HOME > 胡蝶をどり日記 > 2016年4月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2016年4月の日記

4月23日 本番迫る

2016年4月23日

皆様、御無沙汰をお許し下さいませ。三月の杉並清流会以降…

お稽古三昧、仕込み三昧の日々を送っておりました。

 

今をさかのぼる事、二十日…

四月の三日には恒例の胡蝶舞踊講習会

宗山流胡蝶 道成寺訪問着 (1).JPG

今回は、オーソドックスな曲目ではありますが、初心に帰り[新すみだ川]

きっちりとした芸者の振り付けでリニューアル致しました。

季節は満開の桜の折りでしたので…

道成寺の舞台をモチーフにした着物を着させて頂きました。

宗山流胡蝶 狂言丸 如源帯.JPG

帯は、狂言丸の染めの如源裏を合わせました。

一年に一度のコーディネートです。

宗山流胡蝶 道成寺訪問着 (2).JPG

何と、講習会終了後は、花柳琴臣さんの発表会の舞台に伺いました。

王子の北とぴあにて…

会場で藤間友竹…事、観音裏のミカンと待ち合わせて楽屋へ…

花柳琴臣 宗山流胡蝶 ミカン.JPG

何と、巨大な女形に扮している琴さんは…

会主のお母上と、愛娘ちゃんと親子三代の[靭猿]を千秋楽に勤められました。

親子ならではの情の通い合った素晴らしい舞台でした。

 

そして、月中は沖縄のお稽古四日間…

大阪での衣裳の打ち合わせ…

連日のお稽古…

連夜のワインの御毒見…に追われておりました。

 

実は、宗山流門弟会の宗山流胡要さんのご主人が、十九日に逝去されました。

新春恒例の和楽の会でも発足当時から御尽力を頂き、本当に親しくお付き合いをさせて頂いておりました。

余りにもお若い旅立ちに、言葉も御座いません。

昨晩、宗山流の門弟の皆さんとお通夜に御弔問させて頂きました。

ご主人を亡くされた胡要さんは『長い闘病生活、苦しみから解放された主人に、お疲れ様…という思いで今はいっぱいです…』

との言葉に私たちも涙が止まりませんでした。

 

ご弔問を終えて、錦糸町の宗山流蝶吉さんのイタリアンレストランで献杯。故人の面影を偲び、人が集う…

 

故人から頂戴した貴重な集いの時間…

人間は死して尚、集いの時を造り、人の心に『避けては通れない生命の終わり』を教示して下さいます。

そして、明日に控えた舞台、来月に控えた宗山會の成功を祈る…

故人が与えて下さった生命力の連鎖を感じずにはいられません。

 

宗山流若手メンバー.JPG

明日の若扇流家元、若扇美和徳先生の追善舞踊会の為に台湾から来日していた千鶴流宗家、千鶴美扇事、宗山流光も交えて普段では揃わないメンバーでの献杯の時を頂戴致しました。

心からご冥福をお祈り致します。

※写真のメンバー

左から…宗山流扇、宗山流光、宗山流惠、宗山流要、

正恵、宗山流蝶吉、宗山流蝶[龍乃紀菜こと] 宗山流倭

宗山流遊、

前列 宗山流桃 胡蝶 チャマ

 

そして明日の、第三十五回若扇会、故若扇美和徳追善舞踊会、皆様、応援の程何卒宜しくお願い申し上げます。

若扇追善舞台面.JPG

こちらは明日の舞台の仕込み状況です…

胡蝶、こだわりの舞台のしつらえをさせて頂きますよ…

故若扇美和徳追善舞踊会

2016年4月 1日

昨年七月に長年に渡り舞踊の道を歩まれてまいりました若扇流家元、若扇美和徳先生が御病気のため御逝去されました。

私事では御座いますが、私は公私に渡りまして二十年来の親しいお付き合いをさせて頂きました。

筆舌に尽くし難い御恩と思い出が御座います。

この度、若扇美和徳先生が生前から楽しみにしていらっしゃった第三十五回、若扇会を…

若扇美和徳追善舞踊会として、僭越ながら、若輩胡蝶が、御遺族、若扇流門弟会様のご承諾を頂戴いたしました上で、

発起人、開催責任者として開催させて頂く事となりました。

つきましては、御多忙の折とは存じますが、生前の若扇美和徳先生の面影を偲び、

御誘い合わせましてのご来場をお願い申し上げます。

 

宗山流からも八曲、出演させていただきます。

 

盛り上げたいと存じますので、ご来場の程、宜しくお願いいたします。

若扇会A4オモテ.jpg

 

若扇会A4ウラ.jpg

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集