡蝶 弁天座.JPG

来年の9月18日には、高知県立美術館ホールで[ふじ和会]が開催されます。

とても楽しみですね。

今回高知に伺った際に、父の生まれ故郷である兎田の小松家の実家に伺ってきました。

奇遇にも日頃同じ東京に住んでいても会うことのできない従兄弟も帰郷していって…

高知の小松本家は沢山の従兄弟が集まりました。

お昼から、高知特産の野菜と新鮮なカツオのタタキ等の手づくりの料理に癒されました。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (2).JPG

これは、高知の小松家の裏山の畑で取れた琉球の酢の物です。

歯ごたえのとても良い、高知ならではの御馳走です。

高知 弁天座 宗山流胡蝶 (1).JPG

そしてこれはなんと、[令]と祖父の名前の書かれたバケツ。

農家では、農繁期に農協で昼食を作って各家庭に配るシステムがありました。

その折のバケツなのです。

45年以上も経っている今でも、ピカピカに磨かれたバケツにマジックで書かれた名前が鮮やかでした。

懐かしいおじいちゃんの形見の品なので、頂戴してきました。

大切に胡蝶の部屋に置いてありますよ。

 

そして今回、公演翌日に小説家の宮尾登美子の追悼展に行ってきました。

高知 (27).JPG

宮尾登美子は皆様御存知の高知の産んだ女流文学科です。

高知 (29).JPG

代表作に[天蓋の花][皇女和宮][鬼龍院花子の生涯]等…素晴らしい作品の数々を世に送り出しました。

一連の作品はあ、多くの映画や舞台で上演され、広く土佐の高知の雰囲気を全国に紹介した功績はとても大きいと思います。

私も[女鬼龍院]は、踊るたびに高知の桂浜の景色と、宮尾文学の世界を思い出しつつ上演させて頂いております。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

そして高知から舞い戻り、翌週の18日日曜日…

東京新聞主催の名流祭…

今年も出演させて頂きました。

胡蝶はこの名流祭、平成九年の第五回大会から毎年出演させて頂いています。

今回が第二十三回の開催となりますので…我ながら恐ろしくなります。

本来は会主、家元の出演させて頂く会なのですが、要さん、扇さんも出演させて頂く事となりました。

宗山流要 宗山流扇 大江戸花ごよみ .JPG

演目は、[大江戸花ごよみ]を今回の為に二人振りに新しく作り直しました。

2015名流祭 宗山流要 (1).JPG

曲の途中で肩肌を脱いだり、おかめひょっとこのお面を被ったりと中々段取りの多い振り付けに…緊張感も漂いましたが、無事に初演させて頂きました。

そして胡蝶の今回の演目は[唐人お物語]です。

2015名流祭 宗山流胡蝶 唐人お吉物語 (7).JPG

何度も何度も上演してきている演目ですが…

毎回毎回難しさと、新たな課題が突きつけられる演目ですね。

2015名流祭 宗山流胡蝶 唐人お吉物語 (4).JPG

そして今回は、前段の座敷の場面とお吉の後半生の部分との間のつなぎに、下田の芸者、下田の大工に扮したエキストラ軍団として皆んなにつき合ってもらいました。

2015名流祭 宗山流胡蝶 唐人お吉物語 (6).JPG

まるで[クイズを江戸でござる]の世界ですね。

皆んなが良い味で…笑っちゃうでしょう。

 

前半の御吉の踊りが終わり、胡蝶がセリ下がります。

そこにエキストラ軍団登場

2015名流祭 宗山流.JPG

セリの下では、胡蝶が顔を汚して、衣裳替えをしています。

ほんの二分足らずのことなのですが、やはり舞台を空にするのは芸が無いので…

下田港の雰囲気を演出していますよ。

2015名流祭 宗山流胡蝶 唐人お吉物語 (2).JPG

そして、ボロボロになったお吉が登場します。

今回は胡蝶のリサイタルと違い、後で再び支度を整えて綺麗な訳で登場する必要が無いので、思い切って顔を汚す事が出来ました。

2015名流祭 宗山流胡蝶 唐人お吉物語 (3).JPG

時代に翻弄され、お酒でボロボロになっていくお吉…

勤めさせて頂きました。

2015名流祭 宗山流胡蝶 山門大扇.JPG

山門大扇先生と…

やはり先生、凄い貫禄ですね。

圧倒されます。

 

そして翌週は沖縄のお稽古、ゲスト出演に伺ってきましたよ。

宜野湾 宗山流胡蝶  (174).JPG

秋というには…夏日の陽気の宜野湾です。

25日日曜日に、[宜野湾チャリティー歌謡祭]の特別ゲストにお呼び頂きました。

宜野湾 宗山流胡蝶  (179).JPG

会場は、宜野湾コンベンション、劇場棟です。

1700人収容の巨大ホールです 。

宜野湾 宗山流胡蝶  宗山流江.JPG

今回は沖縄の宗山流江さんも[明治一代女]で出演しています。

明治座でも上演している演目なので、今回は特に落ち着いて踊ることが出来ました。

宜野湾 宗山流江.JPG

本当に素晴らしい出来でしたよ。

宜野湾 宗山流胡蝶  (35).JPG

胡蝶は[春の雪]を踊らせて頂きました。

季節感はちょっと違いますが、沖縄では染井吉野が咲くことは無いので…

あえてこの衣裳を着てみました。

宜野湾 宗山流紫.JPG

楽屋で宗山流紫さんはじめ、門弟の皆さんと記念写真です。

ほんの少しの時間でしたが、沖縄の皆様に胡蝶の舞台を見て頂く事が出来て本当にありがたい事です。

[胡蝶をどりらいぶ]を含めると今年は三回…沖縄で踊らせて頂きました。

来年は、十月に国立劇場おきなわで宗山會、胡蝶華舞台を予定しております。

宜野湾 宗山流胡蝶  (433).JPG

東京から駆けつけてくれた正恵と、翌日はのんびりと沖縄休日をさせて頂きました。

駆け足で申しわけ御座いません。

とりあえず、十月の舞台の様子を簡単に御報告申し上げました。

十一月の胡蝶の奮闘記も近々ご報告させて頂きますので、もう少々お待ち下さいませ。

 

ただいま、十二月の恒例のディナーショーの構成に入っております。

新築となりました東天紅のステージでお待ちしております。

年末のひととき、是非お誘い合わせの上、ご来場賜りますよう心よりお待ち申し上げております。

(文字訂正)胡蝶様15年東天紅_表.jpg

 

11月2日 三越劇場 不二美会

2015年11月 2日

秋もたけなわ…

食欲の秋ですね…

早速先月の舞台を振り返ってご案内させて頂きます。10月1日の大井町きゅりあんで開催されました[園の会]に引き続き…

 

10月3日の土曜日に日本橋三越劇場で開催されました

小唄、[不二美会]に特別出演させて頂きました。

お昼過ぎには、小唄もう唄わせて頂きましたよ。

内緒ですtが…。

そして早速白塗り…

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (1).JPG

[お吉]を題材とした小唄からスタートですので…

鴉の衣裳を引き抜き被せにしました。

いつも着用している鴉よりもやや薄い銀ネズ地の衣裳です。

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (3).JPG

二週間後の名流祭でも[お吉]を上演させて頂く都合上、見てはいますが…

全く別のものを着用させて頂いています。帯のコーディネートも違いますよ。

会主は不二流家元、不二こみち師匠です。

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (4).JPG

門弟の皆さん総出で演奏して下さいました。

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (5).JPG

小唄は一曲1曲が短い為…今回は、5曲メドレーという事で…

御覧になるお客様が飽きないように衣裳を引き抜きましたよ。

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (6).JPG

一度下手の袖に引っ込んでお客様から見られない場所で衣裳を引き抜きます。

舞台上での引き抜きと違い、これを[蔭抜き]と云います…

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (8).JPG

縞に柳を染めた裾引きです。

これは、文を書いている振りです。

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (7).JPG

四曲目は祭礼を唄った演目でしたから肩肌脱ぎです。

小唄振りの様なあっさりとした舞台では、後見さんにお手伝いいただかずに自分で脱ぎます。

後見さんに手伝って頂くと何かと仰々しくなってしまい…

小唄のあっさりとした世界感の良さが損なわれてしまいますので…

三越 不二美会 宗山流胡蝶 (2).JPG

そしてなんと、最後はしっとりとした曲で締めくくりですので…まだ自力で片肌を収めます。

よく、舞踊会などで…

『今回はあっさりと小唄振りで簡単に済ませます…』

などと仰る方が多いのですが…

小唄は、そもそも義太夫、清元、常盤津、長唄など様々な音曲のエッセンスを凝縮した洒落歌です。

歌舞伎を題材にしたものも多く、ある意味では、その全てに精通してよく理解していないと『サラリと簡単に…』などとは恐れ多いことです。

かえって難しいんですよ。

小唄振りは…

 

公会堂前の今昔きもの胡蝶…

午後の TBSの情報バラエティー番組の取材に杉ちゃんがご来店。

杉ちゃんと (1).JPG

相変わらずパワフルな杉ちゃんです。

 

第三十三回の清流会のご案内です。

33回清流会A1_2.jpg

今回も素晴らしい演目がズラリと並びました。

33回清流会A4ウラ_2.jpg

又、清流会終演後の[胡蝶演歌舞踊の世界…残雪]は…

胡蝶の四十代最後の舞台となります。

今回も気合いを入れて上演させて頂きます。

是非是非ご来場賜りますよう、出演者一同お待ち申し上げております。

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集