HOME > 胡蝶をどり日記 > 第三十九回 清流会

胡蝶をどり日記

第三十九回 清流会

2018年4月 3日

春爛漫の季節を迎えました。

皆様は如何お過ごしですか。私は昨年の胸椎の圧迫骨折の入院手術から丸一年が経ち

御陰様ですっかりと回復致しました。

担当医の先生からも、背中に入っている金属はもう抜き取っても大丈夫だと

お墨付きを頂戴致しました。

 

IMG_6188.JPGのサムネール画像

 

大幅に遅れております昨年の舞台の追っかけ報告をさせて頂きます。

平成29年11月の23日に開催させて頂きました

第39回大江戸顔見世名流撰 清流会

 

39回清流会A1_祝.jpg

序開きは、紅梅流から出演の山谷弘佑さんの[松の三番叟]

緊張感のある表情が伺えますね。

幕開けに相応しい若さ溢れる一幕を御披露頂きました。

IMG_6614.JPGのサムネール画像

 

宗山流倭は [花の向島] を初演致しました。

今後も小粋な邦楽の演目に取り組んで頂きたいですね。

花の向島 宗山流倭.JPG

 

惠リンはパワー溢れる [演歌桜] を初演致しました。

最近はテンポ感のある高度な演目に挑戦して技術を磨いています。

 

演歌櫻 惠.JPG

 

西荻舞浩事、清流会実行委員杉田浩子さんは

[ひばりの佐渡情話~流れ人]を熱演。

客席からは熱いエールが送られていました。

 

IMG_7513.JPG

これは花道の引っ込みの件です。

年々円熟した素晴らしい舞台を勤めて下さいます。

 

台湾から駆け付けてくれた千鶴流宗家、千鶴美扇と胡蝶の

[祝賀の舞] はこちらも初演です。

楽屋でのスチール写真風景

 

千鶴美扇 胡蝶 祝賀の舞.JPG

 

私も黒紋付きでの立ち役の御祝儀舞踊はとても久しぶりでした。

IMG_7649.JPG

 

 

こちらは中盤戦で踊らせて頂いた [おわら慕情] のスチール

縞に裾をぼかして観世水をあしらった裾引き、

洗い髪に紗張りの笠を被りました。

tIMG_2172.jpg

風の盆を題材にした曲目は沢山御座いますが、[風の盆恋唄]とはまた一味違った

相原ひろ子さんの名曲です。

 

IMG_7369.JPG

 

IMG_7345.JPG

 

舞台下手側の楽屋の廊下で杉田浩子さんとの一枚です。

 

39回清流会 楽屋等 (96).JPGのサムネール画像

 

こちらは土佐の高知から参加して下さった河島美智子さんの[暗夜航路]です。

落ち着きのあるしっとりとした素晴らしい一幕でした。

 

IMG_7588.JPG

 

龍乃流後継、龍乃嵯紀菜さんは、[羅生門] を上演

渡辺の綱に切り落とされたとする片腕を取り返す羅生門の鬼

幕外の引っ込みは歌舞伎の演出です。

 

IMG_7729.JPG

今回も十九流派、五十演目が花を競い、

素晴らしい演目を御披露下さいました。

心より感謝申し上げます。

 

そして清流会に引き続き、恒例の[胡蝶演歌舞踊の世界]今回は[波濤]と題して、

海にまつわる様々な演目をお楽しみ頂く趣向に致しました。

 

6_7_2 - コピー.jpg

 

こちらは、開演直前の出陣式の一枚です。

 

IMG_7869.JPG

 

幕開きの胡蝶は[波濤]には無関係な俚奏楽の[うき世道成寺]から

宗山會ちらし表紙 - コピー.jpg

 

 

うき世 胡蝶.JPG

 

 

浮世.JPGのサムネール画像

 

ここからは[博多港]と云う海繋がりで 要、扇の[正調博多節]から

IMG_8117.JPGのサムネール画像

 

山谷弘佑君の[博多恋しぐれ] です

 

IMG_8184.JPG

こちらは、[雪舞いの宿]です本来この演目は、

振袖、高島田で演じるようなイメージで創作したのではないのですが

今回の演歌舞踊の世界の全体のトーンが比較的シックな衣裳の演目が中心なので

少し気を変えて思い切ってこのいでたちにしてみました。

 

IMG_8286.JPG

 

 

IMG_8227.JPG

 

千鶴流宗家、千鶴美扇事、宗山流光の [海鳴り]

切ない女心を艶やかに表現します。

 

千鶴流宗家、千鶴美扇 海鳴り.JPG

 

こちらは、特別出演の花柳琴臣さんとの[さすらい列島]

 

さすらい胡蝶.JPG

 

板前と酌婦の駆け落ち…と云う設定のいわば特殊な演目です。

 

 

さすらい 胡蝶 花柳琴臣.JPG

短期間の数回のお稽古でよくお付き合い下さいました。

 

さすらい 胡蝶.JPG

 

引き続き、十数年ぶりの上演となる [たそがれ酒場]と云う、これまた胡蝶お得意の珍妙な演目です。

とは海辺の赤提灯には、様々な思いを抱えた女たちがたむろします。

 

たそがれ2.JPG

 

そんな居酒屋で繰り広げられる他愛も無い物語です。

沖の鴎.JPG

胡蝶は別キャラクター [杉村秋子]で挑みます。

IMG_8683.JPG

 

こんな変な演目、実際の舞台を観た方でないとなかなか伝わらない珍品です。

内容の割には大道具、衣裳鬘、小道具に至る迄一番手間ひまが掛る厄介な一幕ゆえに

上演頻度が少ないのです。

お客様に勘当を届けるという趣旨からは外れていまして…お客様に唖然呆然を御届けしております。

 

小芝居.JPG

 

ここでまたガラリと気を変えて、ムード歌謡の世界です。[時代屋の恋] [寒椿]等

数曲も披露させて頂きました。

 

胡蝶 涙の酒.JPG

 

 

夜会 .JPG

 

再びテーマの海の景色に戻って

扇さんは [佐渡の恋唄] を

黒と赤のコントラストが際立つコーディネートです。

 

IMG_9337.JPG

 

要は久しぶりの立ち役で [北の漁場] を

これも本当に体力のいる演物です。

 

要 北の漁場.JPG

胡蝶の後半の立ち役は[やん衆酒場]

こちらは、北島三郎さんの隠れた名曲ですよ。

 

39回清流会 楽屋等 (90).JPG

 

時代友禅の縮緬の長半纏です

 

IMG_9561.JPG

 

そしてフィナーレは、 [タキオのソーラン節]こちらも十二年ぶりの上演です。

 

胡蝶演歌舞踊の世界 大漁節.JPG

胡蝶演歌舞踊の世界 波濤 皆様にお楽しみ頂けたでしょうか。

 

39回清流会 楽屋等 (93).JPG

なかなか写真からではお伝え出来ない臨場感やメッセージがあります。

胡蝶のブログをご愛読の皆様

是非次回は、生の珍妙演目を体感して下さいね。

 

 

IMG_2695.JPG

 

本当に遅れ遅れの御報告になって申し訳御座いませんが今後も懲りずに、

一舞台も欠かすこと無く記事を掲載させて頂きますので

お付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

 

目下、宗山流は5月27日開催の宗山流本会、

第二十二回宗山會に向けてお稽古に奮闘しております。

 

トラックバック(0)

http://www.kocho-muneyama.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/653

コメント(1)

アッという間に5カ月も経ってしまったのですね
あれから大舞台沢山楽しませて頂きましたがこうして写真を纏めて拝見すると昨日の事の様です
写真の整理も終わらぬ内に宗山會が来てしまいそうですネ22日は浅草木馬館ご出演とか?
お芝居・踊り昼夜演目違うとは~大変な事ですが皆さんで楽しみに伺いま~す  

コメントする

ホーム胡蝶ごあいさつ胡蝶をどり日記公演の御案内宗山流について清流会についてリンク集