HOME > 胡蝶をどり日記 > 2017年3月アーカイブ

胡蝶をどり日記

2017年3月の日記

3月18日 和楽の会

2017年3月17日

日一日と 春隣… 

私も今日で退院後一週間を迎えました

日一日と、です

 

ご報告が遅れておりました1月29日の 和楽の会 を御案内いたしましょう

今回の和楽の会の会は、この会の前身であります 秋元総合学院主催の

[日本の雅]  45周年の節目の会との華やかな合同開催となりました

和楽の会としては14回目の開催です

 

日本の雅45周年  (50).JPG

今回は唄のゲストとして、相原ひろ子さんをお迎えしました。

秋元総合学院の式典、着付けの舞台に引き続き、胡蝶は [序の舞恋歌]を

日本の雅45周年  (237).JPG

初春を寿いで… 金屏風の前で踊るのは二が引き締まりますね。

日本の雅45周年  (49).JPG

胡蝶は背が高いので、高島田はよけいに巨大に見えてしまいますので

あまり得意では無いのですが…

やはり演目によっては避けては通れぬ格調高い高島田で御座います。

 

日本の雅45周年  (22).JPG

こちらは着付けの部で、親子三代着てつなぐ日本の心

に、桃太郎の格好で出演された学院幹部のお孫さんです。

柴犬に扮した桃ちゃんと場内を沸かせます。

日本の雅45周年  (152).JPG

こちらは今回、新名取の御披露をする越谷教室の宗山流要翠さん

[恋の柳橋] をしっとりと踊られました。

比較的渋い衣裳を好まれる要翠さんです。

越谷教室担当講師の要の門弟としては二人目のお名取さんです。

日本の雅45周年  (272).JPG

もう1曲、[道成寺] も新名取披露演目として上演されました。

今後益々の活躍を期待しております。

五月の宗山會でも本格的な新名取披露をさせて頂きます。

 

日本の雅45周年  (298).JPG

こちらは、越谷教室の若手代表、細井千絵ちゃん…

何と、和楽の会の創設当時から出演をしていますよ。

現在大学生で、学業に踊りに、そしてグルメに青春を謳歌しています。

キラキラ輝いていますね。

こんな頃に戻りたいです!

日本の雅45周年  (287).JPG

こちらは越谷教室の櫻井せつ子さん。

第一回目から出演されています。

着付け舞い、日本舞踊と毎回4曲から5曲の演目に出演されています。

普段とてもおっとりとされたお人柄ですが、

舞台に立つと、その意欲はびっくりする程前向きですよ。

 

日本の雅45周年  (193).JPG

そしてこちらは越谷教室の重鎮、石塚アサ子さんです。

着付け舞いの代表講師としてご活躍でもあります。

五年前の舞台では、本番前日に腕を骨折されたにもかかわらず

立派に[滝の白糸]を御披露されたという気力の持ち主です。

いつも頭の下がる思いです。

 

日本の雅45周年  (135).JPG

粋な権田格子の裾引きに [切り天神]という髪型で [追分くずし]を踊るのは…

秋元総合学院の副委員長として、外部の着付けなどハードな仕事をこなす一方で、

越谷教室のムードメーカーでもある宗山流胡要さん。

実は昨年ご主人をなくされて、とても寂しい時間を過ごされました。

今回は45周年の節目という事もあり、奮起して挑まれました。

 

日本の雅45周年  (314).JPG

定評のある立ち役は [風雪流れ旅]を御披露

色々な事を乗り越えられて、益々学院をもり立てていって頂きたいと思います。

 

日本の雅45周年 (212).JPG

今回遊さんは[大江戸祭り囃子]を…

この演目は昨年の秋の清流会で上演致しましたが、

華やかでウキウキする演目なので

今回の舞台にぴったりという事で再演致しました。

とってもいい笑顔ですね。

 

そして後半の[胡蝶初春に舞う]では相原ひろ子さんとのトークも

凄い身長差ですね。

胡蝶が何処か違う惑星の生物の様ですね。

日本の雅45周年  (481).JPG

衣裳を引き抜いて [さざんかの宿]を御覧頂きました。

新しく織り上げて頂いた白地に雪輪の丸帯ですが写真ではよく判ら無いでしょうか…

日本の雅45周年  (515).JPG

 

とても清潔感のある繊細な帯におり上がりました

久々に大満足の一本です。

又じっくりと御覧頂きましょうね。

日本の雅45周年  (502).JPG

 

蝶ノ介さんは お正月にふさわしく、[青海波]を…

昨年何度か踊らせては頂いているのですが…

うる覚えなのかどうなのか…

『毎回初心に帰って…』 等と、清らかな心構えと物忘れを

ごちゃ混ぜに説明しております。

IMG_1444.JPG

 

穏やかな笑顔でご挨拶されているのは、秋元総合学院の学院長であり、

和楽の会の会主、秋元美代子事宗山流藍先生です。

45年の感謝と、未来へ続く夢を客席いっぱいに届けて下さいました。

今後益々の発展を期待しております。

日本の雅45周年  (467).JPG

 

扇さんは [あぁ…あんた川]を初演致しました。

一月の講習会の課題曲でしたので、いち早く皆様にお見せする事が出来ました。

是非皆さんも挑戦してみて下さいね。

日本の雅45周年  (522).JPG

 

宗山流越谷教室の講師でもある要さん

今回は、オーソドックスな演目ですが[女の港]を…

こういう基本的にオーソドックスな曲は

上演回数を重ねて、何気無い仕草や

歌詞の行間に込められた心情などを

丁寧に振りに反映させていく事が何より大切です。

日本の雅45周年  (407).JPG

 

そして今回賛助出演として紅梅流から山谷弘佑君が出演。

勇壮な立ち役の[龍虎の舞] としっとりとした女形を御披露して下さいました。

来月からは就職も決まり、新たな一歩を踏み出します。

三月の清流会にも序幕に出演して下さいます。

皆様お楽しみに。

日本の雅45周年  (561).JPG

 

そして何といってもこの貫禄

桃ちゃんの[北海船]

余裕の笑顔ですね。

和楽の会でも大人気です。

昨年は着付け舞も挑戦致しましたが…

いずれ又見せて頂きましょう。

日本の雅45周年  (392).JPGのサムネール画像

 

フィナーレ前には相原ひろ子さんの格調高い歌声に乗せて

越谷教室総出演で、[千代の舞扇]を

振り返る思い出の中に、とても胸が熱くなりました。

回を重ねること、歴史を重ねること、人生の思い出を紡いでいきます

日本の雅45周年  (579).JPG

本部教室からも加わって[風流水景色]など相原ひろ子さんの名曲メドレーで締めくくりです。

日本の雅45周年  (360).JPG

胡蝶が初めて秋元総合学院のイベントにかかわらせて頂いたのが

15年前の三十周年の時でした。

そこから徐々に[和楽の会]として移行して14回目を迎えます。

毎年毎年欠かすこと無く開催されてきた舞台

出演者一人一人の人生の歴史と共に歩んで参ります

日本の雅45周年  (621).JPG

 

和楽の会は終演後のお見送りもお客様の楽しみの一つです。

お蔭様で滞りなく千秋楽を迎えました。

出演者一同心より御礼申し上げます。

日本の雅45周年  (83).JPG

と、本来例年通りですとこの後、打ち上げとなるのですが

胡蝶と蝶ノ介は今年に限り、次の予定が御座いまして

打ち上げを失礼させて頂きました

 

長年懇意にしている山中温泉のかよう亭さんの[四十年感謝の夕べ]

にお招き頂いておりましたので、終演後白塗りを落として

駆け付けた次第で御座います。

会場は銀座の[みちば]

料理の鉄人で名をはせた道場六三郎さんのお店が会場です。

山中温泉のかよう亭の上口社長と六三郎さんが同郷であり、

竹馬の友である事から、日頃から深い結びつきのお二人との事であります。

お客様は財界の皆様はじめ、松本幸四郎さん、大和田慎也さん、真野響子さん、

本条秀太郎先生…びっくりする顔ぶれでしたよ…

 

日本の雅45周年  (100).JPG

胡蝶も着物で出席させて頂きたかったのですが

何と云っても、千秋楽の後に駆け付けたもので、

平服で失礼を致しました。

本条秀太郎先生です。

 

そしてこちらは道場六三郎先生

相変わらずお元気で

驚いてしまいますね。

八十代とは思えぬバイタリティーで

10人以上いる板前さんを統率していましたよ。

 

かよう亭イベント みちば.JPG

 

 

 

そして少々日付は前後致しますが、1月の15日に台湾で行われました

千鶴流の忘年会を兼ねた舞踊会です。

日本では1月は新年ですが、

台湾では、旧暦のお正月となりますので、日本の1月の15日は、新年会では無く忘年会なのです。

台北千鶴流忘年会 (58).JPG

すっかり大きくなった千鶴流宗家、千鶴美扇の愛娘

あかりちゃんです。

皆さんと一緒に踊りも踊るんですよ。

 

台北千鶴流忘年会 (3).JPG

 

こちらは舞台から客席を写した写真です。

台北千鶴流忘年会 (39).JPGのサムネール画像

蝶ノ介さんも一曲御披露させて頂きました。

何とコッシーも応援に駆け付けてくれましたよ。

今年台湾の千鶴流も何かとイベントの多い1年になります。

胡蝶も今年は何度も稽古に通わせて頂きますよ。

 

とりあえず足早に御報告させて頂きました。

退院して1週間、諸々のもどかしさを抱えつつ、

一歩ずつ前進しております。

今日はこれからお稽古…

帯を締めるのが少々心配なので

今日は洋服の上に羽織を着て

ずぼらなカッコでお稽古させて頂きます。

本当にお弟子さんたちには申し訳ないと思っております。

来週25日の清流会杉並会では、完全復活を遂げますので

それ迄は

何卒ご容赦下さいませ。

3月6日 不詳の負傷

2017年3月 6日

胡蝶、負傷の御報告申し上げます… 

それは二月の、寒さ厳しい日で御座いました

蝶ノ介さんが39度越えの高熱…

インフルエンザのB型と診断されました。

拡散を恐れた蝶ノ介さんは、浅草ゲートホテルに籠られたので御座います。

宗山流一同、蝶ノ介さんの流石の御決断に感服致しました…

 

と…蝶ノ介さん隔離の二日後… 

もれなく胡蝶も、浅草寺病院にてインフルエンザB型と診断されました。  

申し訳ない事に… 二月の胡蝶舞踊講習会は断念して

扇さんに代わってもらいました…

杉並清流会の鬘合わせも、皆さんにインフルエンザを移してはなりませんので…

お任せいたしました…

タミフル.JPG

お陰様で、胡蝶は タミフルの服用が早く、高熱を免れ、

五日間の安静で済んだのですが…が…

 すっかり胡蝶の体からインフルエンザが抜けた六日目の夜に

事は起きたのです…

下駄娘正恵と快気 [怪奇] 祝いで浅草のお料理屋さんの二階で乾杯…

熱燗少々、赤ワインほんの少々…

インフルエンザ明けで六日ぶりのお酒で足元はフラフラしていたのでしょうね…

帰りに階段の残り三段を踏み外して転倒…

声も出せないほどの強烈な痛みが御座いました…

 

病室.JPG

翌朝、恐れておりました…

入院と相成りました次第…

御茶ノ水の日大病院に…

日大病院 胡蝶.JPG

強打の痛み… くらいにたかをくくっていたのですが…

今回は神仏は御許し下さいませんでした…

胡蝶 入院腕輪.JPG

インフルエンザに引き続き

第八胸椎圧迫骨折…

下のレントゲン写真で、三角に潰れている部分が… 患部です…

 

FullSizeRender.jpg

涙の手術と成ってしまいました…

不幸中の幸いは、圧迫骨折した部分が、背中の、丁度お太鼓の枕に当たる部分で…

頸椎 [首の骨] ですと、鬘を被るのに支障が出るとの事ですし…

腰椎 [腰の骨] ですと、殊更踊りに支障が出てしまいますから…

入院から二日後、二月二十四日、金曜日に手術決行…

IMG_2388.JPG

涙の胡蝶 自撮りです…

 

主治医の先生のアドバイスに従い、胸椎に金属を入れて補強をして頂きました。

全身麻酔で四時間ほどの手術でした。

術後の痛みは…

それはそれは… いい修羅場のお勉強に成りました…

 

IMG_2506.JPG

背骨にこの様にブリッジ状態です

IMG_2507.JPG

太いビスが打ち込まれておりまする。

やはり、身体は異物の侵入に対して猛反撃…

熱っぽい日が続きました…

 

お陰様で、日いちにちと術後の痛みも和らいでまいりました…

足腰の筋肉が衰えないように、リハビリも開始しましたよ…

 

毎日皆さんが…

美味しい物を差し入れてくださり…

大騒ぎで御座います…

お見舞いの皆様が絶えず…

寂しくありません…

個室ならではの解放感で、お陰様です。

 

吉兆寿司.JPG

 

IMG_2489.JPG

二週間以上もお酒を口にしないのは

二十年ぶり ですよ…

これも、神仏の思召しで… 休肝期間をお与えくださったものと思われます…

 

頭の中は、月末の清流会 杉並会

五月の宗山會本会の振付、企画制作、

衣裳部拡張に伴う引っ越しの事でフル回転しておりますが…

ベッドの上でもどかしい時間を過ごしておりまする…

入院胡蝶.JPG

もう数日で退院です。

直ぐに完全復帰致しますよ

 

皆様からの心の籠った御見舞い…

涙涙 感謝感謝 で御礼の申し上げようも御座いません…

 

まずは不詳の負傷の御報告で御座いました…

月別アーカイブ

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集